丸全昭和運輸株式会社
マルゼンショウワウンユ
2021

丸全昭和運輸株式会社

【総合物流/海運・陸運・航空・通関・倉庫 等】
  • 株式公開
業種
陸運(貨物)
海運/倉庫/航空/各種ビジネスサービス
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

私たちは、海運・陸運・空運すべての分野でワールドワイドなサービスを提供し、総合物流企業として幅広いお客様から信頼をいただいています。中でも、単なる運搬、配送だけではなく、資材・部品の調達から配送、保管、包装、流通加工に至るまで、お客様の物流業務全体を請負う3PL(サードパーティ・ロジスティクス)の分野が好調で、独自に構築した『MLPシステム』でさらなる事業拡大を目指しています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

3PLを進化させた独自の『MLPシステム』で信頼を獲得

海・陸・空すべての物流業務を網羅し、グローバルなネットワークと先進の情報システム、1931年創業以来の豊富で多岐にわたる実績に基づき、3PL(サードパーティ・ロジスティクス)を核とした総合物流事業を展開する当社。独自の3PL情報システム『MLPシステム』は、すべてのプロセスを一元的に管理し、お客様の大切な貨物情報をWEB上にてリアルタイムに公開するなど、物流の可視化を実現した画期的なサービスで、すでに数多くのお客様の業務効率化やコスト削減に貢献しています。今後もグローバルな物流マーケットでの競争力を強化し、お客様から信頼されるロジスティクス・パートナーとしての地位を確立していきます。

戦略・ビジョン

物流の力で未来を変える、物流の進化系をさらに追求

「物流に悩むことなく、本業に集中したい」と考えるお客様の頼れるパートナーになる、それが当社のマインドです。社会インフラとして、なくてはならない物流。これまで培ってきたお客様との信頼関係と3PLという新たな強みを活かし、今後もお客様の視点に立った物流サービスを提供し、さらに多くのお客様のビジネスを成功に導くことが当社の使命です。長年の歴史と実績を大切にしながら、新たな発想で物流ビジネスの可能性にチャレンジする当社にとって、何より大切なのは人材。お客様満足度のために常に前向きに努力できる人、自ら考え自ら動ける主体性を備えた人材が活躍できるフィールドはますます広がっています。

社風・風土

先輩がマンツーマンでサポート、「ブラザー・シスターシステム」

多くのお客様から当社が信頼されている理由。そのひとつが「人材」です。物流ビジネスにおいて、最も大切なのは「人」。お客様第一主義を掲げる当社では、人材育成こそがビジネスの基本だと考えています。物流のプロを育成するための数々の研修の中でも、「ブラザー・シスターシステム」はそれぞれの部署に配属後、1年間のOJTを先輩社員がマンツーマンでフォローする体制で、仕事だけではなく、どんな相談にも乗ってくれる先輩の存在が心強いと社員からも好評です。またジョブローテーション制度や海外研修制度など、一人ひとりの個性を活かしたキャリアアップを実現できる環境を用意しています。

会社データ

事業内容 総合物流業及び関連事業
◎貨物自動車運送事業
◎貨物利用運送事業
◎港湾運送事業
◎通関業
◎倉庫業
◎海上運送事業
◎構内作業及び機械荷役事業
◎建設業
◎梱包業
◎航空運送代理店業
設立 1931年8月17日
資本金 100億8576万円
従業員数 1268名(2019年1月31日現在)
平均年齢 41.5歳(2019年1月31日現在)
平均勤続年数 16.7年(2019年1月31日現在)
売上高 870億9600万円(2018年3月期)
831億1700万円(2017年3月期)
776億2100万円(2016年3月期)
780億8100万円(2015年3月期)
741億9300万円(2014年3月期)
713億4800万円(2013年3月期)
720億5200万円(2012年3月期)
707億4400万円(2011年3月期)
661億5600万円(2010年3月期)
756億1400万円(2009年3月期)
789億4500万円(2008年3月期)
757億1100万円(2007年3月期)
経常利益 61億2600万円(2018年3月期)
54億500万円(2017年3月期)
49億3900万円(2016年3月期)
44億6100万円(2015年3月期)
38億9600万円(2014年3月期)
36億9300万円(2013年3月期)
37億9400万円(2012年3月期)
30億7700万円(2011年3月期)
21億8300万円(2010年3月期)
27億8500万円(2009年3月期)
36億9300万円(2008年3月期)
34億6000万円(2007年3月期)
代表者 代表取締役社長 浅井 俊之
事業所 本社/横浜
支店/東京、神奈川、愛知、大阪、茨城
営業所/全国182ヶ所
海外/ロサンゼルス、香港、釜山、北京、上海、徐州、広州、台北、重慶、バンコク、
   シンガポール、ミュンヘン、ホーチミン、ジャカルタ、ジョホールバル、メキシコ
主な取引先 (株)カネカ、キャタピラージャパン(株)、JFEスチール(株)、昭和産業(株)、昭和電工(株)、日本ユニカー(株)、富士フイルム(株)、三井化学(株)、三菱重工業(株)、(株)LIXIL 他
沿革 1931年 丸全昭和組設立
1947年 商号を丸全昭和運輸(株)に変更
1963年 東証一部上場
1967年 関西支店、鹿島支店開設
1969年 千葉支店開設
1971年 中部支店開設
      国際航空貨物取扱業務に進出
1974年 ロサンゼルス、香港に現地法人設立
1982年 輸出梱包センター開設
1985年 北京事務所開設
1986年 京浜支店開設
1987年 東京海運支店開設
1989年 大黒青果センター開設
1995年 上海事務所開設
1996年 シンガポールに現地法人設立
1999年 川崎支店開設
2000年 千葉支店を分社し、丸全京葉物流(株)設立
2002年 トラック事業を分社し、新子会社5社を設立
2004年 3PL事業システム(MLPシステム)本稼働
2006年 関東支店開設
      丸全港運(株)設立
2007年 ミュンヘン駐在員事務所開設
2008年 杉戸流通センター開設
      丸全テクノパック(株)設立
2010年 丸全昭和(広州)物流有限公司が中国国内において貨物自動車運送事業を開始
          ベトナムに現地法人設立
          鹿島タンクターミナル(株)設立
2011年 丸全トランスパック(株)設立
      物流品質環境部開設
2012年  釜山事務所開設
2013年 横浜海運支店開設
2015年 丸全電産ロジステック(株)設立
2016年 韓国に現地法人設立
2018年 鹿島バルクターミナル(株)設立
認定・認証取得 ・認定通関業者(AEO制度)
・特定保税承認者(AEO制度)
・ISO14001認証(19事業所)
・ISO9001認証(8事業所)
・ISO27001認証(4事業所)
・グリーン経営認証(18事業所)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)