株式会社東京設計事務所 トウキョウセッケイジムショ

株式会社東京設計事務所

TECグループ/水と環境に関する専門コンサルティング
業種 建設コンサルタント
本社 東京

先輩社員にインタビュー

東京支社 施設第1グループ 土木・建築第1チーム 主幹
須原 賢太郎
【出身】埼玉大学  工学部建設工学科 平成14年 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 一つとして同じ設計はありません。
下水道施設の処理場や、ポンプ場の設計を主に担当しています。これらは、水路を集めて処理したり、雨を揚水して川に流したりといったような施設で、一から作る事もあれば、耐震化工事や延命化工事の設計を行うこともあります。手がける種類は幅広く、現場の水量や環境にも依存するので、オーダーメイドの設計と言っても過言ではないかもしれません。
チームや協力会社さんと一緒に成果品を作成し、検査をクリアする…その瞬間が最も安心しますし、満足感にも繋がります。さらに、ただ単純に設計するのではなく、コンサルタントとしてプラスαで自ら提案し、より良いものを予算内で実現するという工程が、この仕事のやりがいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
都市の未来を作った仕事。
以前、下水処理場の上に覆蓋という人口の地盤を作り、そこを大きな公園にする、という設計をしました。東京設計のHPにも写真があるように、処理場の屋上が広い公園になっています。
実際に工事が完了し、一般公開された後に訪れると、ビル街の真ん中にある広々とした芝生で、子供たちが走り回って、本当にやって良かったと思いました。
今では、その公園がテレビドラマなどのロケ地として多く使われており、テレビで見かけるたびに「ここ、僕がやったところだよ」と家族に自慢してしまいます(笑)
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 新たな世界での成長を実感!
私はもともと、新卒で道路設計のコンサルタント会社に入社したのですが、ルーティーンワークの多さに自己成長の限界を感じ、転職を決意しました。その後、縁あって東京設計に中途で入社。道路と水道という、大きく離れた分野の世界に飛び込みました。異業種からの転職ということで大変な事もありましたが、資格を取得してからは様々な仕事を任せていただけるようになり、自分でも大きな成長を感じています。
中途入社の際も、アウェー感など一切なく、人間関係は非常に良好な会社です。上下関係におけるストレスもほとんどありません。ノー残業デーの導入など、ワークライフバランスには特に積極的です。仕事の面においても自由にやらせてもらっており、非常に居心地がいい会社です。
 
これまでのキャリア 中途入社⇒技術員⇒主事⇒主査⇒主幹

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

一つの分野だけに囚われず、様々なものに幅広く興味を持てるようになると、成長しやすいと思います。どんなことにも貪欲に、知識を吸収していこうという意識のある方は、頭角を現せるような存在になるはずですよ。

株式会社東京設計事務所 の先輩社員

あらゆる面で全体のバランスを考える事。

東京支社 施設第2グループ 機械・電気第1チーム チームリーダー
粟野 仁史
東京電機大学 工学部機械工学科 平成8年

水道のプロ兼2児の母

東京支社 水道グループ 水道第1チーム チームリーダー
馬場 未央
北海道大学大学院 工学研究科都市環境工学専攻 平成14年

大きな仕事も、教わりながら少しずつ。

東京支社 下水道グループ 下水道第1チーム
清棲 拓馬
芝浦工業大学 工学部土木工学科 平成28年

災害時、迅速に下水道機能を取り戻すために。

東京支社 下水道グループ 下水道第2チーム 上席主幹
出來山 敏久
東海大学 工学部土木工学科 平成2年

お客様の要望の中で、自分がやりたいことも実現させられる。

東京支社 施設第1グループ 土木・建築第2チーム 上席主幹
七海 彰
東京工科専門学校 建築学科 昭和61年

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる