株式会社ポストごはんの里
ポストゴハンノサト
2021

株式会社ポストごはんの里

食品/メーカー/冷凍寿司/肉巻きドッグ
業種
食品
本社
広島

私たちはこんな事業をしています

広島から全国へ。当社は冷凍寿司のトップランナーです。
米の卸問屋としてスタートした当社は、お米のプロフェッショナルとして技術開発・商品開発に挑み続け、
高品質な冷凍米飯の製造に取り組んでいます。
結果、当社の製品は「冷凍とは思えない」と高い評価と信頼をいただき、
今では広島にいながら日本全国、さらには世界へも自慢の商品を展開。
いなり寿司や肉巻きおにぎりの製造では国内トップレベルを誇っております。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

商品開発に力を入れています!

社名に「ごはん」が入っていることからも分かると思いますが、とことん「美味しいご飯を消費者に届ける」ために技術力を磨いてまいりました。お米の銘柄にこだわるのはもちろん、季節や気温、湿度、水温などの諸条件に配慮して炊飯し、一番おいしい状態のお米を届けられるように努めております。また、冷凍寿司の分野では、お酢の飛ばない、ごはんの食感をそのまま活かした商品作りに取り組み、今では冷めても美味しく、甘みのある米飯を全国のお客様に楽しんでいただいております。このように弊社では、多くのお客様に楽しんでいただくために日々技術力を磨き続けます。

施設・職場環境

食の安全を守る品質管理体制

私たちは食の提供を通じて、人びとの豊かな暮らしの実現に貢献することを目標に日々仕事に取り組んでおり、この目標を達成するために衛生管理手法であるHACCPに準拠した管理体制をとっております。また、工場内で雑菌の発生を予防し、衛生環境を保つために洗浄時に水を使わないなどの工夫もしております。食品を製造している現場は工場なので常に社員を始めとする作業者が作業工程の改善提案をしたり、品質の向上、作業の効率化、生産性の向上に努めるなど、積極的に衛生的で働きやすい環境を保つために日々尽力しております。

戦略・ビジョン

成長を続ける企業です!

更なる高みを目指して弊社は成長を続けております。その背景には「お米」に長い間向き合い続けてきた技術力と長い時間をかけて作り上げてきた流通ネットワークがあります。また、全国の業界のトレンドに目を配り続け、地道にコツコツと積み上げてきたものが今の会社の成長を支えてきたと考えております。現在、共働き世代や高齢化の影響により、冷凍食品の需要が高まっており、今後も市場として伸びていくことが想定されます。このような需要増加の影響を受けて弊社では「寺迫工場」や「中野工場」の2つの工場を増設いたしました。今後は当社の技術を生かして和菓子・肉加工品・介護食等の分野にも力を入れていきたいと思っております。

会社データ

事業内容 冷凍米飯(おにぎり・肉巻きドッグ)・冷凍寿司(いなり寿司・巻き寿司・ロール寿司)
冷凍和菓子の開発・製造・販売
設立 1986年
資本金 5000万円
従業員数 140人
社員平均年齢 34歳
売上高 12億8000万円(2018年6月)
代表者 中村誠一
事業所 寺迫工場(営業本部)
広島冷凍工場
広島炊飯工場
中野工場
関東営業所
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)