八木通商株式会社ヤギツウショウ
業種 商社(総合)
商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)/商社(繊維製品)/商社(食料品)/その他商社
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

スープリームス インコーポレーテッド株式会社
山下 勇次(26歳)
【出身】立命館大学  文学部 国際文化学域 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 輸入と卸を中心に、世界の優れたブランド商品を日本へ届ける。
英国のアウトドア・ライフスタイルを体現するバブアー、
都会的でラグジュアリーなアウトドアウェアを提案するアズテックマウンテンの輸入と卸売をメインで行っています。

春夏・秋冬と1年に2回展示会があるのですが、そこでバイヤーや百貨店、デベロッパー向けに商品の値付けや日本向け商品の企画を行ったりしています。
そこでオーダーして戴いて終わり…ではなく、納品するまでが自分の仕事。責任感の大きい仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
たくさんのヒトやモノを動かし、無事に納品できた時の達成感。
別注商品を大手セレクトショップと一緒に考えて、最終的にそのセレクトショップに納品をするのですが、街中で自分の考えた商品を目にしたときはうれしいですね。
また、学生時代の憧れのブランドに携われているのは、純粋にとてもやりがいを感じます。

現在もある大型商品の納品中です。初回に納品したものが早々に売り切れてしまったため、再度オーダーを頂いたのですが、納品までの期間が短く、今まさに奮闘しています。。

発注ひとつとっても、生地やボタン、ジップなどパーツの在庫を確認し、工場のキャパシティも同時に抑えて…と関連するモノやヒトがとても多いんです。
お客様からは価格や納期の交渉が来ますので、その間に立ちうまく納品完了できた時の達成感は非常に大きいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ブランドや別注商品をイチから仕立てることに挑戦したい。
大学生のときにアパレルショップでアルバイトをしており、バブアーなどのブランドを扱っていました。
並行輸入のセレクトショップで、商材が良く、かつ安く販売しているので、学生の自分でも高額の商品が売れていたんですよね。

「いいものが安く買えるから、であって自分の力ではない。」と思い、就職活動を行うときには自分の力でその「いいもの」を根本から育てるということや、別注商品を企画することなど、【仕立てる】ということに挑戦しようと思ったんです。

八木通商の魅力は、若手のうちから信じて任せてくれるところ。
少数精鋭の企業なので、入社してから2年半で海外の展示会へ出張もまかされています。
ブランドビジネスに長けているのが八木通商の強みですので、このまま様々なことを経験し、学んでいきたいです。
 
これまでのキャリア スープリームス インコーポレーテッド株式会社(入社~現在)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

正直に、自分のできることやできないことをはっきり伝えることが大事だと思います。それが学生の特権なので。
良く見せようとしてうそをついたりせず、現状と考えていること、やりたいことと努力していることを伝えれば、きっと自分にあった企業に出会えると思います。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる