株式会社イワタダイナースイワタダイナース

株式会社イワタダイナース

【岩田産業(総合食品卸)グループ】 (食品/サービス/宅配)
業種 食品
外食・レストラン・フードサービス/商社(食料品)
本社 福岡

先輩社員にインタビュー

ピザクックやよい坂店
山北 年幸(38歳)
【出身】九州産業大学  商学部商学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自分がやりたいことを現場の人達に理解してもらい、実践してもらうこと
この仕事の味わい深い点なのですが、自分がやりたいことを、どれだけ理解してもらって実践してもらえるか、というマネジメントに尽きると思います。店長の仕事というのは、1店舗の経営です。アルバイトも多い時では30人くらいかかえる「一事業主」なのです。店長は「お店の戦術」を考える頭脳ですが、実際に動いて貰うのは現場で働くアルバイト達です。頭で考えた戦術も、実際に行動に起こせなければ絵に描いた餅で、何の役にも立ちません。どれだけ、自分の思い描いた戦術をスムーズに実践してもらえるかがこの仕事のキモだと思います。「人が好き」という方には非常にやりがいがある仕事だと思います。また、この仕事は、地域の傾向などを見定め戦略を立てる仕事でもありますので、自分の戦術が当たった時にはとっても嬉しいですよ。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
反発していたアルバイトさんが泣いて別れを惜しんでくれた事
最初は、自分の考えをうまく伝えられず、アルバイト達とのコミュニケーションがうまくいかず悩んだこともありました。ですが、とにかく「話す」ことでアルバイトさんがどんな事を考えているか、どんな悩みを抱えているかじっくりと聞くことからはじめ、アルバイトさんの成長が、将来どのようにその個人の役に立つかを伝えていきました。最初は私に反発していたアルバイトさんも少しずつですが私を信頼してくれるようになっていきました。私が異動する際にはその子が泣きながら「店長と働けて良かった」と言ってくれたのが印象深いですね。他にも、卒業や就職でピザクックを卒業したアルバイトさんから感謝の手紙を貰ったりと、人とのつながりを強く感じる仕事です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 本当のマネジメントを学びたかったから
実を言うと、私はイタリアンのシェフとして店を預かり、経営していたこともあります。その時に「人の気持ちのマネジメントの大切さ」を強烈に感じました。実際にお店を運営するのは自分だけでなく、多くの人の協力のうえで経営は成り立っていくものです。「自分は正しいことを言っているつもりでも、実際働いている人がそれを実践してくれなければ何の意味もない」ということを痛烈に感じました。その経験から「本当のマネジメントを一から学びたい」という気持ちが起こり、福岡に戻るきっかけがあったこともあり「人の成長を大切にしている」と感じられたイワタダイナースに入社しました。やはり、会社の経営理念や、考え方というのは実際の所、働き方に大きな影響を与えます。皆さんも「自分は何を大切にしたいか」を就職活動で見直してみてください。
 
これまでのキャリア 28歳で入社し、最初は小郡店で基礎を学びました。その後、春日店、春日原店を経験し久留米店では店長代行として働きました。現在ではやよい坂店で店長を務めています。

この仕事のポイント

職種系統 店長(店舗経営など)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 経営ノウハウが身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

社会に出るのは、今までと違う責任が発生する大きな節目です。ある意味「腹をすえて」挑んでほしいですね。これは私の考えですが「自分が思っている事を何も伝えないで愚痴をこぼす」ことはとってももったいないことだと思っています。困っているのだったら誰かに相談する、不満があればきちんと伝える、という自主性が就職活動に限らず自分を成長させるポイントだと思います。まずは、「言ってみる」「やってみる」という行動を大切にしてほしいと思います。

株式会社イワタダイナースの先輩社員

ヒト・モノ・カネのマネジメント

ピザクック 春日原店
若杉 優加里

ブロック長として3店舗の売上と、店長の育成をしています

営業部 ブロック長
森 一将

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる