林テレンプ株式会社
ハヤシテレンプ
2021
業種
輸送機器
自動車/半導体・電子部品・その他/文具・事務機器・インテリア/情報処理
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

●インテリアから、クルマを変えよう。
当社は、数多くのクルマの内装品を設計・開発・製造する会社。きっとあなたやあなたの家族の車にも、当社の製品が使われています。そんなインテリアのすべてを「内装システム」として一括受注し、複数の部品メーカーをコーディネイトしながら開発を進めています。車室空間のプロデューサーとして、クルマの在り方を変えていきませんか。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

クルマに乗ると、ここにも、そこにも、林テレンプ。

当社の社名は、一般には馴染みが無いかもしれません。しかし、クルマの中を見渡せば、ドアに、天井に、足元に、トランクに、当社の内装品が溢れています。しかも、トヨタ・日産・ホンダを始めとした国内全自動車メーカーと取引があるので、あなたが家族でクルマに乗る時、恋人とドライブに出かけるとき、知らず知らずのうちに当社と関わっています。そして、内装品は見た目だけでなく「機能」を持った製品。車室内の大部分を占める内装品を軽量化することで、燃費が良くなる。内装品が衝撃や振動を吸収して、ドライバーの負担を軽減する。吸音材がノイズを吸収し、車室内を静かに保つ。当社の製品は、あなたのそばで、意外な活躍を見せています。

社風・風土

入社1年目から、全力勝負!

1年目から、エンジニアは「先輩のアシスタント」ではなく、自分の担当製品を持ちます。1年目から、営業は世界に名だたる大手自動車メーカーに、一人で訪問するようになります。入社3年目で、数億円の商談を決めるために一人で海外出張する社員もいます。もちろん先輩社員のサポートもありますが、その製品のメイン担当を任せられます。若いうちから任せられる分、失敗することもあるでしょう。しかし、それを乗り越えていくことで大きく成長できます。自分が担当した製品が搭載されたクルマが発売された時は、大きなやりがいが得られます。林テレンプで、若いうちから責任の大きな仕事をして、成長感と達成感を味わいませんか?

事業優位性

快適な車室空間を、プロデュースする。

近年、情報技術の進化によって、目的地につくまで自動運転システム任せ、というクルマの開発も進んでいます。そうなると車内は運転する空間というより、睡眠をとる、本を読むといった、「走るモノ」から、「過ごすモノ」へと変化していきます。そんな未来のクルマの、快適な車室空間を考えていくのが、「内装システムサプライヤー」である当社。内装全体の企画・提案まで行い、複数の部品メーカーをコーディネイトしながら、「内装システム」として一括でプロデュースします。将来、クルマの中でどれだけ快適な時間が過ごせるかは、内装システムサプライヤーである私たちのアイデアにかかっているのです。

会社データ

事業内容 (1)自動車内装全体の企画・デザイン・開発~自動車内装のシステムサプライヤー
(2)自動車内装部品の製造・販売~自動車内装部品の総合メーカー
(3)自動車用インテリアパーツ・アクセサリーの企画・開発・製造販売
設立 1947年3月
資本金 10億円
売上高 1,886億円(2018年3月期実績) (単独)
従業員数 1,505名(2018年3月)(単独)
代表者 代表取締役社長 林 貴夫
事業所 本社/名古屋 
営業所/愛知・栃木・群馬・埼玉・神奈川・静岡・大阪・岡山・広島・福岡
工場/愛知・静岡・岐阜・岡山・栃木・福岡 ・岩手・佐賀
関連会社 林物産(株)
(株)ハイテック
ハヤテレ東北(株)  
ハヤテレ関東(株)
ハヤテレ静岡(株)
ハヤテレ岡山(株)
ハヤテレ九州(株)
林シーカ・オートモーティブ(株)
ニーヴァ(株)
名都美術館
アメリカ/林テレンプノースアメリカ、NCワークス、レイエス・アムテックス・オートモーティブ
カナダ/ハヤシカナダ
タイ/林テレンプタイランド
韓国/韓林インテック、世一インテック
中国/広州林駿汽車内飾件有限公司、蘇州林光電子有限公司、天連布(上海)貿易有限公司、
 武漢林駿汽車飾件有限公司、天連布香港有限公司、青島吉興栄林装飾用品有限公司
その他/業務提携…フランス 技術援助…ドイツ、フィリピン
主要取引先 国内自動車メーカーすべて
労働組合
グループ会社 ●ハイテックス
新車の開発期間短縮に威力を発揮するのが、CAD/CAMエンジニアの存在。当社は91年にCAD/CAMと情報システム開発専門のグループ会社「ハイテックス」を設立し、内装部品のCAD設計からCAMデータ作成、さらにはCADデータの3次元CG化等により、コンピュータ内試作車造りに取り組んでいます。一方、ITの分野では林テレンプの情報システム部門からの脱皮を図り、システム開発のスペシャリスト集団として積極的に外販活動を進めています。

