税理士法人大石会計事務所
オオイシカイケイジムショ
2022

税理士法人大石会計事務所

専門コンサルティング/税務/財務/会計/経営サポート/顧客伴走
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
その他金融/シンクタンク/各種ビジネスサービス/その他サービス
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

経営者にとことん寄り添った、
大石会計だからこそできる新しい価値提供を。

私たちの仕事は、
単に数字を見て書類を作ることではありません。

経営者1人1人の悩みに寄り添い、
企業の課題解決に向け取り組んだり、
ワクワクするような未来づくりのお手伝いをしたり。

業界の常識にとらわれない、
私たち【らしさ】を強みに、
本物のコンサルティングを提供してみませんか?

当社の魅力はここ!!

企業理念

お客様も、社員も大切にした、感動経営を実践し続ける。

【楽しくて、人としても成長していける場所。】職場をそんな風に思えたら、素敵だと思いませんか?そうした組織創りを私たちが実践し、働く社員の人生を豊かにする。そして、お客様から「こういう会社を目指したい」「うちも経営改善してみよう」と感じていただけたら、それはとても幸せなこと。そんな想いで、今まで良いと思うことは積極的に取り入れ、理想の組織作りを目指してきました。メディアでも取り上げられた朝礼は、常にお客様にもオープン、見学OKにしています。幸せな社員が、企業の課題解決や将来のビジョンづくりなどを通して、お客様を幸せにしていく。私たちは、お客様自身がワクワクできるような経営の実現を支援しています。

事業優位性

ITを活用しつつ、より付加価値の高い仕事にシフトしていく。

「将来AIによって仕事を奪われるのでは?」と、私たちの仕事を心配される方もいらっしゃいます。事務的に淡々と業務をこなしてきた税理士には、かなり過酷な未来があるかもしれません。しかし、私たちはすでにそのステージを脱却。税務相談だけに留まらず、経営者が抱える、人材、育成、経営リスク、サービス、競合・業界について、事業チャレンジへの不安…etcに寄り添い、解決へと伴走をする“代替の利かない存在”を目指し、私たちが生み出せる付加価値が何なのかを常に考えています。単純な事務処理ではITを活用しつつ、自動化が不可能な税務の専門知識と高度な判断を必要とする業務に注力。目まぐるしい環境変化にも対応しています。

社風・風土

色々な日本一を持つ人が集う、個性豊かな会計事務所。

「気遣い日本一」「一生懸命日本一」「素直さ日本一」・・・様々な日本一を持つ仲間の集まりが、私たち大石会計事務所。風通しの良さ、仲の良さは私たちの強みであり、社内外ともに、ちょっとした気遣いをすごく大切にしています。<対お客様>電話は1コールで出る、来客時はウェルカムボードでお出迎え、雨の日にはタオルを・・・等<対社内>朝礼でお互いを褒め合い、サンクスカードで「ありがとう」の気持ちをカードに託して相手に渡す。(お客様にも見て頂けるよう事務所入り口に掲示しています!)その他、勉強になった本や心動かされた本を共有する良い本共有など、人としての成長に繋がる様々な仕組みが盛りだくさんです。

会社データ

事業内容 ・各種税務申告業務 ・経営サポート(融資、資金繰り・経営計画書・経営アドバイス等) 
・創業サポート(経理代行・給与計算・決算申告・建設業許可申請) 
・人事サポート(就業規則・各種労務手続きの代行・労務管理・助成金申請)
・飲食店向けサービス(税務会計・繁盛化サポート・セミナー開催)
・相続サポート業務(遺言書/相続税試算/生前対策/納税対策)
・生命保険代理店業務
設立 1989年8月
資本金 300万円
従業員数 50名(2020年6月現在)
売上高 3億7600万円(2019年12月現在)
代表者 大石 豊司
事業所 〒186-0002 東京都国立市東1-4-20 イーストワン国立2F
沿革 1985年 【税理士を志す】

代表の大石は大学卒業後、山梨中央銀行に入行。
充実した日々を送っていたある日、友人と麻雀の卓を囲みながら「今、俺はこんなことをしていいのかな?」と突然不安に襲われ翌日から税理士試験の猛勉強に突入。1985年、退路遮断のため銀行を退職。


1989年8月 【ゼロからのスタート】

1年の受験浪人の後、1987年に税理士試験に合格し1989年開業。パソコン、コピー機、最低限の事務用品を購入。東京都国分寺市の木造2DKアパートの一室で、夫婦2人でのスタートだった。

1991年4月 【第1号の社員が入社】

記念すべき1人目の社員を採用するも半年で退社。開業2年目にして50社の顧問先を抱えた喜びは大きかったが、夫婦2人では土日も休まず働いてもてんてこ舞いの毎日で疲労はピークに達した。事務所を今の所在地である東京都国立市に移転したのもこの頃。

1993年4月 【ようやく社員が定着し始める】

採用広告を出してもいい人材はなかなか現れない。採用しては辞められる経験もした。でも、地道な求人活動が実を結び、1人また1人と良い人材に恵まれた。以後8年間退職者は出なかった。

2000年8月 【床面積20坪の事務所に移転】

事務所を移転。社員数は6人まで増えた。しかし、今度は顧客が増えない。業績は微増を続けているものの、頭打ちの感が漂い社内のムードも悪くなった。2001年に8年ぶりの退職者が出てから約2年間、採用と退職が続く混乱期が続いた。

2004年10月 【売上を2倍に伸ばす5カ年計画を発表】

父親の病気を機に人生のはかなさを実感した代表は、突如売上を2倍に伸ばす5カ年計画を発表。社員には行動目標も与えられたが、その考えについていけない社員が立て続けに退職。再び混乱期に突入する。

2005年4月 【床面積45坪の事務所に移転】

組織作りの重要性を認識したことで徐々に代表の考えが社内に浸透し、社員8名に加えて初めてのパート採用にいたる。手狭になった事務所を移転。現在の、代表の理念に基づく経営が定着する。清掃活動など社員の意見から実施する活動も増えた。

2009年8月 【一気に床面積128坪の事務所へ!無謀な挑戦!?】

現事務所に移転。当時は無謀という声が。想定外の費用もかかった。
しかし理念の浸透が更に進み社員も定着。お客様のニーズに応えるべく、経営計画作成、相続対策、労務管理など中小企業のサポート強化のための人材育成が進んでいる。

2014年12月 【会計事務所甲子園 準優勝】

第2回会計事務所甲子園決勝大会に、東京から唯一の決勝進出事務所として参加。決勝に残ったのは全国からわずか5事務所。
結果は惜しくも準優勝。しかし、事務所が一丸となって臨み、その結果我々の取り組みを高く評価していただきとても励みになる大会であった。

2016年2月 【働きがいのある会社ランキング入賞】

従業員への意識調査によって決められる、2016年版「働きがいのある会社」ランキングにて、従業員100人未満の部で29位に選出された。
これからも社員がより満足して働けるような社内制度や職場環境を改善し、より高い水準を目指していく。

2018年2月 【働きがいのある会社ランキングに2度目の入賞】

2019年2月 【働きがいのある会社ランキングに3度目の入賞】

2020年2月 【働きがいのある会社ランキングに4度目の入賞】

2020年11月 【自社ビル完成予定】
人員拡大につき、現在の事務所近くに5階建て新社屋を建設中です!!年内に新事務所に移転予定です!!
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)