社会福祉法人すみれ福祉会スミレフクシカイ
業種 福祉・介護
本社 香川

先輩社員にインタビュー

さくら荘(特養)
上田 祐樹
【出身】関西福祉科学大学  社会福祉学部 社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 利用者様一人ひとりの笑顔を見ること、楽しんでもらうこと
日々の業務では、オムツ交換や体操、レクリエーション等を行っています。夜勤も月に4回程度あります。日々の業務を確実に従事することはもちろんですが、「もっとこうした方がいい」という提案も積極的に行うように心がけています。例えば、「業務の効率化の為に、シフトのタイムテーブルを変更したほうがいいのではないか」という提案も行いました。もちろん承認されるものばかりではないですが、リアルな意見を言えるのも毎日現場で働く私達だからこそ出来ることだと思っています。出した意見を聞いてくれる風通しの良さもすみれ福祉会の特徴だと感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
入浴中に「あんたでよかったわ」と言われた時
入社してから1年くらい経った頃の出来事です。担当の利用者の方でお風呂が嫌いで、入浴を拒まれる方がいました。何とか入浴をしてほしいと思い、その利用者の方が興味のありそうな内容の話をしたり、冗談を言ったり、そんなことをしながらお風呂場へと誘導しました。結果、無事入浴してもらうことが出来ました。入浴を済ませた利用者の方に、「あんたで良かったわ」と言って頂けたことが今でも印象に残ってる嬉しかった出来事です。私の仕事の喜びは利用者の方の「笑顔を見ること」です。笑顔を見る為には、様々な工夫が必要だと感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 施設の規模や待遇に魅力を感じました!
高校では野球一筋にやってきた私が介護の道に進むきっかけとなったのは、訪問ヘルパーを行っている母親の姿を見てきたからです。銀行員から訪問ヘルパーの道に進んだ母親が、大変そうだけども毎日イキイキ仕事に向かう姿を見てきたことから、自然と大学選択の際は「介護の道」を志すようになっていました。関西出身で関西の大学に在住していた私がすみれ福祉会に応募しようと思ったのは、たまたま就活サイトで発見し、施設の規模や歴史、待遇の良さに魅力を感じたからです。規模が大きいということは安定していると思うことが出来ました。
働き易い環境で充実した日々を送ることが出来ています。
 
これまでのキャリア 特養すみれ荘・介護職員(3年)

この仕事のポイント

職種系統 介護福祉士
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動中は視野を狭くせず、色んな職種、業界を見てみてください。そして時間の許す限りは積極的にチャレンジしてください。

社会福祉法人すみれ福祉会の先輩社員

一方的なお手伝いではない<心のこもった介護>を目指しています

さくら荘(特養)
芝野 芽実
関西福祉大学 社会福祉学部

介護職員:高齢者の日常生活のお手伝い。

すみれ荘(特養)
岩崎 祐樹
神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科

利用者の方を知り、日々の生活を支援する仕事です

さくら荘(ユニット特養)
大矢根 愛里
関西福祉大学 社会福祉学部社会福祉学科

お年寄りの生活に寄り添う仕事です

すみれ荘(デイサービスセンター)
河野 好美
関西福祉科学大学 社会福祉学部 社会福祉学科

こどもたちの日々の成長に感動しながら、楽しい日々を過ごしています

さくら木太保育園
福島 喬子
高松短期大学 保育学科

子供たちの成長を実感できる保育士

さくら木太保育園
國重 梨恵
専門学校穴吹パティシエ福祉カレッジ 保育・食育学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる