セントラル硝子株式会社
セントラルガラス
2022
  • 株式公開
業種
化学
ガラス・セラミックス/医薬品/建材・エクステリア/プラント・エンジニアリング
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

1936年にソーダ製品の製造販売を目的とする化学メーカーとして設立され、
その後ソーダ灰を原料とする硝子事業に進出し、
現在では硝子と化成品の2つの事業を展開しています。

硝子分野:建築・住宅用ガラス、自動車用ガラス、電子産業用ガラス、硝子繊維
化学分野:化学品、環境エネルギー、半導体分野、医薬品、肥料

更には、この二つの基盤技術の融合を図り、新たなビジネス領域へのチャレンジを行っています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

【ものづくりで築く より良い未来】

人の生活に必要不可欠な“ガラス”。私たちが手掛けたガラス製品は、住宅の鏡や自動車の窓など身近なところに用いられています。人々の暮らしに寄り添い、日常の“当たり前”を創ってきました。一方で、産業分野の技術革新にも注力。半導体産業においては、クリーニングガスやレンジストポリマー、独自のフッ素化技術で開発した医薬中間体等、業界をリードする研究や開発を行ってきました。「ものづくりで築く より良い未来」を経営理念に発展してきた『セントラル硝子』。リーディングカンパニーとしてテクノロジーの創出と発展に寄与していきます。

技術力・開発力

【業界をリードする技術力・開発力】

培ってきたノウハウを活かし、化学とガラスの両部門で高度な研究開発を行っています。■化学研究所(川越、宇部)では電子材料、医農薬分野において“ユニークな製品”を生み出すための研究を実施。フッ素化学を中心とした独自技術で新製品開発に挑戦しています。■硝子研究所(松阪)では、建築用、自動車用、電子・情報産業用など、目的に応じた最適なガラス組成を研究し、独自の技術によるガラス加工で高機能性製品を生み出しています。わたしたちの技術力・開発力は国内だけでなく、海外にも広く浸透しており、クオリティの高い製品を手掛けています。

事業・商品の特徴

【活かせる“技術系”の知識】

開発した新製品の量産を可能にするまでには、工場に新規プラントを建設し、設備を整える必要があります。その設備設計を担うのが“工務部門”。宇部工場、川崎工場、松阪工場、堺製造所と、全国に4ヶ所にあるわたしたちの生産拠点で活躍しています。工務部門には機械・電気・電子系などを専攻してきた先輩が多数在籍!同じ分野を研究してきたあなたの知識が活かせるフィールドがあります。世界トップレベルの技術力を誇る【セントラル硝子】の一員として、スキルアップもキャリアアップもしながら、大きく成長していきませんか?

会社データ

事業内容 ■建築・住宅用ガラス
■自動車用ガラス
■情報・電子産業用ガラス
■化学品
■肥料
■ガラス繊維
■医農薬
■電子・半導体材料
■環境エネルギー材料
設立 1936年(昭和11年)10月10日
資本金 181億6,800万円
従業員数 連結:6,832人
単体:1,633人
売上高 2,292億9,000万円
代表者 代表取締役社長執行役員 清水 正
事業所 【本社】〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-7-1 興和一橋ビル
【化学研究所】〒350-1159 埼玉県川越市中台2-17-5
【硝子研究所】〒515-0001 三重県松阪市大口町1510
【宇部工場・化学研究所(宇部)】〒755-0001 山口県宇部市大字沖宇部5253
【松阪工場】〒515-0001 三重県松阪市大口町1521-2
【堺製造所】〒590-0987 大阪府堺市堺区築港南町6番地
【川崎工場】〒210-0862 神奈川県川崎市川崎区浮島町10-2
海外拠点 米国、英国、ドイツ、チェコ、中国、台湾、韓国、シンガポール、ベトナム、インド
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)