パーソルサンクス株式会社
パーソルサンクス
2022
業種
人材サービス(人材紹介・人材派遣)
各種ビジネスサービス/その他サービス
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

当社は総合人材サービスを展開するパーソルグループの特例子会社です。
創業以来、障害者雇用を推進し事業拡大をしてきました。
事業内容は多彩で障害 のある社員個々の特性に応じ、印刷・事務処理請負・清掃などのオフィスサポート業務やクッキー製造・農作業受託・養蚕・入浴剤製造 ・ハーバリウム製作などを行っています。
多様性を持った社会の実現を目指し、パーソルサンクスは障害者雇用の促進のための貢献を続けます。

当社の魅力はここ!!

企業理念

ミッションステートメント “「ありがとう」をかたちに”

「ありがとう」といえること。「ありがとう」といわれること。そんな「ありがとう」が重なって、みんなが笑顔で活躍する会社。パーソルサンクスはそんな会社を目指します。社員の様々な個性・志向能力の多様性を充分に活かすことの出来る就業環境を整え、やりがいのある職場を創造していくことが、パーソルサンクスの最大のミッションです。パーソルサンクスに参画する社員全員が、このミッションの実現に向けて、日々分け隔てなく取り組んでいます。当社の成長=障害者メンバーの成長・障害者生活環境の改善・雇用機会の拡大、ということを自覚しながら、事業を展開しています。

事業・商品の特徴

1つでも多くの「ありがとう」を「かたち」にしていきます。

私たちの存在意義は、障害者雇用を確実に推進していく事です。特例子会社として事業を適切に推進する事が、多様性を持った社会の実現に繋がると考え社員の大きなモチベーションになっています。当社の大きな特徴は「人財支援室」です。特性の違う障害のある社員に対し、 “一般的ビジネスマナー”や“仕事の心構え、報告の仕方”などの研修を実施、 配属後もフォローアップを続けています。 当社の事業展開も注目されています。首都圏を中心に、 地方自治体など連携し地域興しに貢献する事業を次々と実現しており、パーソルサンクスの際立った強みと特徴と言えるでしょう。4拠点とも地域と連携し順調に稼働しています。

仕事内容

社員全員で課題に挑戦し、日々成長を実感する

共に支えあい、挑戦し、成功の喜び、失敗の悔しさを共有できる環境がパーソルサンクスにはあります。管理系業務常に組織や体制の変革に取り組む必要があり、成長の機会が多い環境です。営業グループ内からのニーズに応え、ニーズ把握と分析、事業スキームの構築が必要です。グループ外企業への営業も担当します。企画各工房の特長を活かした新商品の企画開発や新規事業所の商材開発、事業展開の立案などを担当します。現場サポート業務工房などの現場で就業する障害者のある社員を支援し、事業目標をクリアするための拠点経営 が求められます。各工房は、現地において当社の顔になるという役割を果たしています。

会社データ

事業内容 ◆障がい者の雇用促進事業
※パーソルホールディングス特例子会社
設立 1991/12/1
資本金 1,000万円
従業員数 445名(2020年4月時点)
売上高 非公表
代表者 代表取締役 中村 淳
事業所 ■本社
東京都豊島区東池袋3丁目1番地1号 サンシャイン60 2F
■文京オフィス 東京都文京区本駒込2丁目28番地10号 文京グリーンコート イーストウイング3F
■よこはま夢工房 浦舟 神奈川県横浜市南区浦舟町3丁目46番地 浦舟複合福祉施設9F
■よこはま夢工房 睦町 神奈川県横浜市南区睦町1丁目8番地3号
■とみおか繭工房 群馬県富岡市妙義町中里818
■よこすか・みうら岬工房 神奈川県横須賀市長沢1-26-9
■まえばし彩工房 群馬県前橋市表町2-10-19 前橋表町ビル4F
沿革 1991年12月 サンクス・テンプ株式会社設立 東京都港区北青山
1994年3月 特例子会社 認定
1996年2月 本社移転 東京都中野区弥生町
2006年4月 本社部門一部移転 東京都豊島区東池袋2丁目
2006年6月 よこはま夢工房を開設 神奈川県横浜市南区浦舟町
2017年6月 社名変更 パーソルサンクス株式会社 
とみおか繭工房を開設 群馬県富岡市妙義町
2018年10月 よこすか・みうら岬工房を開設 神奈川県横須賀市長沢
2019年2月 本社移転 東京都豊島区東池袋3丁目
2019年6月 まえばし彩工房を開設 群馬県前橋市表町
2019年12月 よこはま夢工房 睦町を開設 神奈川県横浜市南区睦町
2020年5月 文京オフィスを開設 東京都文京区本駒込
ビジョン 雇用の創造 人々の成長 社会貢献
ミッションステートメント 「ありがとう」をかたちに
パ-ソルグループ 当社は総合人材ビジネス大手のパーソルグループの一員です。
障害者支援事業、地方自治体などと連携しての地域興し事業、いずれも運営主体である企業には安定した経営基盤が求められます。事業の実現力・継続性が欠くことのできない条件となるからです。
当社は障害者支援については、グループ中核企業の一つであり、グループの安定した経営基盤をベースに着実かつ意欲的に事業を推進しています。

特例子会社 障害者が思う存分仕事をすること、仕事を通じての社会参加の推進に大きな役割を果たしている法的仕組みに、官公庁や企業に課せられている法定雇用率目標の達成義務があります。雇用する従業員数の一定割合(大手企業では現行2.2%、21年4月から2.3%)の障害者雇用を求められているのです。その中心的な役割を果たしているのが特例子会社で、大手企業などの多くがグループ内に特例子会社を設立しています。
国内には500社近く存在していますが、当社はその規模で国内屈指。規模だけではなく事業内容の多彩さでも、注目される存在と言って良いと思います。
ブランド「ibuku」誕生 「ありがとう」をかたちに。これはサンクスが一番大切にしている言葉です。「ありがとう」といえること、「ありがとう」といわれることが増えるような仕事を目指して、さまざまな仕事をしています。事業ブランドibukuは、サンクスの商品やサービスの「かたち」をお客様にお届けすることでサンクスの事業をよりわかりやすく伝えるために生まれました。 ibukuには、一人一人の息づかいとともに、人から人への繋がり、次世代への繋がり、地域の人々への繋がりを広げていくというメッセージを込めています。2021年1月からibukuのロゴを利用し始め、2021年4月からはサンクスの商品・サービスをibukuというブランド名でお客さまにお届けしていきます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)