原燃輸送株式会社
ゲンネンユソウ
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

原燃輸送株式会社

インフラ/原子力
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • 正社員
業種
エネルギー
電力・電気/プラント・エンジニアリング/機械設計/その他サービス
本社
東京

先輩社員にインタビュー

技術部 技術統括グループ 兼 船舶建造グループ
伊藤 覚(26歳)
【出身】東京工業大学大学院  理工学研究科 原子核工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 放射性廃棄物運搬船の設計と建造監理
当社の重要な設備の1つである運搬船の新造に向けて、造船会社と仕様調整をしています。より安全性の高い輸送を目指し、最新設備の導入や、操船性・居住性に配慮した機器配置などを検討しています。大学では原子力工学を専攻していたので、船のことは全くの素人でしたが、数日間の乗船や、社外研修、実際の図面との格闘や造船の専門家との意見交換などなど、日々新しい発見があります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分たちのイメージしたものが出来上がっていく感動
当社では、船の図面を一から描くことはありませんが、放射性廃棄物運搬船ならではのスペシャルオーダーについては、造船会社とじっくりと協議をします。そこで協議した姿が、新しい図面に反映され、その図面が実際のモノになっていく様子を見るのは感動的です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 専攻していた原子力工学と漠然と憧れていた輸送業界の良いとこ取り
大学では原子力発電所の安全性向上を研究していたこともあり、高い安全性が要求される航空機や鉄道、船にも、学んだ知識が活かせるのではないかと思うことがありました。就職活動の際には原子力関係の会社・団体はもちろんのこと、輸送の業界のことも調べていました。そんななか、原子力と輸送の両方を実現できる原子燃料の輸送会社に巡り合い、まさに自分の探していた会社だと直感しました。
 
これまでのキャリア 2016年 技術部 技術統括グループ 兼 船舶建造グループ
2019年 技術部 設備計画グループ

この仕事のポイント

仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

採用担当も面接官も人間です。積極的に情報を発信しなければ、加点も減点もできませんから、失敗を恐れずに行動しましょう。説明会などでは、最低限の礼儀、周囲への配慮さえあれば、どんどん意見交換することをお勧めします。少なくとも積極的な学生に対して、マイナスなイメージを抱くことはありません。

原燃輸送株式会社の先輩社員

放射性廃棄物の輸送に必要な手続き、現場での確認作業

輸送部 輸送グループ
藤岡 諒

輸送計画の"設計者"

輸送部 計画グループ
杉村 英慧

主要会議の運営や法務業務などの縁の下の力持ち

総務部 総務グループ
坂田 蘭

掲載開始:2020/03/01

原燃輸送株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

原燃輸送株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)