福島テレビ株式会社
フクシマテレビ
2021

福島テレビ株式会社

フジテレビ系列局
業種
放送
広告
本社
福島

私たちはこんな事業をしています

福島県最初の民間テレビ局として開局。2018年4月開局55周年を迎えました。
ニュースや番組制作、各種イベントの開催などを通じて、
「県民のニーズにこたえる情報発信基地」としての活動を続けています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

福島県初の民間テレビ局 県民に役立つ情報を発信します

福島テレビは1963年に福島県内初の民間テレビ局として開局し、2018年4月開局55周年を迎えました。開局から55年、視聴者の皆様に福島県の今を伝えてきました。報道番組「FTVテレポートプラス」では、「命を守る報道」をテーマに正確で早い情報発信を目指しています。また情報番組「サタふく」では、県民の生活を豊かにする情報や地域に密着した情報を集め地元から信頼を得ています。当社最大のイベント「東日本女子駅伝」では東京をはじめ東日本の18都道県に熱いレースの模様を中継放送しています。東日本大震災と福島第一原発事故の後は、自社制作番組やイベントなどを通じて福島の復旧、復興を後押ししています。

社風・風土

常に「ナンバーワン」を目指す

当社は常に「県内ナンバーワンであること」を目指しています。ニュース取材の「特ダネ」でも、営業の売り上げでも先発局として負けられないというプライドがあります。これは開局からの歴史の中で常に社員の中に受け継がれています。自分たちが福島県のテレビ業界を引っ張るという気概が、自社制作番組やイベントでのより良い地域貢献という形となってきました。「絶対に負けない」その気持ちが良い仕事の原動力です。夕方6時台の「FTVみんなのニュース」は福島県内民間放送局の中で2017年度年間視聴率第1位を獲得しました。(2018年4月からFTVテレポートプラスに番組名変更)

魅力的な人材

「熱く」伝える

華やかなイメージがあるテレビ局ですが、タフさを求められる場面も多くあります。特に報道では、夜中に呼び出されてリポートする場面も珍しくありません。震災後すぐに中継に出たカメラスタッフは現地で夜を明かし。被災地の方から「あなたたちに頑張ってもらって今の状況を伝えてもらわないと」と励ましの声をいただきました。私たちを突き動かすもの、それは「熱くなる」気持ちです。県民の皆さんの喜怒哀楽を冷静な中にも時には「熱く」伝えます。

会社データ

事業内容 ・福島県内におけるテレビジョン放送(フジテレビ系列)
・放送番組の企画・制作・販売
・その他関連する事業
設立 1962年(昭和37年)6月1日
資本金 3億5千万円
従業員数 89名(男74名・女15名)2019年2月現在
売上高 59億8000万円(2017年度実績)
代表者 代表取締役社長 森 洋一
事業所 本社(福島市)
東京支社・大阪支社・仙台支社・郡山総支社・会津若松支社・いわき支社
系列 フジテレビ系列
主な自社制作番組 ・FTVテレポートプラス
(月~金)16:50~19:00 (土)17:30~18:25
・サタふく(土)11:30~12:55
・きみこそ明日リート(土)18:25~18:30
・東日本女子駅伝(11月第2日曜日 フジテレビはじめ東日本12局ネット)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)