株式会社川北電工
カワキタデンコウ
2021
業種
電力・電気
設備・設備工事関連
本社
鹿児島

私たちはこんな事業をしています

主に、電気・電気通信設備の工事を行っています。
電気設備では、作られた電気を送り出すところから私たちが使うまでの電気の工事をしています。
(送電~発変電~配電~内線工事)
電気通信設備では、みなさんがよく使う携帯電話の基地局の工事やテレビのアンテナの工事など、
ほかにも防災行政無線などの工事を幅広く行っています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

70年超えの歴史。電気・通信工事の高い技術力。あの電波塔にも!

実は、日本一の高さを誇る、東京の電波塔(ツリー)にも川北電工の技術が生かされています。地上デジタル放送設備工事において、アンテナ設置とケーブル配線工事を手掛けた私たち。地上600メートルという高所での作業、アンテナから放送機室までを長さ270メートルのケーブルを接続なしでつなぐ技術が高く評価されています。1本の長いケーブルを用いる方法は、工事の途中でケーブルを損傷するリスクが高いため、他社が二の足を踏むような工事。一方、接続する工法では、そのリスクは少なくなりますが、接続部分は経年による電気特性の悪化を起こす原因となります。そうした課題を私たちの高度な技術が解決し、工事を成功に導いたのです。

技術力・開発力

電気・電気通信における広い知識と高い技術力が武器

配電工事、通信設備工事、電気設備工事を手掛ける川北電工は、1945年創業。70年を超える歴史を持つ企業です。九州電力の委託工事会社としての配電工事から、送電工事、受変電工事まで幅広く手掛けています。また、通信システムの構築・制御といった分野でも技術力を発揮、近年は防災行政無線設備を多く手掛けています。電気設備工事の分野においては、ビル・工場から家庭までの電気工事・屋内外配線などを手掛け、県庁や裁判所、学校といった公共施設の工事実績もあります。その他、携帯キャリアの基地局建設にも注力。九州内で各キャリアの基地局は、当社が手掛けた工事が数多くあります。高い技術力が、川北電工の最大の武器です。

社風・風土

とにかくチャレンジし続ける!!!

1945年創立、創業74年。県内の建設業でNo.1の社員数320名。会社の雰囲気をひとことで言うと、アットホーム!!!日頃は、危険を伴う仕事のため、現場では厳しい一面もありますが、普段はみんな明るくて、ONとOFFのけじめがはっきりしています。上司や先輩方は、気軽に相談できる寛大な方が多いです。社員同士の交流として、年に1回安全大会とスポーツ大会を実施しています。一番大切にしていることは、社員一人ひとりのコミュニケーション。サポート体制も整っているため、意欲のある人はいつでもチャレンジできる場があります。一人ひとりが自ら考え、自ら率先して行動する=「行動力」を意識して、常にチャレンジしています。

会社データ

事業内容 電気・通信・情報化関連設備の設計・施工・保守及びエンジニアリング
 ・発変電・送電及び配電設備
 ・通信線及び空中線設備
 ・光伝送ほか情報化関連設備
 ・保護装置、自動制御装置及び遠方制御装置
 ・屋内外配線、冷暖房空調設備、防災設備
設立 昭和20年9月1日
資本金 1億4500万円
従業員数 319名(役員除く)
売上高 72.9億円(平成30年度)
代表者 田中 陽一郎
事業所 ≪本社・鹿児島営業所≫
〒891-0115 鹿児島市東開町4番地79

≪川内本部・配工本部 川内営業所≫
〒895-0036 鹿児島県薩摩川内市矢倉町4311番地1

≪出水営業所≫
〒899-0217 鹿児島県出水市平和町485番地

≪下甑委託営業所≫
〒896-1521 鹿児島県薩摩川内市下甑町青瀬611番地

≪長島委託営業所≫
〒899-1401 鹿児島県出水郡長島町鷹巣1825番地

≪川内営業所≫
〒895-0005 鹿児島県薩摩川内市永利町923番地

≪福岡支店≫
〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目8番28号

≪関西支社≫
〒664-0845 兵庫県伊丹市東有岡3丁目39番地

≪東京支社≫
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里6丁目52番5号

≪鹿屋営業所≫
〒893-0022 鹿児島県鹿屋市旭原町2737番地9

≪熊本営業所≫
〒862-0950 熊本市中央区水前寺3丁目43番10号

≪宮崎営業所≫
〒880-0121 宮崎市大字島之内字馬出7057番地1
沿革 昭和20年 9月 創業者岡元圓により電気工事業「川北工務所」を
       川内市御陵下町にて設立
昭和22年 6月 九州配電株式会社と配電工事委託契約を締結
        川内、串木野、宮之城、大口、出水に事業所を設置
昭和27年 1月 資材部門を切り離し、十合電材店(現 株式会社川内電材)を
        設立
昭和28年 5月 川内駅前通りに社屋を新築
昭和29年 7月 株式会社川北工務所に組織変更。資本金200万円
昭和40年 8月 川内市矢倉町に社屋完成移転
昭和45年 3月 代表取締役社長に田中憲夫就任
昭和45年 5月 資本金1,000万円に増資
昭和46年 1月 工務部開設。送電線工事、発変電工事、通信工事、
               及び屋内配線工事の営業開始
昭和48年10月 鹿児島市紫原に鹿児島営業所を設置
昭和53年 3月 送電工事部門が九州電力株式会社の登録会社となる
昭和55年 8月 日向営業所を設置
昭和55年11月 鹿屋営業所を設置
昭和59年 3月 株式会社川北電工に社名変更
昭和59年 5月 資本金5,000万円に増資
昭和59年10月 川内市矢倉町に新社屋建築
昭和59年12月 宮崎営業所を設置
昭和60年 1月 建設業建設大臣許可取得
      (電気、土木、塗装、機械器具設置、電気通信工事業)
昭和61年 3月 発変電工事部門が九州電力株式会社の登録会社となる
昭和61年 8月 福岡支店を設置
昭和62年 7月 熊本営業所を設置
平成元年12月 建設業建設大臣許可取得
       (とび・土工、鋼構造物工事業)
平成 2年 5月 資本金を10,000万円に増資
平成 2年 9月 東京事務所を設置
平成 3年 3月 鹿児島市東開町に鹿児島営業所を新築移転
平成 4年 4月 関西支社を設置
平成 7年 2月 鹿児島市東開町に本社を移す
平成 7年 5月 資本金13,000万円に増資
平成 9年 5月 資本金14,500万円に増資
平成11年 2月 建設業建設大臣許可取得
      (消防施設・水道施設工事業)
平成12年 5月 川北設計事務所開設(一級建築士事務所)
平成12年10月 福岡支店社屋完成移転
       品質マネジメントシステム、ISO9001認証取得・電気設備工事(内線工事)
平成14年 7月 労働安全衛生マネジメントシステム、OHSAS18001認証取得
平成14年 8月 鹿屋営業所社屋完成移転
平成14年11月 ISO9001:2000認証取得(全事業所)
平成15年10月 安全・品質管理室新体制スタート
平成16年12月 関西支社新築移転
平成18年 1月 携帯キャリアの元請受注を開始
平成18年 3月 代表取締役会長に田中憲夫就任
       代表取締役社長に田中陽一郎就任
平成18年10月 配工本部組織改正 宮之城営業所を川内営業所へ統合
平成19年 2月 工務本部組織改正 東京営業所を東京支社へ
平成20年11月 官公庁より防災行政無線デジタル化工事を受注
平成22年 2月 情報系の部門を本部化し、配工本部、工務本部、
       情報システム本部の3本部体制に組織変更
平成22年12月 東京スカイツリーデジタル放送設備工事に参画
平成27年 9月 創立70周年を迎える
資格取得者 第三種電気主任技術者 3名
第一種電気工事士 78名
一級電気工事施工管理技士 73名   
二級電気工事施工管理技士 13名   
一級土木施工管理技士 13名  
二級土木施工管理技士 15名    
一級管工事施工管理技士 1名   
二級管工事施工管理技士 20名   
一級建築施工管理技士 1名
二級建築施工管理技士 3名  
二級建設機械施工技士 1名   
消防設備士 甲種 12名
消防設備士 乙種 6名
二級建築士 2名   
1級計装士 2名    
測量士 2名
工事担任者・アナログデジタル総合種 3名  
1級 陸上特殊無線技士 38名    
2級建設業経理士 16名
 

(平成31年2月20日 現在)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)