第一三共バイオテック株式会社
ダイイチサンキョウバイオテック
2021

第一三共バイオテック株式会社

第一三共グループ/医薬品/ワクチン製造/北里第一三共ワクチン
業種
医薬品
本社
埼玉

私たちはこんな事業をしています

2019年4月、「北里第一三共ワクチン」から、「第一三共バイオテック」として、新たなスタートをきります。これまで通り、「第一三共グループ」の一員として、ワクチンの安定供給を担い、ワクチン事業を支えていくと共に、ワクチンで培ったバイオ基盤技術を活用し、新規バイオ医薬品の製造にも貢献していきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

新たなる挑戦

当社は、「バイオ生産技術の向上に努め、ワクチンの安定供給を達成すると共に、バイオ医薬品の製造に取り組むことにより、第一三共グループの利益創出と発展に貢献する」ことをMissionとして掲げています。第一三共グループの2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」の実現に向けて、バイオ基盤技術の観点から貢献していきます。具体的には、第一三共のバイオ研究部門と連携し、治験原薬・中間体のパイロットスケールでの製造・供給を行うとともに、実験室製法からプラント製法へのスケールアップ検討等を行っていきます。

仕事内容

高品質なワクチンを安定的に供給し保健衛生の向上に貢献します。

ワクチンは、治療用の医薬品とは異なり、健康な方に広く用いられます。それゆえ、有効性はもちろん、高い安全性が求められます。ワクチンは、通常、細菌やウイルスを培養したものを出発材料にして、精製工程など様々な過程を経て、ワクチン原薬が作られます。ワクチン原薬は、必要に応じて希釈や混合などが行われ、充填、包装などの製剤化工程を経て市場へ出荷されます。なお、各製造工程や最終製品においては、厳しい品質管理試験が課せられます。また、製品の改良、新製品の開発にも積極的に取組んでおり、様々な業務に携わる機会が与えられることも魅力のひとつです。

会社データ

事業内容 ワクチンを主体とした医薬品、医薬品の原薬、中間体、治験薬、治験原薬等の受託製造および試験、研究の受託

【主な製品】
・インフルエンザHAワクチン「第一三共」1mL
・インフルエンザHAワクチン「第一三共」シリンジ0.5mL
・はしか風しん混合生ワクチン「第一三共」
・おたふくかぜ生ワクチン「第一三共」
・スクエアキッズ皮下注シリンジ
・沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド「第一三共」
・沈降破傷風トキソイド「第一三共」シリンジ
設立 2018年8月1日(事業開始2019年4月1日)
資本金 5,000万円
従業員数 381名(2019年4月1日現在)
売上高 126億円(2017年度)
代表者 代表取締役社長/白澤 邦内
事業所 〒364-0026
埼玉県北本市荒井6丁目111番地
ベトナム国「保健大臣賞」受賞 2013年より独立行政法人国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクトとして、ベトナムに「麻しん(はしか)・風しん」の製造技術移転を行ってきました。2017年9月、ベトナム国の医療発展に多大な貢献をしたとして、その功績を称える最も名誉ある「保健大臣賞」を受賞しました。
ISO14001認証取得 2018年1月、ISO14001認証を取得しました(マルチサイト認証)。すべての事業活動における環境負荷と環境リスクの低減、気候変動への対応などに取り組むことで環境経営を推進しています。
第70回「保健文化賞」受賞第14回「JICA理事長表彰」受賞 ベトナムでの感染症の蔓延防止に貢献したとして、2018 年10月、第一生命保険株式会社が主催する第70 回「保健文化賞」を、また、国際協力機構(JICA)より第14回「JICA理事長表彰」を受賞しました。
第一三共バイオテック株式会社として新たなスタート 2019年4月、北里第一三共ワクチンの生産および生産技術を機能を新たに設立した第一三共バイオテックに承継し、生産機能子会社として新たにスタートします。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)