株式会社Intインテ

株式会社Int

THC GROUP/コンタクトセンター
業種 通信
本社 徳島

先輩社員にインタビュー

マネジャー
藤田 佳菜(34歳)
【年収】400万円位
これが私の仕事 現場で働くオペレーターのサポートをしています。
コールセンターの現場で働くオペレーターに対して指導を行ったり、困った時の対応サポートをしたりしています。新人研修やシフト調整も行っており、現場が円滑に動くように運営するのがSV(スーパーバイザー)の役割です。
オペレーターの年齢や個性、夢や悩みは様々であり、SVがお互いの仕事を補い合いながら管理をしています。コールセンターにかかってくる電話の中には、オペレーターでは判断が難しい案件もあり、管理者権限を与えられたSVが判断する場面もあります。複数の資料を突き合わせながらの臨機応変な対応が求められる仕事です。
また、オペレーターのメンタル面のサポートも重要です。業務に関する質問のほか、プライベートに関する悩み事を相談されることも多く「いかにスタッフに気分よく仕事をしてもらえるか」を考えています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
目指すは、一緒に働きたいと思ってもらえる管理職。
SVとして新人研修を任された当初は、スタッフにどのように説明・指導すればいいのか全く分からず悩んでいました。しかし指導の意識を見直し、まずは自分と一緒に仕事をしてみたいと思ってもらえることを目標にしてから状況が好転。仕事は経験を積めば自然と理解できるものだと長期的な視点を持ち、まずはスタッフと何でも話せる関係性を構築することを優先したのです。
私自身の話をしたり、業務外の話でも積極的に話題にしたりするうちに、スタッフとはプライベートの悩みまで打ち明けてもらえるほど心を通わせられるようになりました。スタッフの年代は20代から50代まで幅広く、研修の仕方は個人の性格や特性に合わせてアレンジすることで指導効果を高めることに成功。1人1人と向き合う調整役になることで、組織を円滑に回せるようになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の意思で行動し、意見を発信できる自由度の高さ。
従業員の「こうしたほうがいい」「これをやってみたい」という個人の思いを尊重してくれるところがこの会社の魅力です。やってダメなら他の方法を考えればよいというスタンスであり、従業員は安心して仕事に取り組むことができます。
Intでは現場でお客様と向き合っているスタッフを最優先に考えるべきだという価値観が確立されています。どんな風にすれば現場をより良く運営できるか、どうすればオペレーターが気持ちよく働けるかがすべての判断の基準。だからこそ、従業員の意思を尊重して仕事を任せることも、社歴や役職の垣根を超えて意見を交わすことも当たり前です。
さらに社長をはじめマネジメント層と顔を合わせる機会も多く、会社の考えや今後の方向性を従業員が直接聞くことができます。会社全員で意識を共有できるところも強みです。
 
これまでのキャリア 前職は事務職。オペレーターとして中途入社し、スーパーバイザーを経て、マネジャーへ昇進。

この仕事のポイント

職種系統 スーパーバイザー
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

学生のうちに自分のやりたい事を明確に見つけようとしても難しいものです。まずはどんな人と働きたいのかを軸に就活するのも良いのではないでしょうか。人間関係は1つの会社で長く勤める上で重要です。興味がある会社があれば説明会や会社見学などを通し、そこでどんな人が働いているのかを見極めてください。居心地のよい会社に入ることができて、初めて自分の興味がある仕事が見つかることも珍しくありません。

株式会社Intの先輩社員

管理職としてコールセンターの運営に関する幅広い業務を行っています。

第二センター センター長
長尾 裕也

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる