国立大学法人岡山大学
オカヤマダイガク
2022
業種
教育関連
医療関連・医療機関/団体・連合会
本社
岡山
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

 岡山大学は、世界最高水準の研究成果を生み出し、国内外の幅広い分野で中核的に活躍し得る高い総合的能力と人格を備えた人材を育成するとともに、昨今はSDGsへの貢献を積極的に推進しています。
 約1万3000人の学生が学ぶ日本屈指の総合大学である本学が「高度な知の創世と的確な知の継承」の理念を通じ社会に貢献するため、教員等と協働で教育・研究に専念できる環境づくりを行うのが私たち大学職員の使命です。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

職員一人ひとりの挑戦が、世界で活躍する人材の輩出に寄与

社会が大学に「世界に通用する人材の育成」を求める今、岡山大学は国際化の推進、教育制度改革など様々な大学改革を行っています。こうした改革を実現するために、教員、研究者、技術職員、医師、看護師、医療系職員、そして学生といった多彩な構成員とコミュニケーションをとりながら日々新たな挑戦に取り組んでいます。学生支援、研究協力、産学連携、国際交流、病院事務など多岐にわたり高い専門性を必要とする業務を通して、世界で活躍する人材の輩出に寄与できる――そんな職場であなたらしい挑戦をしてみませんか。

魅力的な人材

「人物重視」の選考で、あなたの「魅力」に出会いたい

「こんな経歴だけど大丈夫?」という質問を受けることがありますが、岡山大学で仕事をしたいという思いがあればそんな悩みは些細なことです。岡山大学出身以外の方、他県出身の方、理系の方、職歴のある方も大歓迎です。岡山大学の採用試験は「人物重視」です。表面上の経歴だけでは判断しませんので、あなたがこれまでに積み重ねてきた「魅力」を積極的にアピールしてください。私たちが求めているのは、めまぐるしく変化する外部環境に柔軟に対応することができ、前向きな気持ちで困難に立ち向かうことができる人材。高まりつつある大学への社会的な要請に対応するため、多様な人材を求めています。あなたとの一期一会を楽しみにしています。

仕事内容

幅広い業務分野と充実の研修制度により、一人ひとりが輝ける職場

私たちは学生支援や研究協力、産学連携、国際交流、病院事務など、幅広い分野で業務にあたっています。若手職員は基本的に2~3年ごとにジョブローテーションを行い、複数の業務を経験し、ゆくゆくは大学経営等に携わりながら活躍する管理職員を目指してキャリアアップしていただきます。専門性の高い業務ですが、充実した研修制度があなたを支えます。新任職員研修やOJTで基礎的な知識を身につけ、さらに目的別研修で業務ごとの専門的な知識・スキルを習得。他にも外部機関が主催する研修や海外での語学研修など、各自のキャリアアップに沿った内容を準備しています。職員一人ひとりの成長が、将来を担う学生たちを支えているのです。

会社データ

事業内容 高等教育、教育研究機関

【11学部・8研究科】
学部/文、教育、法、経済、理、医、歯、薬、工、環境理工、農
研究科/教育学、社会文化科学、自然科学、保健学、環境生命科学、医歯薬学総合、ヘルスシステム統合科学、法務
設立 昭和24年5月
資本金
職員数 2,597人(令和2年5月1日現在)
売上高
代表者 学長 槇野 博史
事業所 ●津島地区/岡山市北区津島中
本部、文、教育、法、経済、理、薬、工、環境理工、農学部 ほか
●鹿田地区/岡山市北区鹿田町
医、歯学部、大学病院 ほか
●東山地区/岡山市中区東山
教育学部附属幼稚園、小学校、中学校
●平井地区/岡山市中区平井
教育学部附属特別支援学校
●倉敷地区/倉敷市中央
資源植物科学研究所
●三朝地区/鳥取県東伯郡三朝町
惑星物質研究所
岡山大学の主な取り組み 社会貢献/
●SDGs
SDGsは、地球環境と人類社会の持続可能性を追求し、「誰一人取り残さない」未来のあるべき姿を世界共通の目標として、おのおのの地域や組織が協働して取り組む活動です。
本学は、学長のリーダーシップの下、SDGs達成の観点を取り入れた大学運営を全学的に進めることで、大学の教育研究活動と社会貢献・交流事業等による学術的寄与の促進と、社会課題を発見・解決する実践力を持つグローバル人材の育成、地域と国際社会とのより一体的なパートナーシップ構築のための取り組みを推進しています。

国際化推進/
●スーパーグローバル大学創成事業
徹底した国際化と大学改革を断行する大学を支援することにより、日本の高等教育の国際競争力を強化することを目的として文部科学省より創設されました。
本事業に採択された本学では「PRIMEプログラム」として、学生が3基幹力(教養力、 語学力、専門力)を修得し、3側面(異分野、異社会、異文化)の経験を持てる3×3(スリー・バイ・スリー)教育を全学体制で推進しています。

基礎研究推進/
●研究大学強化促進事業
近年、日本の論文数などの国際的シェアは低下傾向にあり、大学における研究体制・研究環境の改善や、国際競争力の向上が課題となっています。このような状況を打開するため、文部科学省より本事業が創設され、本学が採択されました。
世界レベルの実績を持つ物理学や基礎生命科学分野の研究を軸に、研究制度の改革や国際共同研究の推進、産業界との連携強化などの取り組みが進行中です。

医療技術推進/
●革新的医療技術創出拠点
岡山大学病院は、日本発の革新的な医薬品・医療機器等の創出に必要な、難治性疾患や小児疾患等の医師主導治験、臨床研究の中心的役割を担う「臨床研究品質確保体制整備事業」、健康寿命の延伸を目指した次世代医療を構築するための拠点として採択された「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」を統合した「革新的医療技術創出拠点」に指定されました。
今後は、各研究を戦略的に推進し、人材育成を行い、学内外のネットワークを含めた研究の棚卸しから橋渡し研究、質の高い臨床研究を実施し、アカデミアでしか開発できない新たな創薬等につなげていきます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)