社会福祉法人 熊谷福祉会 クマガヤフクシカイ 

社会福祉法人 熊谷福祉会 

はなぶさ苑/リハビリ・介護老人保健施設/特別養護老人ホーム
業種 福祉・介護
医療関連・医療機関/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/教育関連/その他サービス
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

はなぶさ温泉通所リハビリセンター 介護係
西村 理沙(26歳)
【出身】埼玉県立大学  保健医療福祉学部 社会福祉学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 笑顔の輪を広げる仕事
主な業務は、ご利用者の送迎、入浴介助、食事介助、レクレーションの運営等です。その中で特に気をつけていることは、常に笑顔でいることです。通所リハビリはご利用者が大勢いるため、つい忙しさの中で笑顔を忘れてしまいがちですが、ご利用者に楽しんでいただくには、こちらが笑顔でいることが第一だと思います。そこからコミュニケーションが生まれ、信頼関係も築け、温かい雰囲気がうまれると思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
1人1人の気持ちに寄り添える喜び
私は現在陶芸レクを担当しています。陶芸について全く詳しくない私をはじめは職員一同毎日よりよいレクになるよう試行錯誤しています。そのようななかで、陶芸レクに参加してくださるご利用者から、「今日は渡邉さんじゃないの?」「この間作った作品本当に良かった。ありがとうね」と言っていただけることが何よりも力になるとともに、ご利用者と喜びを分かち合えることが、気持ちを共有できることが大きなやりがいに感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 笑顔の絶えない職場
職員、ご利用者も本当に笑顔が絶えない職場だと思います。どの部署でも、ご利用者が有意義に過ごせるように職員がやりがいをもって仕事をしている姿に惹かれました。私もその一員として、日々精進していきたいと思います。
 
これまでのキャリア はなぶさ温泉通所リハビリセンター介護係(現職4年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 高齢化社会について考える仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私自身も就職活動の一環で施設見学をたくさんしましたので、見学の際のアドバイスを一つ。ポイントは、見学前に「自分はどのような人になり、何をしたいか」というビジョンを持つことです。それにより見学の視点が変わり、私は自分に合った施設が見つけられました。
 業務内容は施設見学の時間内ではつかみきれないでしょうが、職員やご利用者の表情は、施設そのものを映し出しています。ですから、見学やボランティアの際には「人間」を見ることをおすすめします。

社会福祉法人 熊谷福祉会 の先輩社員

在宅復帰に向け、高齢者のケア(介護)をしています

はなぶさ苑リハビリショート 介護係 係長
古屋 真志
東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科

デイケアのご利用者へ運動指導をしています

はなぶさ温泉通所リハビリテーションセンター 介護係 運動指導員 副主任
田島 七恵
日本女子体育大学 体育学部 スポーツ健康学科

高齢者の生活に関する相談や関係者との連絡・調整業務

地域包括支援センターはなぶさ苑荒川 社会福祉士 係長
中山 将太
立正大学 社会福祉学部 社会福祉学科

ご利用者の『やりたい』を実現する仕事

はなぶさ温泉通所リハビリセンター リハ・看護係 作業療法士
大澤 遥
太田医療技術専門学校 作業療法学科

居心地良く過ごして頂く(高齢者の介護)

はなぶさ苑リハビリショートステイ 介護係
西田 侑梨
立正大学 社会福祉学部 社会福祉学科

介護を通じて、ご利用者みなさまの笑顔を引き出す仕事

はなぶさ温泉通所リハビリセンター 介護係 副主任
小池 麻子
文京学院大学 人間学部 人間学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる