テルモ山口株式会社
テルモヤマグチ
2021
業種
医療機器
医薬品
本社
山口

私たちはこんな事業をしています

■私たちテルモ山口は、2016年1月に本格稼働をスタートさせた「テルモグループの新たな生産拠点」です。カテーテル関連製品およびドラッグ&デバイス製品というグループの中核製品を製造し、国内はもとより世界160カ国の医療現場へ製品をお届けしていきます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

テルモの生産拠点にしてグループ中核工場を山口に開設!

テルモは、第一次世界大戦の影響で輸入が途絶えた体温計を国産化するために、北里柴三郎博士をはじめとする医師らが発起人となり、1921年に設立されました。以来テルモグループは「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、各種使い切り医療機器から人工臓器など、幅広い製品づくりを通して医療に貢献してきました。テルモ山口は、グループとして国内で約30年ぶりに開設された新規工場。BCPの観点から、これまで東日本に集中していた工場を初めて西日本にも分散させた、戦略的生産拠点でもあります。グループを支える将来の中核工場として、高い品質力・技術力を蓄積していくこと。これが当社の重要な使命となります。

事業・商品の特徴

カテーテル生産体制強化のため新棟建設決定!

テルモは、中長期成長戦略を実行するうえでのポイントの一つとして「グローバル・オペレーションの強化」を掲げ、生産能力増強やグローバル生産の最適化などを進めています。特にカテーテル事業は、テルモ全体の売上の約4割を占め、全社成長を牽引しています。テルモ山口への新棟建設により、世界的に市場が拡大する血管内治療市場における事業成長を支えます。テルモはこれからも、日本発のグローバル企業として、製品・供給・サービスの質を高めたトータルクオリティーを提供し、世界の医療現場から信頼されるトップブランドを目指してまいります。

社風・風土

創業メンバーとして「地域密着型企業」を築いていく醍醐味

当社はテルモグループの中核工場であると同時に、独立した企業でもあります。転勤も無く落ち着いた環境で、山口で採用した人材が成長し、会社を動かしていく。いち企業としては、こうした「地域密着型の展開」を理想としています。その組織もシンプル&コンパクト。それぞれの職務ごとの垣根は低く、お互いが積極的に連携し、組織全体の最適解を導き出すスタイルを目指しています。会社としてスタート間もない今だからこそ、創り出すべき事・取り組んでいくべき事も豊富。創業メンバーとしての醍醐味も、テルモ山口の大きな魅力です。

会社データ

事業内容 ■医療機器・医薬品の製造
※テルモグループの中核製品である「カテーテル関連製品」、また注射器等の製品に薬剤を事前に充填した「ドラッグ&デバイス製品」が主な生産品目です。
※これら製品は現在大きく需要が拡大しており、BCP・安定供給の観点から、新たに中核生産拠点となる工場を立ち上げ、体制の強化を行うために設立されたのが当社、テルモ山口です。
設立 2011年12月
資本金 1億9500万円
従業員数 507人
売上高 非公開
代表者 代表取締役社長 坂口 至
事業所 本社/〒754-0894 山口県山口市佐山3番22

テルモグループ生産拠点

■国内生産拠点
 富士宮工場・愛鷹工場(静岡県)、甲府工場(山梨県)ほか全7拠点

■海外生産拠点 
 アメリカ、ベルギー、イギリス、中国、フィリピン、インド、ベトナム 他
工場規模 土地約9万6000m2、建物約3万6400m2 ※山口テクノパーク内
URL http://terumoyamaguchi.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)