株式会社サンドラッグファーマシーズ
サンドラッグファーマシーズ
2021

株式会社サンドラッグファーマシーズ

サンドラッググループ/調剤薬局
業種
医療関連・医療機関
専門店(ドラッグストア・医薬品・化粧品・調剤薬局)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

東証一部上場のドラッグストア、サンドラッグが100%出資する調剤薬局です。
関東を基盤に調剤専門薬局を展開し、地域医療への貢献を果たしています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

●グループの研修機関の役割も担う、ユニークな調剤専門薬局

サンドラッグファーマシーズには2つの役割があります。ひとつは、街の主要な医療機関と協力し、かかりつけ薬局を展開すること。適切な服薬指導・健康相談を通じて地域社会に貢献します。もう1つは、親会社である(株)サンドラッグの薬剤師社員の調剤研修機関になること。サンドラッグファーマシーズの社員はまずしっかりと調剤技術を身に付け、いずれは調剤の指導者や運営部門を目指します。

戦略・ビジョン

●調剤のスペシャリストにまで技能を高める教育制度

サンドラッグファーマシーズの大半の店舗は、多数の診療科目を持つ総合病院に隣接しています。つまり、幅広い調剤技術と、多様な患者様へ服薬指導する技能を身に付けるには最適な環境が整っています。集合教育と現場の実地教育の連動を重視したカリキュラムにより、指導者レベルまで確実にスキルアップできる教育を受けることができます。

社風・風土

●安定した経営基盤を誇る(株)サンドラッグが母体

サンドラッグファーマシーズの母体である(株)サンドラッグは、薬局ドラッグストア業界で売上高全国第3位、経常利益第2位。上場企業の中でも、成長性・収益性・安定性といずれもトップクラスの優良企業。今後ますます経営が厳しくなると言われる調剤薬局業界の中にあって、(株)サンドラッグファーマシーズは、安定した経営基盤があるからこそ、人材育成への投資、最新設備の導入など、専門性の確立に取り組むことができるのです。

会社データ

事業内容 調剤薬局「サンドラッグファーマシーズ」の運営
医薬品の処方箋調剤および販売
設立 1955年 7月(前身(株)タイセーホームエイド)
資本金 2,000万円
従業員数 148名
売上高 42億円(2019年3月期)
代表者 代表取締役社長 落合 佳宏
本社 東京都府中市若松町1丁目38番地の1
店舗数 24店舗
(東京都4、神奈川県6、埼玉県2、千葉県2、栃木県1、新潟県3、愛知県3、大阪府1、福岡県1、大分県1)

ほか、(株)サンドラッグの調剤併設店 [64店舗]
ホームページはこちら http://www.sundrug.co.jp/sundrugpharmacy.html
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)