旭興産株式会社
アサヒコウサン
2021
業種
機械
医療機器/プラント・エンジニアリング/設備・設備工事関連/その他製造
本社
山口

私たちはこんな事業をしています

■境界領域の技術協力で、新しいモノを創り出す力となる。

旭興産はロボット・医療・プラントなど様々な業界に向けて、
過去に蓄積した豊富なノウハウを活用した技術力で「新しいモノづくり」をささえています。
数多くの企業のパートナーとして、新商品開発や生産体制構築など
「新たなことに挑戦する力」を提供する、独自のスタンスを持つ企業です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

私たちのテーマは、新たな分野の産業の創出にあります。

技術立国と呼ばれる日本には、数多くのメーカーが存在します。ただ現状、超大手と位置付けられる企業も含め、そのほとんどが「専門領域」を持ち、それぞれの分野で技術やノウハウの蓄積を競っています。しかし社会のあらゆる要素が急速に変化している今、新しい価値とは「従来の延長」に存在するものではありません。自社技術のみでは持ち得ない観点。できないモノづくり。それらを補う「境界領域」の技術を取り込むことが、今後の「新しいモノづくり」には求められてくるのです。私たち旭興産のフィールドは、まさにこの部分。多彩な製造事業に技術協力し続けてきたからこそ磨かれた広範な要素技術で、顧客の「挑戦」に必要な力を提供します。

事業優位性

「これまでなかったモノ」を現実化する、豊富な技術的ノウハウ

医療・生化学機器。自動化システム。各種産業機械。半導体製造装置。プラント建設・メンテナンス。再生可能エネルギー。私たちの所有技術は、極めて多岐に渡ります。そして顧客の抱えるテーマに、これら技術の活用やコーディネイトを通して、確実な成果をお届けします。例えば、当社がある鉄鋼メーカーさんと共同開発した「DNAチップ自動検査装置」では、先方が開発したDNA固定化チップの技術を医療現場で活用できる製品の形にまとめ上げていくため、当社の有する設計技術や製造技術が大きな役割を果たしました。これは顧客だけでは、そしてもちろん当社だけでも成し得なかったモノづくりの例。そして当社が発揮する「存在価値」の例です。

仕事内容

あらゆる産業の最先端に接し、時代の流れを実感できる環境

旭興産の社員は、各々が配属された分野で、蓄積してきた力を活かし、取引先となる様々な企業の技術業務に関わっていきます。その課題は毎回異なり、その経験がまた次の仕事へと繋がっていきます。テーマは量産化や効率化の実現であったりと、常に「最新の」技術業務というワケではありません。むしろ先方の新たな展開、また産業の新たな一歩に寄与する「最先端の」技術業務という方が適切です。様々な声を聞き正解を探していくプロセスは、常に時代の変化を感じさせてくれるもの。新しい価値を構築するために挑戦を続ける環境は、ある種ベンチャー企業的とも感じられるでしょう。旭興産には、他とは違ったタイプのやりがいや面白さがあるのです。

会社データ

事業内容 ■技術的提案・開発協力による事業活動の支援

1950年の創業以来、当社は極めて幅広い顧客のもとで機械や機器の開発、また設備の建設やメンテナンスなどの技術業務を手がけてきました。主な取扱品目・サービスとしては、以下が挙げられます。
・1…フラットパネルディスプレイ・太陽電池・半導体製造装置
・2…製造業に必要となる、各種産業機械・自動化システム
・3…各種プラントの機器製作、配管、据付、電気・計装工事、メンテナンス
・4…太陽光発電所等発電設備・電源設備の建設、メンテナンス
・5…医療機器・バイオ関連機器の開発・製造
これらのノウハウを活用した、顧客の課題解決が当社の事業。その形は一つではなく、仕事の中身も対象も非常に多岐にわたっています。

【仕事の実例】
・DNAチップ自動検査装置の共同開発
・製品の自動組立ラインの製作、画像認識ロボットシステムの製作
・搬送装置、ハンドリング設備等各種製造設備の製作
・新素材の製造設備製作
…これらが具体的な当社の仕事の例の一部。お客様の新工場・新製品として報道されることもしばしばあります。また報道されなくとも、それぞれの取引先にとっては、新たな展開に踏み出すための重要な転機といえるもの。
多彩な技術と手段、ノウハウやネットワークを駆使して「産業が動く」「新たな展開が生まれる」「次のステップに進む」ことをサポートしていく。これが旭興産、独自の事業です。

■元気なモノづくり中小企業(2009年 経産省)
■地域未来牽引企業(2017年 経産省)
■やまぐち健康経営企業(2018年 山口県知事)
■山口県産業技術特別褒賞受賞(2018年 山口県知事)
設立 1950年(昭和25年)2月
資本金 6400万円
従業員数 170名
売上高 42億円(2018年1月期実績)
代表者 代表取締役社長 上田文雄
事業所 ■本社/山口県岩国市長野1815-7
■機械事業部門/機械システム事業部・岐阜工場・エコシステム事業部
■プラント事業部門/岩国事業所・松山事業所・周南事業所・千葉出張所・三原出張所
■関連会社/安徽預立興川機器人技術有限公司
企業コンセプト ■社是
健康・信頼・挑戦
ALINE spirit

■ALINE spirit
Advance(先進主義)
Logical(論理的思考)
Interest(強い関心力)
Notice(気づき能力)
Efficency(効率意識)

■スローガン
先進技術の協創パートナー 旭興産株式会社

■経営理念
生産性・人間性・社会性の調和を図り、
「グローバルな技術立社企業」をめざします。
主要取引先 【エネルギー】
出光興産株式会社、コスモエンジニアリング株式会社、コスモ石油株式会社、日本コークス工業株式会社
【化学】
積水化学工業株式会社、東ソー株式会社、日本ゼオン株式会社、三井化学株式会社
【機械・プラント】
株式会社浅野研究所、岩谷産業株式会社、株式会社大岩マシナリー、キヤノン株式会社、サンワテクノス株式会社、シャープ株式会社、積水エンジニアリング株式会社、第一実業株式会社、月島機械株式会社、月島テクノマシナリー株式会社、帝人エンジニアリング株式会社、東レエンジニアリング株式会社、日揮プラントイノベーション株式会社、マツダエース株式会社、三井造船株式会社、三井造船プラントエンジニアリング株式会社、三菱重工業株式会社、安川エンジニアリング株式会社、株式会社安川電機
【住宅】
積水ハウス株式会社
【医療】
武田薬品工業株式会社、テルモ株式会社

他多数
沿革 1950年 錦興産株式会社設立
1950年 旭興産株式会社に名称変更
1952年 機械製造部門に進出
1957年 石油化学工業装置部門に進出 岩国事業所開設
1960年 松山事業所開設
1963年 三原事業所開設
1964年 徳山事業所開設
1971年 岐阜事業所開設
1977年 徳山工場開設
1984年 岩国工場開設
1999年 本社を岩国工場内に移転
2003年 ISO9001認証取得
2004年 光工場開設
2008年 岐阜工場開設
2009年 経済産業省 2009年元気なモノ作り中小企業300社に選出
2011年 山口県産業技術振興奨励賞県知事賞受賞
2012年 エコシステム事業部設立
2012年 中国に子会社、上海愛来音自動化設備有限公司を設立
2014年 千葉出張所開設
2015年 中国子会社を合弁化、安徽預立興川機器人技術有限公司設立
2017年 医療機器製造業登録
      中国事業推進のため海外事業部を設立
      経済産業省 地域未来牽引企業に選定
2018年 山口県 やまぐち健康経営企業に認定
      山口県産業技術特別褒賞受賞
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)