植田アルマイト工業株式会社
ウエダアルマイトコウギョウ
2021
業種
非鉄金属
化学
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

当社はアルミニウム・マグネシウム合金の表面処理を専門に事業を展開しています。エンドユーザー向けというよりは、企業間取引主体の縁の下の力持ち的な存在ではありますが、独自の技術で衣食住に関わる全ての分野に貢献しています。これまでの地域への貢献、またこれからの地域への発展を担う存在ということで2018年末には経済産業省より「地域未来牽引企業」に認定されました。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

私たちのあらゆる身の回りにある「アルマイト」

当社は1948年の創業以来、一貫してアルミニウム材の表面処理ひとすじに事業を展開してまいりました。私たちが取り扱っており、社名にも使用しているアルマイトとは、【アルミニウムの表面を電解法などによって酸化させて酸化物の膜をつくり、腐食しにくくしたもの】です。硬度や耐食性、耐摩耗性、耐熱性が向上し、素地にはない性能が付与されます。その特性を生かして、台所用品やアイロン、LED照明の反射板といった私たちの身の回りにある生活用品をはじめ、建物の外壁や内装など、さまざまな用途に使用されています。写真は2017年に完成した当社の新社屋で、この社屋にもふんだんに自社の技術を採用してショールームとしています。

事業優位性

専門性の高い分野に特化した豊富な経験と高い技術力

金属はセラミックスやプラスチックと並んで、材料素材の大きな支柱をなすものとして、日本のあらゆる産業を支えています。軽金属、特にアルミニウムについては1924年に日本でアルマイト加工技術が生まれ、この電気化学的表面処理によって軽くて丈夫というアルミ素材の長所が評価され、そのニーズはますます拡大の一途をたどっています。私たちはアルミニウム材表面処理技術の可能性を求めて、70年以上もの長きにわたるあゆみを続けてきました。専門性の高い分野に特化した事業展開によって培われた豊富な経験や高い技術力は、他の追随を許しません。近年では日本国内はもとより、海外からもその技術が高く評価されています。

施設・職場環境

品質管理推進優良企業として高評価

当社では本社工場・本社硬質工場に加えて、堺硬質工場、三重工場・三重硬質工場と、国内3ヶ所に計6工場の製造拠点を構えています。それぞれにJISマーク表示の認可やISO9001、ISO14001認証を取得するなど、品質管理推進優良企業として高い評価をいただいています。また三重工場内には最新鋭の設備を備えた試験・研究部門を保有し、アルマイト処理皮膜の分析・性能評価や新たな表面処理技術の研究と開発をおこなっています。ますます多様化するニーズに応えるべく、独自の新技術による表面処理開発や新たな用途開発に向けて、社員一丸となって日々努力を続けています。

会社データ

事業内容 アルミニウム材の表面処理加工業
創業・設立 創業1948年6月(創業70周年を迎えました)
設立1950年1月
資本金 7200万円
従業員数 210名
売上高 32.2億円(2018年3月末期)
代表者 代表取締役社長  植田 信夫
事業所 【本社・本社工場】
大阪府堺市東区石原町1丁103番地

【堺硬質工場】
堺市東区石原町2丁35番地

【三重工場・三重硬質工場】
三重県三重郡菰野町大字千草字西原野5012番地の1
沿革 昭和23年6月 植田アルマイト工業所としてアルマイト加工を創業。大阪市西成区天下茶屋1丁目1番地。
昭和25年1月 植田アルマイト工業株式会社を創立、法人格を得て事業を継承。資本金30万円。
昭和34年8月 大阪市西成区旭南通り8丁目7に移転。資本金150万円。
昭和42年9月 大阪府堺市石原町1丁103番地に移転。資本金600万円に増資。
昭和44年4月 資本金1200万円に増資。
昭和45年8月 アルマイト工場第2系列を増設。
昭和47年7月 陽極酸化皮膜加工技術「JIS表示認定工場」となる。
昭和52年2月 第2系列に電着塗装を増設、全自動化を図る。
昭和53年4月 第1系列に電着塗装を増設。
昭和54年4月 各系列の稼働率のアップと品質管理を推進。
昭和56年2月 大阪府「品質管理推進優良企業」となる。
昭和56年4月 大阪中小企業投資育成株式会社の投資を受ける。資本金7200万円に増資。
昭和57年7月 陽極酸化塗装複合皮膜「JIS表示認定工場」となる。
昭和58年6月 第1系列に全自動設備を導入。
昭和63年3月 アルマイト縦吊第3系列を新設。
昭和63年10月 硬質皮膜ラインを新設。
平成2年4月 第1ラインを板処理ラインに全面改装。
平成6年2月 硬質皮膜新工場完成。
平成10年2月 「三重工場」完成。
平成12年3月 三重工場 陽極酸化皮膜加工技術、陽極酸化塗装複合皮膜「JIS表示認定工場」となる。
平成13年6月 丸抜プレス導入。
平成14年6月 アンプリ加工機導入。
平成14年9月 三重工場 ISO9001認証取得。
平成15年3月 2系列に長尺内面硬質:マット処理&アルマイトライン新設。
平成15年11月 硬質工場 ISO9001認証取得。
平成16年10月 本社工場 ISO9001認証取得。
平成17年10月 三重硬質皮膜新工場完成。
平成18年3月 堺硬質工場 ISO14001認証取得。
平成19年1月 三重硬質工場 ISO9001認証取得。
平成20年8月 本社工場、三重工場 陽極酸化皮膜・陽極酸化塗装複合皮膜認証 新JIS規格を取得。
平成26年2月 本社に板アルマイトラインと板材自動倉庫、形材倉庫を兼ね備えた新工場完成。
平成29年4月 ショールーム機能を兼ね備えた本社新社屋・カーポートが完成。
平成30年12月 経済産業省より「地域未来牽引企業」に認定される。
ホームページ http://www.uedaalmite.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)