株式会社エフアンドエム
エフアンドエム
2021

株式会社エフアンドエム

東証JASDAQ上場/経営・財務・人材コンサルティング
  • 株式公開
業種
コンサルタント・専門コンサルタント
各種ビジネスサービス/人材サービス(人材紹介・人材派遣)/インターネット関連/シンクタンク
本社
大阪、東京

私たちはこんな事業をしています

企業が成長する過程で遭遇するさまざまな課題に対して、高度な分業システムをベースに、企業が自らの力で変わることで継続的に成長するための支援をするのが私たちの仕事。日本の産業界の99.7%を占める中小企業の躍進が、日本経済の活性化には欠かせません。なので、そこには強くこだわります。企業哲学は「サービスの水道哲学」。必要とするすべての人が利用しやすいリーズナブルな価格でコンサルティングを提供します。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「サービスの水道哲学」を理念に、すべての事業者をバックアップ

【日本の事業者の99%が中小企業及び個人事業主です】日本では、一部の大企業と多くの中小企業・個人事業主が、税を含め同じ制度の下、企業活動を行っています。その結果、財務や法務など専門的なバックオフィスを持つ大企業と比較し、中小企業・個人事業主はつねに不利な状況下に置かれています。エフアンドエムは「サービスの水道哲学(下記)」を理念に、すべての事業者に、税務や財務、また人事・労務といった専門性の高い業務サービスを展開し、経営の健全化、経営のスリム化をサポートしています。バックオフィスコンサルティングの会員数は6,037社にのぼり、経理代行の会員数は66,568名を数えるに至っています。(2018年9月末現在)

仕事内容

日々のコンサルティングが経済を動かす原動力となる

一人のコンサルタントが年間に約200人もの経営者と面談を実施。財務、労務、社員教育など幅広いテーマの課題を抽出し、提案しています。経営者との一対一の面談が3時間を超えることもあり、経営者と深く関われることが、この仕事の魅力です。経営者には創業者が多く、起業の思いや、創業後の苦難などを聴く機会も頻繁にあり、経営者と対等な目線になれる環境があります。また、年間100回のプレゼンテーションや、セミナー講師、研修講師などを実施する機会もあります。「すべての仕事が個人事業主、中小企業の支援につながり、その先に日本経済の活性化がある。」一人一人がその思いを持ち、日々のコンサルティングを行っています。

魅力的な人材

6ヵ月目でチームマネージャーへ。出る杭を伸ばすのが当社の風土

エフアンドエムの企業マインドは「出る杭を伸ばす」の一言で言い表すことができます。「他社の3年を1年でマスターする」をコンセプトにした教育方針も<出る杭>を求めて行われています。年次や学歴・経歴を問わず、行われる責任者への登用は、その好例。入社わずか6ヵ月目でチームマネージャーへ、また入社6年目で事業部責任者などに登用されるケースも稀ではありません。その一方で、社員の提案をもとに新事業を次々と立ち上げています。これら新事業の責任者に、若い社員を抜擢するのもエフアンドエム流です。「人生を欲張りに生きよう」。そのエネルギッシュな生き方が、社会を変える原動力になると信じています。様々な諸制度は採用情報で。

会社データ

事業内容 ◆経営・財務・人財コンサルティング事業
中小企業の経営者は売り上げを伸ばすために日々奔走しています。ところが、売り上げの拡大だけでなく、人材の確保、従業員教育、社内規程整備、資金調達、財務体質の強化やコストダウンなど多くの課題を抱えています。どうしても後回しになりがちな、総務・労務・財務・人材育成などバックオフィスで発生する様々な課題に対して、ワンストップのコンサルティングサービスを提供しています。販路開拓やサービス開発など、経営者が売上規模の拡大のための仕事に専念できる環境を作り、バックオフィスからの利益貢献をサポートしています。

◆会計サービス事業
昨今、シェアリング・エコノミーサービスが広く受け入れられるようになったことで、ある日を境に個人事業主になる人が増えています。ところが学校で確定申告を学ぶことはほとんどありませんしルールも複雑です。ある程度の手間と知識と時間が必要になります。こうした会計というバックオフィス業務に煩わされることなく、本業に専念できる環境作りのために、私たちの会計コンサルティングパッケージをご利用いただいています。

◆士業コンサルティング事業(税理士・会計士事務所)
税理士・公認会計士は企業経営に欠かせない「お金」の専門家、社会保険労務士は社会保険の手続きなど、企業の「人」に関する専門家です。いずれも企業やそこで働く人に寄り添い、事業運営を支える重要な存在です。これら専門家による、より深くまた幅の広い支援を実現させるため、情報やノウハウの提供を中心としたコンサルティングを行っています。

◆クラウドインテグレーション事業
多くの中堅中小企業ではバックオフィスでのIT活用が課題になっています。例えば労務の分野では雇用保険や社会保険など、手書きしなければならないことによる膨大な業務量、ハローワークへの移動時間やムダな待ち時間、マイナンバー法施行にともなう適切で厳重な安全管理措置への対応など、これらすべてが電子化によって解決することができます。私たちは金融機関レベルのセキュリティ対策を備えた、クラウド型労務手続システムの開発と提供を通して、企業のバックオフィス業務の効率化をコンサルティングしています。
設立 1990年(平成2年)
資本金 9億2,706万円(2018年12月末現在)
代表者 代表取締役社長 森中一郎
従業員数 436名(2018年3月末現在)
経営方針 【サービスの水道哲学】
日本を支える個人事業主や中小企業にとって本当に価値あるサービスを低コストで提供することができれば、そして蛇口をひねると水が出るかのごとく当たり前に、企業向けサービスが受けられるようになれば、この国はもっと活性化する。
この考えを「サービスの水道哲学」と呼び、すべての事業のコンセプトとしています。
事業所 大阪本社、東京本社、名古屋支社、福岡支社、仙台支社、札幌支社、沖縄支社
売上高 63億9,478万円(2018年3月期)
平均年齢 37.8歳(2018年3月末現在)
沿革 ●1990年7月
大阪府吹田市に生命保険会社営業職員向け販売促進サポートを目的として株式会社フラワーメッセージ設立。フラワーギフト事業を開始。 
●1991年12月
首都圏でのフラワーギフト事業拡張のため東京都港区に東京支社開設。
●1992年7月 
生命保険会社営業職員に向けてアウトソーシング事業(経理代行業)開始。
●1993年12月 
社名を株式会社エフアンドエムに変更。
●1994年4月
アウトソーシング事業拡大に伴い経営資源を集中させるためフラワーギフト事業を廃止。 
●1995年9月 
エフアンドエムクラブ事業を開始。
中小企業を対象に総務部門のコンサルティングを展開。
●1998年5月
九州地区での事業拡張のために福岡市博多区に福岡支社を開設。
●1999年4月
東北地区での事業拡張のために仙台市宮城野区に仙台支社を開設。
●2000年7月 
大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場 (現「JASDAQ」) に株式を上場。
●2000年9月 
エフアンドエムネット株式会社を設立。
●2001年5月
同年3月に取得した大阪府吹田市の自社ビルに、大阪本社を移転。
●2001年5月 
ISO認証取得支援事業を開始。
●2004年7月 
税理士・公認会計士向けボランタリーチェーンであるTaxHouse事業を開始。 
●2006年6月 
北海道地区での事業拡張のために札幌市北区に札幌支社を開設。
●2006年9月
一般事業者として全国初の信用金庫代理業の許可を取得。
●2006年10月 
シニア向けパソコン教室のFC本部事業開始。
●2012年4月
社会保険労務士の全国ネットワーク SR STATION事業を開始。
●2012年11月
中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関の認定を取得。
●2015年4月
沖縄での事業拡張のために那覇市に沖縄支社を開設。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)