三星ダイヤモンド工業株式会社
ミツボシダイヤモンドコウギョウ
2022

三星ダイヤモンド工業株式会社

ガラス等脆性材料の分断装置・工具メーカー(研究開発・製造)
業種
機械
半導体・電子部品・その他/その他製造/商社(機械)/商社(電機・電子・半導体)
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

ガラス等の脆性材料を高精度に加工する刃先やレーザー技術で数々の特許を取得し、世界トップクラスのシェアを有している当社。

「超極薄ガラスを美しく切断する」
「半導体などの部品を超微細に加工する」
マイクロ単位の加工が求められる生産過程において高精度で「切る」技術・装置・工具を提供しています。

独自のノウハウと環境対応などの新技術で液晶パネルや電子部品、太陽光発電パネルの製造を支えています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

「切る」を極める。工具から機械までトータルで提案

設立85年。私たちが昔も今も大切にしているもの、それは「お客様、株主様、社員に対しての貢献」「創造性」「人より先んじること」「自己研鑽」、そして「品質一定の『いいもの』しか出さない」ことです。1935年にガラスカッターのメーカーとして創業。「切る」という職人技を機械に転化し、高精度かつ美しく分断できる装置を開発。製品と技術・ノウハウをトータルに提案することで、多くのお客様に信頼いただいています。特にFPDと呼ばれるテレビやスマートフォンに使用される液晶ディスプレイの分断装置で世界トップシェアを誇り、脆性材料を切るという分野で世界に名だたる企業へと成長しています。

戦略・ビジョン

「切る」を深め、進化させる。グローバル化と多角化へ向けて

「硬くて脆(もろ)い材料を切る」という技術を極めている当社。高精度の加工を実現するツールやレーザー技術で数々の特許を取得し、「環境に優しい」ドライ加工技術も開発。様々なお客様の「切る」という要望に応えるべく、ラボでの研究開発にも力を入れています。また最近では太陽光発電パネル向け・LEDなど電子部品向けの加工・分断装置の市場展開で実績を上げ、レーザー装置、セキュリティカメラの販売など多角化を進めています。現在、中国、韓国、台湾、ドイツに海外現地法人を設置し、増加する海外のお客様に対応。今後も新たな技術で世界の「切る」を支えるグローバル企業として発展していきたいと考えています。

社風・風土

途「切れ」ることがない探究心、好奇心を持って

当社の成長は「モノづくりへの情熱」「あくなき探究心」「知的好奇心」がなくては成り立ちませんでした。自ら働きかけ、手を上げ、壁にぶち当たりながら、それでもなお進んでいくことが大きな力となってきたのです。2012年に本社を移転し、部署ごとに分かれていた社屋をワンフロアに。いつでも他部署と話ができるようにしたことで、より部署間の連携が取れ、スピーディな対応ができるようになりました。また新卒の社員には他部署の4~5歳上の先輩がメンターとして社会人のスタートをサポートすることで、より視野や人間関係を広げていくことができます。専門分野を深めながら視野を広げることで、技術者として大きく成長できる環境があります。

会社データ

事業内容 三星ダイヤモンド工業は、装置と工具の開発・製造・販売を手掛けるB to Bのメーカーです。装置と工具、というハード(モノ)だけではなく、「美しく切る」を実現する工程や技術(ソフト)を、お客様のニーズに寄り添い、開発・提供しています。

■開発・製造・販売している製品
 ・分断工程・パターニング工程向け装置
 ・加工工具(刃先など)
 ・レーザー光源・工学系

■上記製品で分断・加工できるもの(対象となる市場)
 ・FPD(フラットパネルディスプレイ)、太陽電池、LED、CMOS イメージセンサーなどのガラス、サファイア、セラミック、半導体基板といった電子部品全般

■また、新たなビジネスとして、フルHDカメラの販売およびセキュリティシステムの構築にも事業を展開しています。
設立 1935年10月1日
資本金 4150万円
従業員数 698名/連結
(2019年12月期)
売上高 154億円/連結(2019年12月実績)
代表者 代表取締役社長 谷端 義哲
事業所 本社/大阪府摂津市香露園32-12
蓼科工場/長野県茅野市玉川11400-1276
飯田工場/長野県飯田市三日市場1840-1
東日本オフィス/神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-4 7階
グループ企業 ■国内
アステック株式会社/大阪府吹田市
MDI-SBソーラー株式会社/大阪府大阪市

■海外
蘇州三星精密機械有限公司/中国
韓国三星ダイヤモンド工業株式会社/韓国
三星國際機械股イ分有限公司/台湾
MDI Advanced Processing GmbH/ドイツ
経営理念 【社是】
未来を見ながら歩む
【経営基本方針】
顧客の繁栄に貢献する
創造性を尊重する
人より先にやる
自己研鑽に励む
いいものしか出してはいけない
【三星ダイヤモンド工業のこれまで】 今年で創業85年、「いいものしかだしてはいけない」を理念に技術開発に挑み続けたからこそ、ここまで来ることができた三星ダイヤモンド工業。もともとは、刃でガラスを切る工具のメーカーとしてスタート。1970年代に、液晶パネルが開発され、お客様からの自動で切断できる装置のご依頼が技術拡大するきっかけとなりました。未経験の試みではありましたが、「液晶パネルには将来がある」と判断し、試行錯誤しつつも世界初の自動装置の開発に成功しました。結果、スマートフォン・テレビ・PCなど、多くの身近な製品に使われ、なくてはならない存在になりました。そこから液晶の切断=三星ダイヤモンド工業と言っていただけるくらい、世界のお客様の製品開発に技術で貢献をしてきました。
【三星ダイヤモンド工業で働く魅力】 開発~営業までほとんどの機能を本社に集約しており、基本的に勤務地は大阪。また、海外のお客様が売上の9割を占めるため、グローバルな仕事ができる点が、三星ダイヤモンド工業で働く魅力です。そのため、自ら語学を学ぶ社員も多数おり、補助制度など会社としてもサポートしています。アメリカの世界的シェアのインターネット関連製品・デジタル家庭電化製品メーカーの社員が、本社に打合せに来ていたり、数世代先のパネルの開発に携わることができたりと、技術者として、ワクワクできる瞬間も当社にはあります!
【三星ダイヤモンド工業の今後】 「ガラス素材を美しく切る」というコア技術は現在も将来的にも、ベースとして追及していきます。そして今後は、新たな分野でもNo.1が取れるよう取り組んでいます。会社としてはもちろん、ベテラン・若手に関わらず社員1人1人が挑戦できるフィールドが充分に整っていると自負しています。そのベースとなる技術・スキルを習得し、成長できる環境も。何かを変えてやろう!新たな技術に挑戦したい!Only.1な技術者を目指したい!そんな方と一緒に、今後の三星ダイヤモンド工業を作っていきたいと考えています。
海外大手企業の製品にも欠かせない当社の技術 スマホの液晶ってどうやって切っているのだろう?
少しずつ削るのか、それともスパっと切れるのか。

当たり前のように周りにあるガラスですが、
「切る」を深堀りすると、ギモンだらけではありませんか?

当社は美しいガラス切断を実現するための工具と装置の開発に取組み、
世界中のお客様に技術を提供してきました。

培った知見・ノウハウで、進化し続けるガラス材料の切断だけでなく、
新たな材料・分野に向けて精度の高い加工ができる技術を開発しています。

技術を武器に世界に対して一緒に挑戦して頂ける方を募集しております。

少しでも【面白そう!】と思っていただけましたら、ぜひインターンシップで当社の技術を体感してください!
沿革 ■1935年
大阪市都島区に「三星ダイヤモンド工具製作所」として創業
三星ブランドのダイヤモンド硝子切の製造販売開始

■1957年
「三星ダイヤモンド工業株式会社」に社名改称
超硬ホイールを用いた硝子切の製造販売開始

■1972年
長野県に飯田工場設立(旧飯田工場)

■1977年
世界初LCD基板用分断装置販売開始

■2000年
台湾支店設立、韓国富川サービスセンター開設

■2002年
第5世代基板対応の上下分断ライン(MPLシリーズ)が
第7回アドバンストディスプレイオブザイヤー(ADY2002)製造装置部門優秀賞受賞

■2003年
ISO 9001:2000取得
中国上海にメンテナンス拠点「上海三之星精密機械有限公司」設立

■2004年
メンテナンス拠点「台南サービスセンター」設立
全世界累計出荷台数2,000台達成

■2005年
Schott AGのレーザ分断事業を買収、
ドイツに「MDI Schott Advanced Processing GmbH」設立

■2006年
韓国に新工場完成(MDI韓国)
主要拠点のサービスセンター開設と増強
韓国(3拠点)・中国(2拠点)・台湾(3拠点)

■2008年
累計出荷台数3,000台達成
「アステック株式会社」を全株式取得により子会社化

■2009年
第8世代パネル対応の上下分断装置(MPXシリーズ)が
第14回アドバンストディスプレイオブザイヤー(ADY2009)製造装置部門優秀賞受賞

■2012年
大阪地区5拠点を統合し、新本社が大阪府摂津市にて営業開始

■2013年
新本社が「おおさか優良緑化賞 大阪府知事賞」を受賞
「MDI-SB ソーラー株式会社」を設立

■2014年
カメラ事業、レーザー発振器開発事業を開始
MDI蘇州を設立

■2015年
ドイツ 「MDI SCHOTT Advanced Processing GmbH」を「MDI Advanced Processing GmbH」に社名変更

■2016年
次世代太陽電池(ペロブスカイト)のパターニング装置開発を開始

■2017年
カバーガラスの曲線加工・ブレークまで可能な装置「LPM900 Multi Head」を開発

■2018年
装置5000台出荷達成
世界初レーザー上下分断装置を開発
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)