旭興産株式会社アサヒコウサン
業種 機械
医療機器/プラント・エンジニアリング/設備・設備工事関連/その他製造
本社 山口

先輩社員にインタビュー

機械システム事業部産機技術部
田中 克弘(27歳)
【出身】山口大学大学院  工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 生産設備づくりを通して設計業務の肩慣らし中
現在はまだ入社から日が浅いこともあって、図面作成の肩慣らしというか、練習を兼ねた仕事を担当しています。具体的には、社内で生産する電子基盤の組み立て装置、その生産現場で活用される安全策の設計を担当しています。基本的には構造もシンプルで手がけやすい仕事ではあるのですが、それでも現場の環境をしっかりチェックして、設備の動線に干渉しないか、といった様々な要素を判断してから図面の作成を行わなくてはなりません。今後の本格的な機械設計へのステップアップに向けて、基本的に必要となる考え方などについて、まずはしっかりと身につけていきたいですね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ロボットの設計を通して「機械が生まれる瞬間」を実感!
以前「ロボットハンドの製作」に関わらせていただいたことがありました。コンビニエンスストアの仕分けセンターで活躍する設備の試作機だったのですが、構想図は上司が作成し、その組立図や部品の詳細設計図の作成を担当させていただきました。この図面をもとに実際に試作機が作られたのですが、自分の作成した図面が実際にロボットとして世の中に生まれてくるプロセスを見た時には、素直に感動しましたね。学生時代から図面作成そのものは馴染み深い作業ではあったのですが、「実際にモノが作られる」経験は稀で、こうして様々な機械や設備が生み出されていくんだな、と感動しました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 「ものづくりの現場」が身近にある環境が魅力
大学では主に解析を学んでいたのですが、実際に「図面を作成してモノを作る」という仕事を手掛けてみたかったんです。当社は開発部門の間近に工場があり、ものづくりの工程を間近に見られる点が非常に面白いですね。組み立て担当の方と意見を交わすことで設計上の新しい課題が見つかったりと「作る現場が近い」ことのメリットは非常に大きいと感じています。また社員同士がとても話しやすいムードもいいですね。どんな業務を担当されている方とも気軽に雑談できますし、コミュニケーションが取れる機会も豊富。いろいろな意見に接することで、自分の感覚も磨かれていると思います。
 
これまでのキャリア 産機技術部(現職・2年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分は大学で研究ばかりに打ち込んでいて、それが活かせる場にこだわったために就職活動が逆に難しくなってしまった印象があります。まず様々なモノを見て、どんどん選択肢を増やしていくほうが正解だったかもしれないと感じますね。なので皆さん、どんどん説明会やインターンシップに参加してください!

旭興産株式会社の先輩社員

チームワークを活かした発想力で勝負!

機械システム 技術部係員
玉重 浩平
近畿大学 工学部情報システム工学科

私たちの生活を支える製造工場

プラント事業部係員
伊藤 光成
大島商船高等専門学校

自社製品を含め、様々な機械の設計業務

開発部
藤本 裕己
京都工芸繊維大学 機械システム工学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる