山陽株式会社サンヨウ
業種 機械
金属製品/重電・産業用電気機器/自動車/精密機器
本社 大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

技術課
T.Y.(38歳)
【出身】龍谷大学  理工学部数理情報学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 誰にでも、部品製造ができる機械をつくる。新しいものを生み出す仕事!
製品を作るための、機械や設備の設計や導入をしています。
各業界で使われる部品を作る、機械や治具を自社内で作っているのですが、
その設計を3DCADを使って行っています。
心掛けているのは、誰にでも部品が製造できるように生産管理技術の開発も同時に行うこと。
たとえばランプの点灯により、組みつけていく部品の順序を誘導したり、
もし、組み立てでミスがあった場合は、センサーで知らせるなどといったことです。
最近では、数千万円もするレーザー加工機を導入してもらいました。
建機など大型のものを加工するには必要だと感じたからですが、
そのための機種の選定、そして設計から組立て・調整まで、約1か月で行いました。
新しいものを生み出すために、日々、自分の頭で考えカタチにしていける。
なかなか面白い仕事ですよ。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
今までになかった技術開発に挑戦!そして中国工場稼働!に携わったことです
入社3年目。新しいことに挑戦し、達成する喜びというものを味わえました。
「こんなアッセンブリ商品が作れないだろうか。」
大手自動車メーカーからの相談でした。
プレスや成型技術など山陽で十分にできる内容に加え、
前例のないコーティング技術が必要だったんです。
硬いビニールでコーティングする技術だったんですが、
コーティングを得意とする会社に出向き技術習得、次はそれをアッセンブリする。
ひとつひとつ手探りともいえる状況から、コーティング設備を完成させていきました。
そして、次は、山陽の中国の子会社の工場への設備導入と技術指導。
通訳を通しての技術指導となるので、工程を間違いなく伝えるための工夫も勿論しましたよ。
結果、メーカーからの信頼を獲得。やった!と新たな力が湧いてくる体験でもありましたね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 部品を作る機械まで社内で作る!しかも幅広い分野の超大手メーカーが得意先
山陽は、自動車・二輪車・電子機器・住宅資材・汎用エンジンの精密部品など、
幅広い業界に対し、様々なパーツを提供。
また、部品を組立てた状態でクライアントに提供できるので、
単品で部品を作っている会社と比べ、はるかに優位性が高いんです。
しかも製品を作るための機械まで自分のところで作ってしまう。
「これは、いろんな事が学べそうだな。」と思ったのが、志望動機。
実際、設計の打ち合わせなど、様々な大手企業へ行ってきました。
その際、先方が出す図面を見て、
「こうすれば品質は変えず、板厚を落とすことでコストダウンにつながる。」
といった提案ができるまでに。
部品単品で見ていたら気付かなかったことが、アッセンブリ(組立)で物事を考えることで、
知識の幅が広がったのかなと思いますね。
 
これまでのキャリア 技術部技術課 (現職:16年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

はじめはわからない事だらけだと思いますが、
まずはいろんな業種・職種の会社説明会に参加してみてください。
世の中にはさまざまな会社があると気づくはずです。
その中で自分がやりたい業種・職種、その会社で何がやりたいのか等を
明確にしていけばよいと思います。
また、その思いを面接等で、自分の言葉として伝えればよいと思いますよ。
そして、入社後は自分の仕事にやりがいを見つけ出してほしいと思います。

山陽株式会社の先輩社員

機械部品メーカーのルート営業。

営業部
H.Y.
京都産業大学 経営学部 ソーシャル・マネジメント学科

製品加工の際に使用する治具の設計

技術課 技術部
H.F.
摂南大学 理工学部 機械工学科

自動車、農機機械の部品の営業

営業部
S.K.
畿央大学 健康科学部 人間環境デザイン学科

新規顧客開拓をメインで行っています。

営業部営業課
T.M.
阪南大学 経済学部

製品を加工するための金型設計・製作

技術部 金型係
A.N.
大阪府立みどり清朋高等学校

製品加工時に使用する治具の設計

K.T.
近畿大学 総合社会学部 総合社会学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる