株式会社河野解体工業
カワノカイタイコウギョウ
2021
業種
建設
その他製造/商社(建材・エクステリア)/建設コンサルタント/建築設計
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

私たちの仕事は<都市基盤をつくる仕事>です。都市や街に求められる機能・ニーズは、将来に向けて常に変化し続けています。私たちはそのステージづくりのため「建造物の解体」と「廃棄物のリサイクル」を組み合わせ、社会のニーズに応えるため、私たちにしかできないことを追及しながら、各分野のプロフェッショナル集団を目指しています!

当社の魅力はここ!!

企業理念

「KAWANOグループ」の中核企業として、都市基盤の再構築に貢献

【解体業の先駆者として培ってきた技術・ノウハウと循環型社会を見据えた自社設備による廃棄物処理、資源リサイクルを互いに組合せ、新たな都市基盤構築を担う企業グループとして社会に貢献する】私たち独自の工法と処理技術により、都心部の再開発現場、大型商業施設、マンションなど、比較的規模の大きな解体工事現場で、高効率の作業と短期間での解体を実現しました。また、充実した自社のリサイクル工場と「KAWANOグループ」の力を結集し、解体工事現場などから運ばれる処理の難しいものも適切に処理・リサイクル。現場での作業負担を軽くするとももに、周辺地域に与える騒音や振動を大幅低減するなど、環境面でも大きな成果を上げています。

戦略・ビジョン

環境面にも配慮した独自の事業展開で、高まる顧客ニーズに対応

高層ビルから木造家屋まで、街に存在するさまざまな建造物を撤去・解体、そしてリサイクルまでも行う私たち河野解体工業。創業から50年を超える歴史は、自社で解体を行う専門企業のなかでも、長い歴史を有する企業のひとつとして、その存在感を高めています。主な顧客は、スーパーゼネコン・大手ゼネコンなどの優良企業と自治体・公官庁。解体技術とリサイクルを組み合わせ、環境面にまで配慮した事業展開には、顧客からのニーズも高まっています。今までの歩みのなかで蓄積した数多くのノウハウ、そして事業をイノベーティブに推進する高度な技術を惜しみなく投入し、「KAWANOグループ」中核企業として、未来の都市基盤整備に貢献していきます。

会社データ

事業内容 ■建造物の総合解体事業
■産業財のリサイクル・再生事業
■産業廃棄物の収集運搬、中間処分業
設立 1966年12月
資本金 3,000万円(2018年3月)
従業員数 47名(グループ全体合計82名、2018年3月)
売上高 19億2,000万円(2017年7月期)
14億8,000万円(2016年7月期)
18億7,000万円(2015年7月期)
13億2,000万円(2014年7月期)
15億6,000万円(2013年7月期)
代表者 代表取締役 河野 富美男
事業所 【本社】
埼玉県久喜市下早見1591番地

【東京営業所】
東京都荒川区
沿革 1966年12月 埼玉県久喜市に(有)河野解体工業を設立
1972年7月 (有)河野解体工業を株式会社化
1976年9月 金属資源の加工販売を目的として第一金属(株)を設立
1983年7月 (株)河野解体工業が産業廃棄物処分業の新規許可を取得
2003年7月 (株)河野解体工業が廃棄物再生事業者の登録を受ける
2005年12月 河野富美男が(株)河野解体工業の代表取締役に就任
2006年1月 (株)河野解体工業がISO14001の認証を取得
2006年6月 建設廃棄物の中間処分・リサイクルを目的として埼玉エコロジー(株)を設立
2006年7月 第一金属(株)が産業廃棄物処分業の新規許可を取得
2009年3月 埼玉エコロジー(株)が産業廃棄物処分業の新規許可を取得
2014年5月 埼玉エコロジー(株)が廃棄物再生事業者の登録を受ける
ホームページ http://www.kawano-kaitai.com/kawano_kaitai/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)