文理を問わず活躍できる! 医薬と医療の現場を結ぶMR

MR(Medical Representative)とは、医薬品メーカーの「医薬情報担当者」のこと。医薬品の最新情報を医師や薬剤師に提供し、また、実際に医薬品を使用した際の現場情報を収集、フィードバックすることが主な仕事です。医薬=理系というイメージを持つ人がいるようですが、実際のところは、文理を問わずに活躍できる専門職。扱う製品が生命に直接関係するという、そのやりがいの大きさから、多くの文系出身者もこの仕事を選んでいます。

全 1 社

文系理系問わず、毎年ほぼ全員が初年度にMR認定試験に合格する教育サポートが充実。

「感染症」「炎症・免疫疾患」領域の医薬品で、リーディングカンパニーの大正製薬グループ。2014年に発表した糖尿病などの「代謝性疾患」領域でも、着々と実績を拡大しています。その中で、実際に高度な情報とサービスを付加して、医薬品を全国の医療機関に提供しているのが大正富山医薬品の【MR】です。【MR認定証】という公的資格取得のため、充実した教育研修プログラムがあり、毎年新入社員のほぼ全員が一発合格。感染症と関わりの深い「医療環境管理士」の資格取得も奨励・支援しています。

当社のMRの特徴

当社が得意とする医薬品は、小さなお子さんからご高齢者まであらゆる世代の人びとに貢献できるもの。ドクターへの情報提供を通して患者さんの役に立つことに加え、将来の新しい医薬品の開発・発展に貢献できます。

薬の情報提供だけではなく、その先の患者さんへの貢献を目指す。

■大正製薬で扱う医薬品のメインは下記2つの領域。 ・整形外科領域を中心とした「炎症・免疫」 ・糖尿病などの生活習慣病の「代謝性疾患」いずれも…続きを読む

大正製薬株式会社

[業種]医薬品  (関連業種) 化学 /食品 /化粧品 /商社(医薬品)

全 1 社