株式会社エレック・トーコー
エレック・トーコー
2021

株式会社エレック・トーコー

公共インフラ、社会インフラの電気設備工事会社
業種
電力・電気
設備・設備工事関連/建設/プラント・エンジニアリング/エネルギー
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

【年間休日120日以上、愛知、三重勤務※転勤なし】
当社は昭和28年の創業以来、各種電気設備工事の設計・施工に携わっています。
電気工事というと、一般的には家庭やビルの電気工事というイメージがありますが、
当社が携わるのは地下鉄、コンビナート、高速道路といった公共インフラ、社会インフラと呼ばれる特殊な案件ばかり。
特殊な工事のノウハウを有し、大手企業との協働の仕事が全体の売上の9割を占めます。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

売上の9割が、数十年と取引が続く大手企業や官公庁。

当社は昭和28年に東京電気興業株式会社として東京で会社を創立し、公共・社会の各インフラ工事のノウハウを蓄積。昭和35年、提携先の企業の仕事が一段落したため、本社を名古屋に移転。 平成5年には社名を現在の株式会社エレック・トーコーと改めました。移転した当時の名古屋には、公共・社会インフラ工事のノウハウを持つ会社が少なかったため、実績のある当社に主要な仕事が。大手メーカーの工場の新設工事や市営地下鉄関係の工事に恵まれ、大手各社と取引開始。その関係性は現在も続き、売上の9割を占めています。取引先とは日頃のコミュニケーションから、オーダーを頂ける関係性が構築されており、安定した仕事量を確保できています。

戦略・ビジョン

数年先までの仕事が見込める会社。

これまでの当社の取引実績は、およそ50社。 その9割が、官公庁や大手メーカー。当社ホームページにも掲載してありますが、主要取引先は名古屋市交通局、関西電力などの公共インフラ関係、三菱電機、日立製作所、明電舎の重電機メーカー、 三菱ケミカル、三菱ガス化学などの化学系のメーカー、三菱マテリアル、ナブテスコなどの産業プラント関係の会社等、名だたる企業が並びます。 官公庁、大手メーカーとの協働のため、数年先までの仕事量が見込めるというのが当社の強み。大手企業や官公庁の仕事は、信頼と実績が生命線。裏を返せば事故が命取りに。 当社では「安全」「品質」を徹底し、慎重な姿勢で業務に携わっています。

社風・風土

年間休日120日以上。残業は会社全体で月平均20時間程度。

特別高圧の大規模な工事に大手企業と協働で携わっていることもあり、休日や勤務時間は取引先にあわせています。週休2日制ではなく完全週休2日制(土日)。年間休日は120日以上となっています。近年、官公庁の仕事などでは、土日や深夜帯の作業の制限が厳しくなっており、中には禁止されているところも。働く環境という点では、どんどん良くなっている傾向があります。ワークライフバランスが社会のテーマになっている中、恵まれた環境で勤務することが可能です。近年、社内でも「働き方改革」を進め、長時間勤務の要因となっていた帰社後の事務作業を改善。クラウド化で、どこでも作業ができる環境を整備し、残業時間の大幅削減に成功しました。

会社データ

事業内容 ■電気工事・電気通信工事の現場監理及び設計施工
■特高受変電設備工事■交通設備工事■上下水道他各種公共設備工事
■各種産業プラント設備工事■各種電気設備の保守点検

※主要取引先
名古屋市交通局/三菱電機(株)/
(株)日立製作所/富士古河E&C(株)東芝三菱電機産業システム(株)/
(株)明電舎/三菱ケミカル(株)/三菱ガス化学(株)三菱マテリアル(株)/
三井化学(株)/関西電力(株)/ナブテスコ(株)
設立 昭和28年1月27日
資本金 2000万円
従業員数 44名
売上高 10億5000万円 (2018年)
代表者 代表取締役社長 児玉辰雄
事業所 ■本社/愛知県名古屋市西区花の木二丁目15番1号
■四日市営業所/三重県四日市市塩浜本町2丁目27番2号
会社沿革 昭和28年1月 東京電気興業株式会社設立
昭和35年7月 四日市営業所開設
昭和35年8月 本社を東京から名古屋に移転
昭和61年10月 本社社屋新築
平成5年1月 株式会社エレック・トーコーに社名変更
平成13年10月 ISO9001取得
平成29年10月 ISO9001認証登録終了
企業スローガン 「錬REN ・ 謹 KIN・術JUTSU」

[謹直] つつしみ深く真面目であること
[謹厳] 礼儀正しいこと
[謹創] 心をこめて仕事をすること

「錬REN ・ 謹 KIN・術JUTSU」とは
錬金術を変化させたオリジナルワード

錬金術
古代エジプトでは、鉄や亜鉛などの
卑金属を精錬して金や銀をつくりだそうとした。
当然実現するはずもないものだが、
無の状態から価値のあるものを創り出そうとした
先人の試みは大変に素晴らしく、
後世の化学技術の発展に大きな影響を与えた。

錬謹術
“謹(つつしむ)心”に満ちあふれた組織体を目指して、
エレック・トーコーが新たに掲げる企業スローガン。
謹直(つつしみ深く、まじめなこと) 謹厳(礼儀ただしいこと)
謹創(心をこめて大切に創ること) の三つの柱の形成を目指し、
三位一体の強い企業の実現に取り組む。
国家資格等資格取得者 一覧表 電気工事監理技術者21名
1級電気工事施工管理技士21名
2級電気工事施工管理技士2名
第一種電気工事士27名
第二種電気工事士2名
第三種電気主任技術者1名
特殊電気工事士9名
自家用発電設備専門技術者3名
消防設備士 甲種4名
関西電力認定現場監督者3名
中部電力発変電監督者認定8名
JR東海工事指揮者7名
GIS現場組立作業主任者1名
変圧器組立作業主任認定者1名
RSTトレーナー4名

※国家資格だけでなく、関西電力、中部電力、JR東海、
大手重電機器メーカー等、取引先の工事資格も保有。
従業員の大半が施工管理 施工管理出身の社長をはじめ、
44名の従業員の大半が施工管理のメンバーという会社です。

現場に理解がある会社なので、新人さんにも行き届いた指導を行うことができます。
当社では、「10年で一人前」という考えの下、先輩について、新人をじっくりと育成。
入社5、6年というメンバーも、当社では先輩について仕事をしています。
また一人立ちした後も、基本的には1人にはさせず、1現場を複数人で担当。
「安全」「品質」を徹底しています。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)