増収増益中! 今、勢いのある会社

世界的に有名なあの企業も、小さな町工場から始まりました。成長力がある企業というのは、就職先として魅力があるもの。そこで、最近の決算で「増収増益」を達成した企業を探してみました。増収増益の「収」は収入(売上高)、「益」は収入から原価や経費などの費用を差し引いた利益(もうけ)のこと。つまり、増収増益を達成するというのは、会社の事業が拡大し利益も増えている、まさに今、勢いのある企業ということになるのです。「REPORT」では、その成長の秘密、ビジネスの強みや事業の特徴に迫ります。

全 2 社

新しい演出技術や機器の開発を通じて、日常の中に様々な「エンターテインメント」を!

長年、テレビやコンサートの舞台美術を手掛けてきたテルミック社。業界では抜群の知名度を誇り、40年に渡って着実に成長を続けています。その理由は「どんな困難なオーダーにも必ず答えを出す」という強い想い=DNAであり、技術者の独創的な開発力。「困ったらテルミックに相談する」と言われるほど、様々な空間演出を実現してきました。そしてモノよりも「コト・体験」を重視する人が増える中、これまで培ってきた技術をさらに活かし、日常の中に様々な「エンターテインメント」を実現すべく動き出したのが、「テルミック ネオ」です。

売上高/利益率推移

設立以来、40年にわたり安定的に成長中。2018年2月期は過去最高の売上高を達成しました。 48億7600万円(2016年2月期)→50億700万円(2017年2月期)→51億8900万円(2018年2月期)

新たな成長を目指し、エンターテインメントの可能性を広げる!

日常生活の中の非日常空間。普段街を歩いている中で出会う、ちょっとした楽しさや驚きや感動。世の中のたくさんの人に喜んでもらえる仕掛けや演出。そ…続きを読む

株式会社テルミック (技術開発・事業開発)

[業種]総合電機(電気・電子機器)  (関連業種) 広告 /ソフトウェア /機械 /設備・設備工事関連

説明会・イベント情報 インターンシップにエントリー

少子化を物ともせず伸び続ける教育企業

2018年度の売上高は191億円。これは10年前の3.4倍に当たる数字です。そして、生徒数は47,000名。こちらも10年前から3.1倍に増大しました。私たち馬渕教育グループは、集団指導塾『馬渕教室』、個別指導の『馬渕個別』、幼児教育の『もえぎ会』、英会話スクールの『epion』を関西圏で展開する総合教育企業です。少子化が進む中、私たちは創業以来、生徒数・売上高ともに成長を続けています。大阪・奈良に引き続き京都・滋賀でも馬渕教室・高校受験コースを開校。事業エリアの拡大にも積極的に取り組んでいます。

売上高/利益率推移

98億3000万円(2012年3月期)→104億4000万円(2013年3月期実績)→114億7000万円(2014年3月期)→130億1000万円(2015年3月期)→147億9400万円(2016年3月期)→170億円(2017年3月期)→★191億円(2018年3月期)

ここ10年で売上高・生徒数ともに3倍近い成長を実現

少子化が進行する一方で、子ども一人にかける教育費は年々増加。それに伴い教育業界は、生徒・保護者から選ばれる一握りの企業だけが生き残り、その他…続きを読む

馬渕教育グループ

[業種]教育関連  (関連業種) 商社(教育関連) /出版 /コンサルタント・専門コンサルタント

説明会・イベント情報
全 2 社