マルマ機工株式会社マルマキコウ

マルマ機工株式会社

設計/整備/メンテナンス/発電/水素/産業/インフラ/マネジメント
業種 機械
設備・設備工事関連/機械設計/安全・セキュリティ産業/メンテナンス・清掃事業
本社 東京

先輩社員にインタビュー

東京営業所
小俣 憲司(23歳)
【出身】神奈川大学  経済学部 経済学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ベテランの先輩から多くのことを学び、成長できる。
私の業務は、プラントや工場などで使われるポンプ、ブロワーといった機械のメンテナンスと施工管理を行うことです。摩耗してしまった部品を交換したり、汚れを綺麗にしたりといった整備も行いつつ、大型の案件であれば他の職人も巻き込んで、作業が滞りなく進むよう工程を管理します。今はまだ知らないこと、わからないことが多いので、先輩や現場の職人さんから多くのことを学んでいます。入社してからは、まず道具一つひとつの名前や使い方を覚えるところから始めました。機械をメンテナンスし復旧させることで、自分も“生産”の一部に携われていることを実感できます。ベテランの先輩のもと、日々スキルアップしながら成長できる環境なので、とても充実感がありますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
距離が近く、なんでも相談できる先輩。
日々自分にできることが増えていくのが、なによりうれしいです。私は文系出身で、入社するまでは機械メンテナンスに関する知識もスキルもほとんどありませんでした。そんな私が入社1年目で大きな成長を実感できたのは、周りに多くの先輩がいるおかげだと思います。当社はベテランの先輩が多く、私にマンツーマンで付いてくれている先輩もこの道何十年という大ベテラン。わからないことはその場ですぐに教えてくれます。また、協力会社の職人さんたちとも非常に距離が近く、日々いろいろなことを吸収できます。質問を繰り返すうちに自然と周囲の人たちとのコミュニケーションが生まれるので、すぐに現場になじむことができました。今でもわからないことはたくさんありますが、毎日新しい発見があり、新しい考え方も見つけ出すことができています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大きな案件にも携われるやりがい。
もともとバイクが好きで、機械をメンテナンスすることにも興味がありました。また、学生時代に自動車整備士の父の仕事を手伝ったこともあって、機械を扱う仕事に徐々に魅力を感じるようになりました。そんなときに出会ったのが、マルマ機工です。面接で本社を訪れた際、大型案件の事例なども紹介してもらい、「自分も大きな機械をメンテナンスできるようになりたい」と入社を決めました。私は「自分の仕事に興味を持つ」ということはとても大切だと思います。興味があることは、勉強にも身が入りますし、新しいことにも積極的にチャレンジできるからです。そういった意味で、マルマ機工は私にぴったりの職場でした。機械いじりやバイクが好きという人も多いので、プライベートな話が弾むのもうれしいですね。
 
これまでのキャリア 2017年4月新卒入社→施工管理職

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

個人的には、職種は絞らずいろいろな仕事を見てまわることをおすすめします。私自身も、就活を始めた当初はこの仕事に就くことは考えてもいませんでした。どんなにやりたいことが明確に決まっていたとしても、自分が思い描く理想と、実際の仕事が100%同じであることはあり得ません。譲れない条件だけを絞り、できるだけ視野を広く持ってみてください。新しい自分の道が見えてくるかもしれませんよ。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる