大王製紙株式会社ダイオウセイシ

大王製紙株式会社

エリエール
  • 株式公開
業種 紙・パルプ
本社 東京、愛媛

先輩社員にインタビュー

ホーム&パーソナルケア事業部海外事業本部海外営業部
佐伯美紀(32歳)
【出身】総合情報学部総合情報学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 輸出販売国でのマーケティング
担当輸出販売国(アジア以外の新規販売国)において、主にベビー用紙おむつの生活者使用実態調査や市場調査を行い、調査結果をもとに、プロモーション等のマーケティングプランの立案・遂行を行っています。同じベビー用紙おむつと言えど、各国の伝統や文化・宗教によって異なる使用実態を現地でのフィールドワークを通じて把握し、各国の信頼度やトレンドに合わせたプロモーションを現地広告代理店等のサポートを受け実施しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
世界のビジネスパートナーと働ける!
日本では当たり前のように知っている商品や販売店等の基礎知識も、新規輸出販売国ではほぼ0の状態から全体像を理解していくことが必要です。しかし単独で現地に行って見て回っても、市場の表面しか知ることはできません。だからこそ、現地のビジネスパートナーをみつけ、情報や目標を共有することが必要不可欠です。私達の仕事は、各国のビジネスパートナーを探すことから始まります。日本からコンタクトを取り、つたない英語でやりとりし、現地で出会う。現地で初めて顔を合わせ、議論を重ねて理解し合い、一緒に成し遂げる。この流れも国が違えば、また変わってきます。言語や価値観の違いに頭を抱えることもありますが、成し遂げた時の達成感は日本で体験できるそれとは違います。これからも新鮮で刺激的な海外の仕事に携わっていきたいと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 海外展開がアツい!
私は、海外で働きたいという夢があり、大学卒業後は中国で半年、インドネシアで約2年現地採用として働いていました。そして帰国後、大王製紙に入社しました。海外で培った経験や語学を活かし、これからも日本と海外をつなぐ仕事がしたいと考えていました。そんなときにみつけたのが、リクナビの大王製紙のページでした。日本の少子化とは対照的に、アジアなど途上国の出生率は上がっており、日本の品質の良いベビー用紙おむつが求められています。また、韓国では、日本と同様に高齢化が進み、大人用紙おむつの需要が上がっています。大王製紙の商品は、海外の需要に応えられる商品がたくさんあり、語学や海外経験を活かして、日本ブランドを海外に届ける仕事がしたいと考え、大王製紙を選びました。
 
これまでのキャリア ホーム&パーソナルケア事業部広告宣伝部(所属期間/約4年)
ホーム&パーソナルケア事業部海外企画部(所属期間:約2年)
ホーム&パーソナルケア事業部海外事業本部海外営業部(所属期間/約2年)

この仕事のポイント

職種系統 調査・マーケティング
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

初めは、自己分析と企業分析というものに必要性を感じず、とにかくいろいろな企業の説明会に参加し、応募していました。しかし、企業分析や自己分析ができておらず、自分が何をしたいのか、自分には何ができるのか、面接でうまく答えられず、失敗ばかりしていました。面倒だと思いがちですが、一度立ち止まって企業分析や自己分析をしてみた方が、より効率的な就職活動ができると思います。

大王製紙株式会社の先輩社員

印刷用紙の営業・マーケティング活動

洋紙営業本部印刷用紙第一部印刷用紙課
酒井 雅貴
商学部

大人用おむつの開発業務

エリエールプロダクト株式会社 商品開発部商品開発課シルバーケアグループ
高橋彩
バイオサイエンス研究科

ティシュー加工ラインの管理

可児工場 家庭紙製造部
酒井裕司
理工学部機械工学科

抄紙、パルプ製造設備の保守・設備更新改善業務

ダイオーエンジニアリング株式会社 電気計装保全部 電気一課
坂本 裕亮
電気工学部 電気工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる