株式会社ナシオナシオ

株式会社ナシオ

菓子/商社/ノースカラーズ
業種 商社(食料品)
食品
本社 北海道

先輩社員にインタビュー

中部東海支店(支店長)
澤 春彦(34歳)
【出身】北海学園大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 商品の売り込みからお得意先様の分析・提案まで。
「おじいちゃん、おばあちゃんやお子様連れのお母さんにいつ、どこで、どんなお菓子を買ってもらえるか?」
私のしている仕事は買って頂く方々に喜んでもらえるようにどうするかを常に考えている仕事です。
私では絶対にわからないお年寄りやお母さんの気持ちを想像して、最適な商品を探し、最適な売場に並べてもらい、そのお菓子が売れたらこれほど嬉しい事は無いと思います。何千、何万もあるお菓子の中から、「その人に合ったお菓子」を探すのは簡単ではないですが、そんな商品を探している時が一番面白さを感じる時です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
全国各地に出張し色々なメーカーさんや地元の人達と出会ったこと!
今年の秋に大福の増量品を縦型から横型に変え売上が大きく伸びました。
「増量シール」が縦型商品ですと天面に貼られる為、商品を棚に並べるとシールが見えなくて増量商品だと分からない。
このことを売場を見てる時に気付きました。
メーカーに「増量シールがお客様に見えないかえら横型にして欲しいと」依頼し、メーカーも「確かに見えないですね、改良しましょう」とすぐに了承して頂き、再度チラシの特売へ。実績を見ると大きく売上に貢献していました。
ほんのちょっとの気付きとほんのちょっとの工夫で売上が大きく変わります。営業としてここが一番嬉しいことです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「お菓子」というものを取り扱えることに魅力を感じた。
一番に理由は「お菓子を取り扱える」ということです。
就職活動中は生活雑貨の卸売、医療品の卸売と、なぜか理由も無く卸売に絞って説明会に参加していました。この時点で知らず知らずのうちに私は卸売が天職だったのかもしれません。
ナシオでは第1次、第2次試験と進む中で面接官の方々はポーカーフェイスで全く手応えを感じず、「たぶん受からないだろう」と思っていました。しかし、最終面接まで進出、社長室で平社長と握手を交わした記憶があります。
実はもう1社内定をもらっていましたが、ナシオが決まり次第、すぐもう1社に断りの電話を入れました。あれは確か東北の合宿所のことだったと思います。その後の内定社懇親会に参加し、周りの社員の方々のおもしろさ、優しさを感じました。
このことが「ズバリ!私がこの会社を選んだ理由」です。
 
これまでのキャリア 札幌本社観光営業部(2年間)→道北支店(3ヶ月)→首都圏本部(5年4ヶ月)→中部東海支店

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動に学歴なんか関係ありません。
最初は自分がどんな仕事をしたらいいのか分からず悩むことが多いですが、色んな説明会に参加して、色んな企業の話を聞いて、色んな人とコミュニケーションを取って、色んなヒントを見つけてください。あとは興味を持った企業に対してアタックするだけです。
明るく元気に頑張っていれば必ず良い結果がついてくるはずです。

株式会社ナシオの先輩社員

お菓子の開発

商品開発部
若林 恵理
獨協大学 経済学部

多くのお客様に喜んで頂けるお菓子売り場作り

首都圏本部営業部
冨永 麻由美
北海学園大学 経営学部経営学科

お客様を一番に、日々の積み重ねが大事な仕事です!

CVS事業本部首都圏営業部
田中 知菜美
北海学園大学 経営学部経営情報学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる