株式会社SK2エスケーツー

株式会社SK2

独立系IT/システム構築/WEB/要件定義・設計・開発/保守
業種 情報処理
ソフトウェア/インターネット関連
本社 東京

先輩社員にインタビュー

BS事業部
○○侑己(26歳)
【出身】芝浦工業大学  工学部、情報工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 銀行員の方が業務で使用するシステムの開発・保守に携わっています
私は、ある銀行員の方が普段使う業務システムの開発や保守をしています。システムとしては、銀行員が企業等に融資する際に、「この相手は果たして融資してもいいのか、それとも良くないのか」というのを円滑に進められるようなシステムで、具体的には「相手は返済期限までにお金を返してくれるのか?」とか「相手の資産は全体で何円程度か?」等の融資する際に判断する情報を整理して、銀行員が適切な判断を出来るようにサポートする為のシステムです。銀行員の方が使用するシステムであるため、専門知識等が多くて大変ですが、それだけにやりがいも感じられるような仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
もの作りの楽しさだけでなく、作ったものを高く評価して貰える事の嬉しさ
自分達が携わったシステムについて初めて褒められたときですね。皆で一つのものを作り上げるというのは、エンジニアとしてのやりがいであり仕事を楽しむ為の一つだと思っていますが、お客様に依頼されてシステムを作っている以上、お客様はその製品の品質を評価するので、「使いやすい」等の良い評価を頂いたときは、「このシステムに携わることが出来てよかったなぁ」と思えました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 企業の人と直接会話することで、よりリアルな社風を知ることが出来た
実際に企業説明会に参加した際に、自分の求めていたものと近かったからというのが一番ですね。どんな企業であっても、やはりHPやパンフレット等の表面的な説明だけだと、いまいち分からないことも多くなると思います。なので、説明会等で企業の方の話を直接聞くことが大事だと思っていますが、特に中小企業であれば、更に企業の方と直接会話出来ることが多いので、自分の知りたいことなどを知れたということが大きかったです。そんな中で、自分の求めていたものと近かったのがこの会社であったため、入社することを決めました。
 
これまでのキャリア 入社してからは、2ヶ月の研修期間を通した後に、今のプロジェクトに参画しました。以降は、現在まで同じプロジェクトに所属しています。

この仕事のポイント

職種系統 システムエンジニア(SE)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が企業に求めていることを具体化することが大事だと思います。せっかく入社しても、自分が当初想像していたもの違っていて、そのギャップが原因で会社を辞めるのは企業も就活生も望んでいない結果だと思います。なので、企業が就活生に求めていることについて調べることも勿論大事ですが、就活生自身の目線で企業を評価してみて、自分の求める理想の企業に入社することが、就職活動後も満足な状態になると思います。

株式会社SK2の先輩社員

スピードを意識したPJT運営

BS事業部
○○渉太 グループリーダー
東洋大学 工学部 コンピュテーショナル情報工学科

今は銀行の融資システムでとてもとてもとても複雑な処理を開発しています

BS事業部
○○勇介
中央大学大学院 理工学研究科 数学専攻

金融系システムの要件定義からリリース保守、プロジェクト運営の全般

BS事業部
○○健太
東洋大学 工学部、情報工学科

お客様のマーケティング業務を行うためのシステム保守・運用・追加開発

BS事業部
○○拓斗
東京都市大学 メディア情報学部 情報システム学科

入社1年目。大手銀行のシステム入替に伴うテスト部分を担当しています。

BS事業部
松田○○○
城西大学 理学部、数学科

銀行顧客情報管理システム開発。多くの先輩たちと仕事をしています。

BS事業部
○○祐太
日本大学 文理学部 情報システム解析学科(現 情報科学科)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる