中外テクノス株式会社チュウガイテクノス
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
重電・産業用電気機器/その他サービス/情報処理
本社 広島

先輩社員にインタビュー

分析技術室
市川 加奈子(24歳)
【出身】名城大学  農学部 生物環境科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 環境中の有機化合物の分析業務を担当
中部支社の分析チームは、水質を検査するグループと有機化合物を扱うグループに分かれています。私は有機グループに所属し、排水や環境水中の揮発性有機化合物、排ガス、環境大気などの分析を行っています。具体的には、お客様や社内の担当部署からサンプルを受け取り、ガスクロマトグラフィーなどの装置を使って分析し、その結果を報告書作成部署に連絡するという流れ。分析と聞くと、イスに座って黙々と…というイメージが強いようですが、実際はほとんど立ちっぱなし。結構体力も必要なんですよ。
私は農学部出身なので、化学の知識には自信がありませんでしたが、入社1年目に基本的な分析項目が多い水質グループに所属し、分析の基礎を勉強。2年目から現在の有機グループへ異動しました。おかげで無理なくスキルアップができました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「Zスコア0(ゼロ)」の評価が、大きな自信につながった
入社から半年経ったころ、COD(化学的酸素要求量)のクロスチェックを行いました。クロスチェックというのは、同一のサンプルを複数の分析機関に配布し、定められた分析方法でデータを集めて解析を行うというもの。標準的な分析方法の確立や技術者のスキルチェックなどを目的に実施されます。
CODの分析はそれまでに何度も経験しましたが、まだ自分のスキルに自信が持てるほどではありません。私が出した結果に対して後日評価が送られてくるのですが、それを待つ間はずっと不安でいっぱいでした。ところが届いた評価を見てみると、そこには「Zスコア0」の文字が。Zスコアは分析値の信頼性を表す指標で、0に近いほど精度の高い分析が行われたこと示しているんです。チームの先輩からも「すごいね!」と褒めてもらい、大きな自信になりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 充実感を得られる仕事につきたい。私にとってそれが「分析業務」だった
大学時代に、「分析や実験に没頭していると、あっという間に時間が過ぎた」という経験が何度もありました。同じ働くなら、そうした充実感が得られる仕事につきたいと考えるようになったんです。そこで就活では、化学系の技術者に絞って探していました。そんな時、教授から紹介を受けたのが中外テクノスです。初めて聞く社名でしたが、同じ農学部出身の先輩が活躍しているという話を聞き、「化学系の学部出身でなくても大丈夫なんだ」と勇気づけられた思いでした。
地元である名古屋での就職を考えていたので、「広島本社の企業であれば、ゆくゆくは転勤もあるかもしれない」という不安もよぎりましたが、面接で「希望がない限り転勤はない」と説明を受け、迷いも解消。休日などの待遇が希望通りだったこともあり、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 分析技術職(現職・現在2年目)

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事の中身 とことん地球環境に貢献する仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まずは仕事選びの優先順位をはっきりさせることが大切だと思います。職種ややりがい、給与や休日などさまざまな要素がありますが、何を重視するかは人によって異なりますから、自分自身の価値観をしっかり分析して、判断して欲しいですね。そして「これだけは譲れない」という条件があるなら、絶対に妥協しないこと。私の場合、プライベートを大事にしたかったので、休日を重点的にチェックしていました。土日がしっかり休める今の生活は、希望通りでした。

中外テクノス株式会社の先輩社員

インフラ系構造物の点検業務と、収集した点検データの整理を担当

工業エンジニアリング事業部 東京支社 技術部
堤 隆之介
福岡大学 工学部 建築学科

非破壊検査技術で、プラント設備や構造物の安全稼動を支える

構造物エンジニアリング事業本部 技術部
篠原 知宏
日本大学 理工学部 物質応用化学科

やりたいと思っていたCAE業務。振動や水圧など物理現象を解析しています

CAE部解析課
松岡 謙太朗
愛媛大学 大学院 数理物質科学専攻

ダイオキシン類分析の「極微量分析」で社会に貢献できる!

環境事業本部 本部環境事業センター 分析技術室
佐藤 薫子
福岡大学 工学部 化学システム学科

工場などで使われる検査装置の改良・設計を担当しています

電機システム事業本部 産業装置システム部 設計課
松井 拓磨
岡山理科大学 大学院 工学研究科 知能機械工学専攻

地球環境を守るための大気・水質計測機器を販売・保守メンテする仕事です。

営業部 営業第三課
津秋 達哉
近畿大学 理工学部 生命科学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる