スチールプランテック株式会社
スチールプランテック

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

スチールプランテック株式会社

国内、海外向け製鉄プラントエンジニアリング
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
プラント・エンジニアリング
鉄鋼/機械/重電・産業用電気機器/機械設計
本社
神奈川
リクナビ限定情報
その未来、スチール製。

私たちはこんな事業をしています

”世界の土台を作る”

当社が手がけるのは“製鉄プラントエンジニアリング”。
自動車から家電まで様々な用途に使われる鉄は当社が製造、開発した設備から作られます。

醍醐味は、多くの仲間と莫大な費用・時間をかけた、大きなものづくりができること。
若くしてグローバルな環境で成長できます。

ひとつとして同じものがない、巨大なプラントを造る仕事が世の中を、あなたを前進させる
大きなやりがいがあります。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

世界中の産業を支える、巨大な製鉄プラントを造る仕事。

当社が設計・開発するプラントは、鉄という人々の生活や産業に欠かせない素材を生産するための巨大設備。その規模は時に大きなビルに匹敵するほどのサイズであり、完成までに数百億円の予算と長い年月を必要とするような、とにかくスケールの大きなモノづくりを行っています。プロジェクトは様々な専門知識を持った国内外のプロが結集して、進行。「どんなプラントを造るか」という計画段階から、設計、組み立て、据え付け、試運転、納品までをやり遂げます。スケールが大きいからこそ、そのモノづくりには大きな困難・課題が待ち受けていますが、それを乗り越え、巨大なプラントが完成した瞬間、とても大きなやりがいを感じられる仕事です。

リクナビ限定情報
社風・風土

グローバルな事業展開。若手社員も海外で活躍できます。

国境を越え、世界中で製鉄プラントエンジニアリングを行う当社では、若手の内からグローバルな環境に身を置き、成長することができます。実際、約7割の社員が、入社3年以内に海外出張を経験。自分が設計に携わった設備の試運転に立ち会うなど、海外でのモノづくりを経験します。一方で、中国やインドなど、各国のエンジニアとプロジェクトを一緒に進めることも。近年では外国籍の社員も増え益々グローバルな企業に!多様な価値観に触れながら、多角的な視点でモノづくりを経験できるのは、当社の大きな特徴の一つです。 ※英語研修も充実しています。語学力に自身のない方も、入社後研修や実際の業務に触れながら英語力を磨くことができます。

社風・風土

“現場主義の育成”で、人は大きく成長できる。

2001年に日本を代表するプラントメーカー4社を統合して生まれたスチールプランテック。私たちの強みは、豊富な人材力。そして、多種多様な価値観を尊重し、自由な発想をもとに新しい事業やモノづくりに挑戦する気風です。だからこそ若手社員の育成に全社をあげて積極的に取り組んでいます。座学やOJTでの指導はもちろんのこと、早くからビックプロジェクトをお任せするなど、“現場主義の育成”を重視。失敗を恐れずに、自分の力量よりも一回り大きな仕事に挑戦することが、人を成長させる。若手社員に挑戦の場を数多く与えることを、“失敗のリスク”ではなく、未来への投資であると、私たちは考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【機械設計エンジニア、電気制御エンジニア】
 お客様との仕様打合せからコンセプト計画、設計、材料手配、発注した機器類の性能管理、
 現地での試運転まで指示、管理をしていきます。
 幅広い業務に携わりながらプロジェクト遂行に努めるからこそ、様々な困難を乗り越え実際に設備が稼動する瞬間は何事にも
 変えがたい感動とやりがいを実感することができます。

会社データ

事業内容 国内及び海外市場向けの製鉄機械・非鉄金属製造機械及びこれらに関連する設備の設計・製造・据付・販売ならびに修理・メンテナンス等
設立 2001年3月
資本金 19億9500万円
従業員数 361名(2019年1月現在)
売上高 約300~400億円
代表者 代表取締役社長 灘 信之
事業所 本社/神奈川県横浜市港北区
関西事務所/大阪府大阪市淀川区
沿革 2001年3月--「NKK(当時)」「住友重機械工業」「日立造船」3社の営業部門を
               集約した形で「スチールプランテック株式会社」を設立
2001年4月--販売会社として東京都品川区で営業開始
2002年4月--3社の製鉄プラント事業のエンジニアリング部門を機能集約し、
               製鉄プラント事業を包括的に統合
               本社所在地を神奈川県横浜市鶴見区に移す
2003年4月--川崎重工業製鉄プラント事業の営業部門を統合
2004年4月--川崎重工業製鉄プラント事業のエンジニアリング部門を統合
2005年7月--ECOARC「第32回優秀環境装置表彰」産機工会長賞受賞
2007年4月--技術サービスセンター開設
               製鉄機械に関するメンテナンス、アフターサービス事業の集約・統合
2008年9月--本社を神奈川県横浜市神奈川区へ移転
2009年5月--中国上海地区に現地法人『愛思匹希欧(上海)設備工程有限公司』を設立
2010年3月--ISO 9001 認証取得
2011年11月--インド現地法人『Steel Plantech India Private Limited』(ムンバイ)、
         『Steel Plantech Engineering India Private Limited』(コルカタ)を設立
2013年5月--Vina SPCO(Steel Plantech Vietnam Co.,Ltd.)設立
2014年12月--クットナー(ドイツ)と業務提携
2016年7月―本社を神奈川県横浜市港北区へ移転
2017年3月--テンションレベラ受注200台突破
2018年4月--中国金属学会ECOARC発表
2018年7月--CMI(ベルギー)<現ジョン・コッカリル>と販売協力協定締結
2018年10月--RPA導入 業務プロセス改革 始動
2019年4月--スマートプロダクツ開発部新設
2019年11月--ジョン・コッカリルとの合同セミナーをベルギー大使館で開催
2020年4月--設立20年目を迎える
取引先 新日鐵住金(株)、JFEスチール(株)、(株)神戸製鋼所、日新製鋼(株)、宝山鋼鉄集団、POSCOなど国内外製鉄会社、他
世界中の製鉄会社が当社のパートナーです。
主要製品 コークス乾式消化装置(CDQ)、転炉、転炉排ガス処理装置、連続鋳造設備、環境対応型高効率アーク炉(ECOARC)、連続圧延設備(EBROS)、CGL(Continupus Galvanizing Line)、プレートレベラ(SuPer Leveler)テンションレベラ、スキンパスミル、他
【新型コロナウイルス感染症への対策】【WEB開催】 新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言に伴い、説明会はWEBにて実施致します。

連絡先

〒222-0033
横浜市港北区新横浜2-6-23 金子第2ビル
担当/人事総務部 人材採用開発グループ 鈴木

TEL:045-471-3993
http://steelplantech.com
e-mail:saiyo@steelplantech.co.jp

アクセス/JR・横浜市営地下鉄『新横浜』駅より 徒歩5分
リクナビ限定情報
掲載開始:2021/02/15

スチールプランテック株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

スチールプランテック株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2022における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)