多度津造船株式会社
タドツゾウセン
2022

多度津造船株式会社

今治造船グループ
業種
輸送機器
プラント・エンジニアリング/機械
本社
香川

私たちはこんな事業をしています

当社は2015年に今治造船グループの多度津造船株式会社として発足。造船専業メーカーとしての豊富な実績と経験を元に、環境に優しく、より安全な海上輸送を支えています。各国製鉄産業の安定操業を支える「石炭/鉄鉱石専用運搬船」、最新技術を搭載した「LNG-PCC」等、中型~大型船舶の建造を中心に毎年多くの新造船を建造。「社員、顧客、地域から愛される会社に!」をモットーに、これからも“香川”の「造船」を支えていきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

環境にやさしい「LNG-PCC(自動車運搬船)」建造への挑戦

船幅、全長ともに制限がある中でPCC(自動車運搬船)の大型化を図り、普通車の積載台数を国内最大級となる7500台まで増やすことに成功しました。トラックやトレーラー、バスなどの大型の車両も積載できる構造となっています。また、現在、地球温暖化が大きな社会課題となっており、CO2排出量の削減は、全世界共通の重要テーマです。そのため、船づくりにおいても、従来燃料の重油からLNG(液化天然ガス)を燃料とする船舶が求められる時代へ。LNGは沸点がマイナス170度以下の超低温であるため、その管理や制御などに高度な技術が必要となってきます。当社では、業界に先駆けて、この環境にやさしい「LNG-PCC」の建造に挑戦します。

仕事内容

巨大な「船を造ること」の魅力とやりがい

船をつくることの最大の魅力は、そのスケールの大きさ。当社社員の多くも、その圧倒的なスケールに魅せられて造船の世界へと飛び込んできています。「モノづくりをするなら大きなものを作りたい」「会社訪問の際に見た船の迫力に心を揺さぶられて」など等、例を挙げればきりがありません。船が完成するまでの道のりは長く険しいものとなりますが、船づくりの節目である進水式で「船が進水しているのを見ると、また次も頑張ろうと思える」という点も、造船の魅力の1つ。やりがいを感じられる瞬間が明確なところが、働く社員にとってのモチベーションの源泉になっています。胸にグッとくるその瞬間を糧に、また次の船づくりへと挑んでいきます。

社風・風土

「ONE TEAM」だから造れる、味わえる達成感がある

船は乗り物であるだけに留まりません。乗り物として、居住空間として、巨大なプラントとして…様々な面があります。ですから、船づくりには、建築・機械・電気・制御・材料・自動運転、など等、あらゆる産業の様々な技術が必要不可欠。すべての技術を結集して船は完成します。また、船は何百人、部品メーカーの方も含めると何千人の力を結集して造り上げます。最先端の技術も、熟練の技も、先人達が蓄積してきたノウハウも、技術者たちのモノづくりに掛ける情熱も…そのすべてが詰まっています。1人ではできないモノづくりだからこそ、多くの人の手で、想いを込め、時間を掛けて造りあげていくからこそ、味わえる達成感があります。

会社データ

事業内容 船舶製造業
設立 2013年3月27日
資本金 1億円
従業員数 1,200名(2020年1月現在)※協力工も含む
売上高 256億円(2018年3月期)
代表者 代表取締役 檜垣 幸人
事業所 本社・工場/香川県仲多度郡多度津町東港町1番地1
沿革 1973年 新工場建設 操業開始
2015年1月 今治造船グループ参入
2015年4月 400Tジブクレーン設置
2015年6月 400Tジブクレーン設置 (2基目)
2017年1月 東岸桟橋延長
2017年2月 移動式建屋設置
2017年11月 北岸ドルフィン設置
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)