株式会社 建築設備設計研究所ケンチクセツビセッケイケンキュウショ

株式会社 建築設備設計研究所

設備設計/建設/ECO/CM業務/機械設備/電気設備/保守運用/環境
業種 建築設計
建設/建設コンサルタント/設備・設備工事関連/住宅
本社 東京

先輩社員にインタビュー

環境設計部
越後 貴弘(27歳)
【出身】東海大学  工学部 建築学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 複合施設の建築プランに合った設備システムを考える。
さまざまな設備やテナントが入った複合施設は
建築プランが複雑であり、それにともない
設備機器の設置やスペース確保も難しくなりがち。

私の役割は、担当している複合施設に最適な
設備システムを考え、必要なスペースを検討し、
ダクトや配管のルートを整えながら
図面として形にしていくことです。

設備は建物内で目に留まるものではありませんが、
より快適な室内環境や環境配慮・省エネなどを
実現するために不可欠な要素。
奥深く、工夫しがいのある仕事だと思っています。

今の案件はもうすぐ終了予定で、現在は
微細な修正・調整を行っている段階。

中には数年かかる案件もあり、
私たちは基本的に複数案件をかけもちして
同時並行で進めていくことになります。
私も、次は図書館の案件が待っているんですよ。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
頼れる先輩たちがいてくれる安心感。
小さなことかもしれませんが、
先輩や上司がいつも近くにいて
助けてくれる環境というのは、とても助かります。

私は中途入社で
前職も同じ職種だったのですが、
前の会社は事業規模が小さく、
社内にあまり人がいない中で
不安なまま作業することが多々ありました。

今の会社では、わからないことを
社内の先輩にすぐ確認できるので、
知識やノウハウもすぐ身につきますし、
自分の作業が正しいのか間違っているのか
あいまいなままということも一切なし。

とはいえ、図面を見た現場の施工者から
ミスを指摘されたりすることもあるので、
先輩たちに頼ってばかりでなく、
もっと知識と経験を身につけ、
精度をあげなければいけません。
自分の課題を見つけ成長できることに、
大きなやりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き スペシャリストとして成長できる環境に、身を置きたかった。
12月頃から就活を始め、
勢いよく説明会に参加していたのですが、
なかなかうまくいかず、6月頃に
プツリと糸が切れ、ストップ。
そこから一切就活せず、8月にふらりと
前職の説明会を受け12月に内定。
社会人デビューとなりました。

しかしあまり先輩とのコミュニケーションがとれず、
自分が要領良く業務をこなせているかどうか
自信が持てなかったことなどもあって転職を決意。

その点、今の会社は
有名な建築物の設計も請け負っており、
新しいシステムや技術を取り入れることにも
積極的なイメージでした。

社内にその道のスペシャリストが多数在籍し
誰にでも質問や相談できる環境であること、
スポーツ大会や飲み会・食事会といった
業務以外の交流が多いことなどにも
魅力を感じ、ぜひ入社したいと思ったんです。
 
これまでのキャリア 2017年4月 中途入社(前職…機械設備設計職)
2017年4月 機械設備設計職として環境設計部に配属

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 将来独立を目指せる仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は就活で自分のペースを見つけられず、
結果、うまくいきませんでした。

スタートダッシュは決めたものの、
数社落ちてモチベーションが低下。
新たに説明会エントリーから始め直すのが
面倒になってしまったんです。
そしていったん停滞すると元に戻れず、
そのままズルズルと就活期間だけ
長く伸びてしまう…

焦った方が良いのか焦らない方が良いのか
それは人によるとは思いますが、
無理をせず、自分なりのペースで
進めていけると良いですね。

株式会社 建築設備設計研究所の先輩社員

大型施設に電気配線を通す図面作成。

環境設計部
山本 篤
中央工学校 建築学科

オフィスビルや病院に最適な照明を図面に落とし込む。

環境設計部
小関 守弘
関東学院大学 理工学部 情報ネットメディアコース

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる