サンユー技研工業株式会社
サンユーギケンコウギョウ

「気になるリスト」が「3月プレエントリー候補リスト」に変更になりました。

詳細を見る

画面下部の「3月プレエントリー候補に追加」を押すと、この企業が「3月プレエントリー候補リスト」に追加されます。
「3月プレエントリー候補リスト」に企業を追加しておくと、3月1日のプレエントリー受付開始後、すぐに志望企業にプレエントリーできます。

サンユー技研工業株式会社

アルミダイカスト金型製作
業種
自動車
金属製品
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

自動車のエンジン、ミッション、モーターなどのパワートレイン、及びステアリングを
生産するためのアルミダイカスト金型の設計製作しております。

現在、街を走っている現行車種用向けだけでなく、
数年~十数年後に世の中に出る未来の車を開発するための
試作用金型も手掛けています。

今後も大手自動車メーカーや大手自動車部品メーカーと連携して、
次世代車に対応した金型の研究開発にも力を入れていきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

新工場が2019年3月に完成。次世代自動車向け金型の研究を推進!

2019年3月に本社工場横に新工場が完成します。これは、電気自動車や燃料電池車などの次世代の自動車になると、軽量化に貢献するアルミ製品が増えるため、当社に対する受注が増えると予想しているからです。次世代自動車向けだけでなく、現在市場に出ている電気自動車・ハイブリッド車、ガソリン車用の受注量も増えており、これに対応することも新工場の目的です。さらに、新しい素材を使ったり、より効率的に製造するための製造技術の研究開発も進めていく必要があるでしょう。こうした研究開発や設計の場としても、新工場を活用していきます。自動車の変化に対応して、金型の技術も進化し続ける必要があります。そのための新工場です。

技術力・開発力

まだまだ、未知の領域が多い。だから面白い!

当社が開発・製造しているアルミダイカスト金型は、自動車のエンジン、トランスミッション、モーターなどのパワートレイン部品を生産するための金型です。大量生産品ではなく、お客様のご要望に合わせて一品一様で開発・設計するもの。しかも、高い精度が要求されます。しかし、アルミが金型の中を流れる様子は、現在の解析技術をもってしても十分に流動解析ができていません。内部に気泡ができてしまったり、表面にしわが入ってしまうこともあります。更に気温が1~3度変わるだけで加工精度も変わってきてしまいます。まだわかっていないことが多いからこそ、アルミダイカスト金型は奥が深く、研究・開発の面白さがあります。

会社データ

事業内容 エンジン、ミッション、モーターなどのパワートレイン向け金型設計製作
自動車ハンドル用アルミダイカスト金型設計製作

当社金型から量産される製品

エンジン…シリンダーブロック
       タイミングチェーンケースカバー
       オイルパン  等

ミッション…ミッションケース
       コンバータハウジング
       ハウジングトランスアクスル  等

新駆動用…モーターカバー
        バッテリケース  等

ハンドル用…ラックハウジング
        ポンプカバー  等

また、新機種、新エンジン立上時量産工程改善治具などの
大手自動車メーカーへの改善コンサル商品の開発も行っております。
創業 1948年
※70年の歴史があります!
設立 1970年
資本金 2000万円
従業員数 67名
売上高 13億2000万円(2018年3月実績)
10億円(2017年3月実績)
代表者 代表取締役 梅本 大輔
事業所 本社/三重県津市久居一色町265
森工場/三重県津市森町2039-13
※本社横に2019年3月に新工場が完成する予定です。
※自動車メーカーへの設計開発駐在あり(希望者のみ)
主要取引先(五十音順) アイシン精機株式会社
アイシン北海道株式会社
愛知機械工業株式会社
株式会社ジェイテクト
広島アルミニウム工業株式会社
本田技研工業株式会社
株式会社ホンダトレーディング
マツダ株式会社

他多数
ここでしかできないものを世界へ 当社の技術が認められ、「当社でしかできない」とお客様から評価をいただいております。
最終的にはホンダ車、マツダ車、トヨタ車、日産車などの日系メーカーはもちろんのこと
フォルクスワーゲン(VW、Audi、ポルシェなど)、BMW、ジャガー、ランドローバー、PSA、GMなど
の欧州車向けへも幅広く対応しております。
当社で製造された金型の多くはアジア、ヨーロッパ、北米、南米へ輸出されております。
世界最高の金型技術を目指す集団 自動車の心臓であるエンジン、ミッションや次世代用自動車のパワートレイン、
モーターやバッテリーなどに携わる仕事として、常に最高の技術が求められます。
新しいことに挑戦することが当社の仕事であり、毎日が挑戦、失敗の繰り返しです。
仕事は簡単ではありませんが、簡単であればアジアなどの安価なメーカーに
淘汰されてしまいます。
ゆえに、ここでしかない技術、これがあるから世界新しい車が生み出されるようになる
という高難度な金型作りを日々、行っております。
自動車メーカー、自動車部品メーカーへの技術交流、技術説明や製造工程改善の
コンサルティングも行っており、世界最高水準技術での金型作りを実現しております。
日本政府 Cool Japan戦略 Made in Japanブランドに選定 当社で設計製作された金型によって生み出される製品の80%以上が海外の自動車に
搭載されます。トヨタアメリカやホンダ英国などの日系メーカーはもちろんVW 中国、
ジャガー北米など、世界中の車へ向けて製作され、この日本でしかできない技術を
世界の技術に影響を与えるものをして、Made in JAPANのブランドを世界に発信し、
拡大する日本政府 Cool Japan戦略の一員として海外の若年者に技術を紹介しております。
中小企業しか存在しない業界ですが、日本が世界をリードし、当社は世界最高技術を目指しております。 日本には約8,000社もの金型メーカーが存在しております。(経済産業省発表)
しかし、その90%が20名以下であり、100%中小企業しか存在しない業界です。
理由はいくつかありますが、一番にはたくさんの人で大量に作るのではなく
ひとつの製品を各人の技術を結集させて作る、技術、研究の結晶のようなもので
あるからです。同じことを同じようにするのではなく、世界に一つだけの物を作り出す
技術、日本が世界をリードする業界の一つです。
そんな中、当社は70名ほど規模を誇り、業界的には非常に大きなメーカーとなり、
次世代自動車向けに行う世界最高技術を目指す会社です。
会社は自分が作り、自分が成長し、会社も成長する。楽しい人生を歩むための会社になりたい 【当社の最大の特徴は世界最高の技術ではなく、世界最高を目指す新しい福利厚生】

世界最高レベル、次世代の自動車、非常に難しいと色々と説明しておりますが、
当社の最大の特徴は、ひとりひとりに合わせた福利厚生を目指しております。
働き方改革、ブラック企業、ホワイト企業等叫ばれている世の中で、働く人にとって
一番重要であるのは働きたい環境づくりだと考えている会社です。
産休育休はもちろんですが、一生独身や離婚が多い世の中で、
産休育休だけなく、ひとりひとりの人生や家庭環境、性格に合わせた福利厚生を導入。
その人の人生を成長させるために、会社も成長するをコンセプトに毎年、福利厚生を
その時代の人に応じて改善しております。
例えば、育休産休は当然のこと、不妊症治療休暇やシングル家庭にはシングル手当、
病気や介護のための自宅勤務、待機児童の子供を預ければ出社、預けられなければ休暇、
出勤時間も朝弱い人は遅く、早い人は早くゲームがしたいから一週間休んでも構いませんし、
旅行が安い時期に長期休暇、家が遠ければ遅く来るなどその人その人が一番働きやすい時間、
勤務をその人に合わせてもらって問題ありません。
自由に仕事を勤務しようがコンセプトです。
安全さえ確保できれば、服装、髪型なんでも自由です。
その人の人生が豊かになるための福利厚生 学校を卒業したら会社が人を育てるを会社の理念、方針として社員が一流の社会人に
なるために、いろいろなものを会社が用意し、成長を促すことをしております。
単なる飲み会ではなく、経験や体験を通じ、その人がこの会社に入りひとつひとつ
人生の階段を登るようにしています。
飲み会一つにしても、安価な居酒屋へ行くのではなく、超一流店、ミシュランの星、各国のVIPが
行くような場所での食事会を行ったり、社員旅行でも経験を重視し、行きたいたくないではなく
行きたいと思うような社員旅行を計画します。
過去には2カ国を個別で移動したり、単なるツアーではなく現地文化と如何に交流し、また、
その国でしか体験できないことを一生の宝として経験します。
来年2020年にはドイツ、オーストリアなどの欧州を計画しており、子どもや家族、恋人まで参加可能です。
その人の人生をともに 家族の祝い、入学祝い、病気からの快気、恋人ができたなどのプライベートでの
めでたいことがあれば、本人が希望すれば会社が色々と用意します。
また、自分が夢を追いかけたり、夢を叶えたいと思う人には時間の融通をどんどん聞かせます。
実際、当社よりレーサーになりたい夢を追いかけ、日本TOPレーサーにまで上り詰めた人も
います。
在職中もレースの休みやレーシングカーの運搬に会社の車の貸与なども承諾し、最終的には
スーパーGTチャンピョンやF3で日本人初めての世界選手権での表彰台など輝かしい成績となり
日本を代表するドライバーとなりました。
ほかにも、バンドマン、漫画家を応援もしています。
仕事、この会社だけが人生ではありません。楽しい人生を送るための会社でありたいと思っています。
沿革 1948年 三重県津市にて、教育用品販売事業「中日工作」を創業。
1960年 愛知県豊橋市に教育用金工旋盤の会社を設立。
1967年 豊橋工場を津市に移転し、治具、工具、金型加工を始める。
1970年 津市半田にて、本田技研工業株式会社鈴鹿製作所協力工場として
      サンユウ技研工業株式会社を設立。
1975年 津市高茶屋に本社工場を移転。
1988年 サンユー技研工業株式会社に社名変更。
2004年 京都議定書に基づく、三重県環境マネジメントシステムM-EMS認証活動の開始。
2009年 津市久居一色町265番地へ本社工場移転。
      ドイツトーリア大学を主とする世界14ヵ国の学生が環境企業として見学来社。
2014年 太陽光発電事業開始。
2015年 日本政府Cool JAPAN戦略 JENESYS2.0 MADE IN JAPAN ブランド選定。
2016年 本社工場敷地拡張。
2018年 森工場稼働。資本金を2000万円に増資。
      キョウエイ株式会社を吸収合併
2019年 本社工場横に新工場完成。
2021
3月プレエントリー候補リストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補リストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー
候補に追加
3月プレエントリー
候補
に追加済
3月プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
3月プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)