ヤマザキビスケット株式会社ヤマザキビスケット
業種 食品
その他製造
本社 東京

先輩社員にインタビュー

本社 営業部広域店統括CVS・量販店担当
N.T(36歳)
【出身】文教大学  文学部 中国語中国文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 菓子問屋、量販店・CVSへの営業販売を担当
定番商品及び毎月発売される新商品を得意先様に案内し、売上アップの提案をしています。季節ごとの提案、クラッカーのレシピ提案、クリスマスパーティーなどイベントの提案など、消費者のニーズに合わせた売場提案もしています。
自社製品への強い思い入れと、前向きな気持ちがあれば、自然と営業活動が楽しくなります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
事件は会議室で起きるのではなく、現場で起きています!
タイトルを見ると、何かの映画のセリフみたいですが、営業販売ではもっとも大事なことです。
特に売場(お店)では、良い提案に結びつくヒントが多く転がっています。そのため、菓子売場だけでなく、青果・精肉・鮮魚コーナーなど、他の売場を見ることもあります。例えば、5月末から6月にかけて、アメリカンチェリーの最盛期を迎えるのですが、その時期に当時当社で製造販売していた製品「アメリカンチェリーキャンデー」を関連販売しました。関連販売は、「青果売場のイチゴの近くに練乳も陳列されている」といった場面からイメージしやすい、売上げアップを狙った販売方法です。
この青果売場での関連販売で良い実績を確保し、そのまま量販店の定番商品として導入することに成功しました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人事課採用担当者の人柄にひかれて
就職活動中は、業界にこだわることなく、様々な業界を見ていました。そんな折、大学の就職課で見つけたのが当社の求人票でした。他の企業と同じように、選考には筆記試験、面接などがありましたが、面接の内容が他企業と比べて「人物重視」でした。特に、対応してくれた人事課の方々の言動、行動、対応等が他企業に比べて丁寧でしたし、好感の持てるものでした。
私は業界にこだわることなく、そこで働く人達を見て、入社することに決めました!
働いている今、当然ですが社内で毎日のようにお菓子の話題になります。お菓子に囲まれて仕事をするって楽しいですよ。
 
これまでのキャリア 2005年4月入社  名古屋営業所
2007年7月異動  福岡営業所
2015年9月異動  本社営業部広域店統括CVS・量販店担当(現職)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

社会人生活は、30年以上あります。今は全ての人が一つの会社で定年まで勤め上げるとは限らない時代かもしれませんが、自分がその会社で働いている姿を常にイメージしながら就職活動をすると良いと思います。会社説明会や面接など社員と接触するときは、働いている人の表情、言葉、行動をよく観察してください。それが未来のあなたかもしれません。

ヤマザキビスケット株式会社の先輩社員

安全・安心で高品質な製品をお客様の手に届ける

大阪営業所
K.A
大阪学院大学 外国語学部 英語学科

チップスターの製造ラインにて生地の仕込み・成型を担当

古河事業所 製造第7課
K.S
日本大学 生物資源科学部 食品生命学科

食品工場におけるユーティリティー設備の保守、管理業務

工務第3課
N.K
東京電機大学 理工学部 数理学科

お菓子の品質管理 製品完成までのあらゆる工程で品質をチェック

古河事業所 食品安全衛生管理室
O. A
日本大学 生物資源科学部 食品生命学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる