シスメックス株式会社シスメックス
  • 株式公開
業種 医療機器
精密機器/医薬品/機械
本社 兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:電気・電子系の専攻を生かせる仕事特集

僅かな誤差も許されない、命に関わる世界最高水準のモノづくり。

シスメックスは1980年代に、世界で初めて血球分析装置でのレーザー解析の実用化に成功し、ヘマトロジー分野における技術力を世界に知られることとなりました。今後もリードヘマトロジー戦略を推進するため、世界最高水準の血球計数機器の市場導入により圧倒的シェアNo.1を目指します。

2011年5月には、ヘマトロジー分野の新モデル「XNシリーズ」をグローバルに発売。世界各国からの要望をひとつずつ具現化し、シスメックスの新しい挑戦がカタチとなっている新商品です。


~XNシリーズの特長~
・検査結果の精度の向上。
・世界中の装置の稼働状況をオンラインでモニタリング。
・環境面へ配慮した試薬パッケージ。
・省スペース化を実現するコンパクトなデザイン。
・新たなデザインコンセプト「サイレントデザイン(R)」を導入。

大幅なレベルアップを実現したXNシリーズですが、特に「サイレントデザイン(R)」を適用した臨床検査システムとそのデザインは高く評価され、「2011年度 グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」を受賞しました。 また、同シリーズの機器と診断薬がドイツの名誉ある賞(2種)を受賞しました。

■検体検査領域の「血球計数分野」領域でグローバルNo.1
シスメックスはさまざまな種類がある「検体検査」のほぼ全ての領域をカバーし、特に「血球計数検査」においては世界的な知名度を誇ります。「血球計数検査」とは血液中の赤血球や白血球などの数や種類、大きさを測定することにより、精密検査が必要かどうか判断するための検体検査分野。全身を流れる血液から多くの健康情報を得られる「血球計数検査」は、病院に行くと誰もがまず最初に受ける身近な検査です。

シスメックスの製品は世界中の医療機関で使用され、「検体検査領域」では売上高世界トップ10、「血球計数検査」では売上高世界シェアNo.1。2015年3月時点の地域別売上げは、日本国内172億円、欧州434億円、米州445億円、中国236億円、アジア・パシフィック120億円であり、この分野の約90%が海外での売上げとなっています。

当社はこれまで血球計数分野において品質、ユーザビリティの高い製品や先進的なサービス&サポートなどを190カ国以上に提供し、グローバルNo.1のポジションを築いてきました。今後もNo.1企業としての総合力を強化し、絶対的なグローバルNo.1ポジションの確立を目指していきます。

欧米で著名な大学をはじめ世界各国の企業とコラボレーション

世界中から多様な分野の研究者や開発者が集う研究開発拠点「テクノパーク」

テクノパークは「“知”の創造と継承」をコンセプトに、新たな発想が生まれる環境を目指して設立されたシスメックスの研究開発拠点。当社ではひとつの製品を作るために、電子や電気、機械、光学、遺伝子、生物、化学、ソフトウェアなど様々な分野の技術者が力を合わせて研究開発に取り組んでいます。そのため様々な専門分野が融合できる空間や育成環境の整備にも注力しています。

海外ではヨーロッパと中国に研究開発機能を設け、さらにニュージーランドにソフトウェア開発の子会社を設置し、地域のニーズに合った製品の開発に取り組んでいます。

また、医療産業都市として整備が進む神戸ポートアイランドの研究開発拠点や、ドイツとアメリカにあるR&Dセンターなどを通じて、国内外の様々な研究機関とのコラボレーションも活発に推進。ロンドン大学、ジョンズホプキンズといった、欧米で著名な大学や各国の企業50施設と共同研究を行っています。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる