株式会社東日本放送ヒガシニッポンホウソウ
業種 放送
本社 宮城

先輩社員にインタビュー

報道制作局 アナウンス部
阿部 美里
【出身】杏林大学  外国語学部 応用コミュニケーション学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 県内の魅力を、自分で取材して自分の言葉で伝えられる仕事!
ニュース読みや中継リポート、取材、イベント司会、番組MC、ナレーションなど、その日によって様々な業務を行います。中でも今の私の柱は、平日の情報バラエティ番組「突撃!ナマイキTV」。月曜から水曜のMCを担当しています。台本はあるものの、タレントさんやお笑い芸人の方も出演するナマイキTV、毎日何が起こるかわかりません!時には体を張ったり、ボケたり突っ込んだり。まだまだできないことだらけですが、楽しく生放送しています!スタジオを飛び出して取材に行くことも多いんですよ。女子高校生と書道パフォーマンスに挑戦したり、深夜まで横丁をハシゴ酒…なんてロケも!やりたいこと・伝えたいことを尊重してもらえる番組です。自分で体験したことを自分の言葉で伝えることができる、魅力的な仕事です!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
やりきった!と思える仕事ができた瞬間は快感です!
毎回あるわけではないからこそ、良い仕事ができた時は痺れます!特に楽天イーグルスが日本一に輝いた時の取材は、今でもがんばる原動力になっています。被災地・石巻のパブリックビューイングからのリポートが私の役割。不安で押しつぶされそうでしたが、被災地の思いを伝える重要な仕事。大切な一瞬を逃すまい!と必死でした。…遂にその瞬間は訪れます!割れんばかりの歓声。止まらない涙。石巻が震災後、初めて喜び一色に染まった瞬間でした。あれだけ一言に思いを込めてリポートしたのは初めてです。次の日の全国ニュースで朝から晩まで自分のリポートが流れた時は本当に嬉しかった!あの日を超える仕事がしたくて、日々がんばっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大好きな宮城で働きたかった!被災地の放送局で復興する姿を伝えたかった!
山形出身の私は、幼い頃から旅行や買い物で宮城に来ることが多く、都会なのにちょっと車を走らせると豊かな自然が広がる宮城が昔から大好きでした。そんな中で起きた東日本大震災。家族でよく行った海も、街並みも、すっかり姿を変えてしまいました。何か自分にできることはないのかを考えたとき、被災地の現状や復興の姿を、アナウンサーとして伝え続けたいと強く思い、入社を決意しました。被災地取材はもちろん、植樹活動や森の整備などにも力を入れている所も決め手となりました。
 
これまでのキャリア アナウンス部

この仕事のポイント

職種系統 アナウンサー
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

あなたはなぜその仕事に就きたいの?入社後何がしたい?あなたにしかできないことは何?就職活動を機に、ぜひ自分自身と向き合って下さい。きっとビジョンが明確になり、強い気持ちが言葉や態度に表れます。ちなみに私が面接で大切にしていたのは「普段の自分で向き合う事」。どうしても自分を良く見せたくなるのですが、日ごろから言葉遣いや振る舞いを大切にし、背伸びしなくても勝負できる人になれば良いのです。一緒に働きたいと思ってもらえる素敵な人になって下さい。

株式会社東日本放送の先輩社員

番組ディレクター。「見る」よりも「つくる」が楽しい!

報道制作局 制作部
石山 雄也
早稲田大学 人間科学部 人間基礎科学科

放送枠という「時間」を売る仕事

営業局 営業部
伊勢 智之
茨城大学 人文学部 人文コミュニケーション学科

多くの方と協力して、TV局ならではのイベントやグッズを創り上げる

事業局 事業部
福原 興
弘前大学 農学生命科学部 生物学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる