井ヶ田製茶株式会社イゲタセイチャ

井ヶ田製茶株式会社

【 お茶の井ヶ田 / 喜久水庵 】  食品商社/茶・茶菓子製造販売
業種 食品
商社(食料品)/その他専門店・小売
本社 宮城

先輩社員にインタビュー

商品部
大野聡美
【出身】宮城大学  食産業学部 フードビジネス学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 明るいお店作り・接客はもちろん、店舗限定メニューの企画に努めています
私の店舗では、お茶やお菓子の販売はもちろん陶器や茶道具などを幅広く扱っています。また、ソフトクリームなどの甘味メニューもご用意してます。仕事内容としては店舗での接客業務はもちろん、前の店舗では、ドリンクやパフェなど店舗限定のメニューを開発していました。自分でその季節やテーマに合ったメニューを考案し、材料を発注して試作を作り、原価計算も行ったうえで実際に販売の許可をもらった後も、ディスプレイやPOP・手書きメニュー作成など完全に任せてもらっていました。もともと商品開発に興味があったのですが、ここまで任せてもらえるとは思っていませんでした。現在は店長として、店舗の運営、人の管理を行っております。責任ある仕事ですが、やりがいを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日々の「ありがとう」の一言をはじめ、お客様から直接反応が返ってくること
日々のお客様からの声が何よりも嬉しいです。例えば、お茶を多く扱っているため、お客様に種類の説明をした結果、「本当は買うつもりまかったけど、あなたが丁寧に説明してくれたから買う」という声や、接客の際に「笑顔が素敵ね」と声掛けていただいたり、自分が考案したパフェを食べて「おいしい」と言ってもらえたとき。そんなお客様からの「ありがとう」という一言で、忙しいときも辛いときも頑張れます。お客様の要望をくみ取り、最大限お応えする接客を日々心がけており、その結果、お店の売り上げや客単価が前年対比でアップすることも最近の喜びの一つです。店長になり売り上げに対する意識も高くなったので、今後もお客様第一の接客はもちろん、新しい企画を考え、自分で考案した商品で売り上げに貢献できるような仕事をしていきたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社員の思いが反映された店作りと、会社・社員そのものに魅力を感じたから
私は就職活動において、大学で学んだ食品の知識やマーケティング学を活かそうと、最初は東京の食品系の会社を受けていました。たまたま仙台の合同会社説明会で当社の話を聞いた際に、店舗ごとに違う顔があり、社員のアイディアや提案によって独自のお店作りが行われていることを知り、非常に魅力を感じました。その後の説明会には都合が悪く参加できなかったのですが、電話でお願いしたところ1対1での説明会及び店舗見学をさせてもらい、自分一人のためにここまでしてくれるのかと感激しました。実際に先輩社員に話を聞いてみると、店内のディスプレイや売り場作り、パフェのメニューなどは店舗ごとに独自で考案し、工夫していることがわかり、店舗の明るい雰囲気、人事担当者や先輩社員をはじめとした当社で働く社員の温かさにも惹かれました。
 
これまでのキャリア 喜久水庵南吉成本店勤務/タピオ寺岡店店長(2年)/泉高森店店長(約2年)/アグリエの森店(約2年) 商品部(現職)

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

はじめから第一志望が決まっていなくても大丈夫です。大学で学んだことを活かしたいと食品業界を中心に活動していた私も、実際は車関係やホテル業界も受けていました。なるべく色々な業界・職種の研究をして、説明会で直接話を聞いてみて下さい。他業界・職種を見て、たとえ「やっぱり私がやりたいことと違う」と感じても、その発見自体が収穫だと思います。選考においては面接本番が全てではありません。会場の外や待ち時間も気を抜かずに有効活用して下さい。

井ヶ田製茶株式会社の先輩社員

常に新しいことに挑戦しています

店舗開発部 秋保ヴィレッジ農産物担当リーダー
石垣直哉
東北学院大学 経済学部 経済学科

お茶やお菓子を販売する店舗の運営です。

店舗開発部 一番町本店店長
野本遥
東北学院大学 経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる