国立大学法人岡山大学オカヤマダイガク
業種 教育関連
医療関連・医療機関/団体・連合会
本社 岡山
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

総務・企画部総務課法規・企画・評価グループ評価担当
平尾 真也(31歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 大学の評価に関する業務を担当しています。
現在、国立大学法人は6年サイクル(中期目標期間)を一つの基準として動いているのはご存じでしょうか。これに沿ってという訳ではありませんが、自動車でいう車検のように、大学は定期的に点検(評価)を受けなければならないことになっています。評価の代表的なところでは、年度毎の「法人評価」や7年毎の「認証評価」といったものがあげられますが、これらの評価に関する準備やフォローアップに関することが主な担当業務になります。
業務を行うにあたっては、各部署から情報を集め、また各部署に情報をフィードバックしていくような形になりますので、現場との連携が欠かせません。全体のスケジュール感をしっかり持って、正確なオーダーを発するように心掛けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
教員と一緒に進めるプロジェクト
以前の所属部署である病院研究推進課で担当した研究系のプロジェクトで、教員の先生と一緒に計画等に携わらせていただくことがありました。正に根幹という部分は先生の領域になりますが、書面作業や執行ルールの確認等事務でサポートすべき点は多くあります。先生の希望に沿って事業を進められるよう中の仕組みを考えると共に、時には先生にストップをかける必要もあるという具合です。
そんな中、ある懇親会の席で先生から「事務がしっかりしてくれているから、安心して進められる」と言ってもらえた時は嬉しかったのを覚えています。大学は研究の現場になりますので、様々な最先端のプロジェクトがここで動いています。それらに少なからず携わることが出来るのは、大学職員の醍醐味ではないかと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 研究・教育を通じた社会貢献を支えます。
研究・教育活動を通して社会に貢献することが岡山大学のミッションです。そのため、それを支える事務の仕事は幅広い内容となり、多様なキャリアパスが歩めます。
岡山大学では、就職後に異なる部局や業務分野等を経験することで、自身の適正や希望を踏まえて進路が決まっていきます。はじめから特定の業務と決められるわけではないので、自身が特にやりがいを感じられる業務を、就職後にも探すことができます。
また、職場環境が整備されているため、ワークライフバランスの実現が可能という点も大きな魅力だと思います。
 
これまでのキャリア 経済学部教務学生係(2年)
→国立吉備青少年自然の家(出向・1年半)
→文部科学省(研修生・1年半)
→病院研究推進課(3年)
→総務・企画部総務課(現職・1年目)

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は悩みの連続だと思います。今は長く感じると思いますが、結果としてはすごく短い期間です。
周りも気になると思いますが、正解・不正解がある話ではありませんので、自分が納得できる答えをとことん探してみてください。

国立大学法人岡山大学の先輩社員

「夢に向かって頑張る」学生のサポート

学務部学生支援課
近藤 恵美

岡大職員のための研修を企画しています。

総務・企画部人事課人材活用グループ労務担当
山本 靖子

リーガルマインドの涵養を目指す学生を支援

大学院社会文化科学研究科等事務部教務学生グループ法学部担当
古門 孝之

学生と教員の支援にやりがいを感じる日々

大学院医歯薬学総合研究科等学務課教務グループ大学院担当
岡村 優衣

世界に向けて岡山大学をアピール

総務・企画部広報・情報戦略室
井上 直美

予算の要求や配分方針の企画業務

財務部財務企画課予算・財務経営マネジメントグループ予算担当
青木 裕史

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる