昇仙峡ロープウェイ株式会社
ショウセンキョウロープウェイ
2021
業種
その他サービス
本社
山梨

私たちはこんな事業をしています

【説明会随時開催中】私たちは、山梨県甲府市北部に位置する山梨・秩父多摩甲斐国立公園の昇仙峡にて、ロープウェイを運営しています。1964年の創業より山麓仙娥滝駅と山頂パノラマ台駅を結び、多くのお客さまに美しい渓谷をお楽しみいただいています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

360度広がる大展望台へとつながる昇仙峡ロープウェイを運行中!

昇仙峡ロープウェイは、山梨・秩父多摩甲斐国立公園である昇仙峡の山麓仙娥滝駅と山頂パノラマ台駅を結ぶロープウェイを運営しています。1台46人乗り(ガイド含む)ゴンドラは、2つの駅を同時に発車し20分ごとに運行(混雑時は5・10分ごと)しており、中間点ですれ違います。ロープウェイ山頂はパノラマビューの絶景とパワースポットの宝庫で、1964年の運行開始より多くのお客さまにご利用いただいています。山頂からは、山梨に存在する日本の高峰1位 富士山、2位 北岳、3位 間ノ岳(あいのだけ)の山々が一望でき、大自然のドラマを満喫できます。

施設・職場環境

昇仙峡とともに半世紀!地域に愛されるロープウェイです

1964年のロープウェイ建設当初は道が非常に狭く、大型ヘリコプターで大量の資材を運ぶなど、多くの困難をのりこえてスタートした昇仙峡ロープウェイ。初代1号器ゴンドラの「ふじ」から「オールリ」、2号器は「らかん」から「やまばと」へと愛称を変えながら24年間働き続け、お客さまに親しまれてきました。そして1988年より、現在のスイス製ゴンドラ1号器「福ちゃん」、2号器「ゆめちゃん」が活躍しています。この名前は山頂の守り神である「福仙人」に親しみを込めて、お客さまに名づけていただいたものです。私たちは、山頂パノラマビューの絶景と数々のパワースポットを安全・快適につないでいます。

会社データ

事業内容 ロープウェイに依る旅客輸送と、その施設内での食堂・売店経営業
設立 1964年10月
資本金 4,000万円
従業員数 12名
売上高 18,026万円(平成30年度3月実績)
代表者 鈴木 康彦
事業所 本社 山梨県甲府市猪狩町441
沿革 1964年10月 設立
1964年11月 運転開始
ホームページ http://www.shousenkyo-r.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)