●林物産
1967年、林テレンプの貿易部門が独立して設立された室内インテリア商社。主に中国・トルコ・パキスタンといったアジア諸国の最高級絨毯の輸入販売を手掛けています。近年、林物産は中国を始め西アジア諸国で高級な手織絨毯を開発したり、欧米デザインメーカーと契約することで新しい感覚の高級絨毯を開発し、輸入販売商社からカーペットのブランドメーカーとして生まれ変わりました。そこでヨーロピアンデザインによるオリジナルコレクション「CROSSWAY」を次々に発表し、着実にその存在感を高めています。また、インテリア雑貨を扱う「プライズ」名古屋店、イギリスインテリアブランド「TOM DIXON SHOP」東京青山店を運営しています。
当社の特徴 私たちの特徴は、自動車メーカーと一緒になって、新車開発のコンセプト作りなど最上流から担当できること。1つひとつの部品単位ではなく、内装全体を一貫して自動車メーカーに提供することが、私たちシステムサプライヤーの役割です。
グローバル展開 北米やアジアへの海外進出を積極的に行っています。たとえば、当社の100%出資子会社であるアメリカの現地法人「林テレンプノースアメリカ」。2010年9月、ミシガン州に現地での研究・開発の拠点としてR&Dセンターを設立。また、アラバマ州にも工場を設立しました。海外で生産を行うことはもはや当たり前です。当社はさらに、設計開発や製品評価にも現地のニーズをタイムリーに反映させていきたいと考えていきます。海外での拠点が増え続ける中で、海外出張や海外赴任など、グローバルに働くチャンスがどんどん増えています。
事業の広がり 電装技術部では、自動車関連事業の枠を超えて光学関連製品を開発しています。これまでの光学材料研究により、光散乱樹脂を開発。自動車用のメーターに採用され、デジカメや携帯電話など様々な液晶画面のバックライトとしても高い評価を獲得。その技術を自動車内装に転用し、世界初の室内イルミネーションを製品化しました。さらにアフターパーツ部門で、光学技術を駆使して高級感を演出するパーツを次々と商品化。光学材料と自動車内装のシナジーによる製品で、当社の事業は年々広がりを見せています。
まだ、誰もつくったことがないモノを。 クルマの内装に必要な機能・製品をとことん考え、前例がなくても、まずつくってみる。失敗しても、そこから再チャレンジ。試行錯誤の上で画期的な製品を生み出せることが、当社のエンジニアのやりがいです。たとえば、世界で初めて「室内LEDイルミネーション」や「フローリングフロア」を実用化させました。直近では、走行時に気になる「風切り音」を再現し、分析できる風洞設備を導入。こんな設備を持っているメーカーは、世界にも例がありません。決められたモノをつくるより、まだ誰もつくったことがないモノをつくる方が、面白いと思いませんか。
ドライブに出かけたら、仕事の自慢話が始まる。 「自動車部品」をシゴトにしている人は、世の中に数多くいます。その中で、当社の社員のやりがいの一つが、インテリアは常に目に見える「身近」な製品づくりであること。これは、技術系の社員も営業・事務系の社員も共通です。友人とドライブに出かけたときは、自然と「オレがこのドアを設計した」「オレが○○自動車に営業に行って、このクルマのインテリア開発の受注を決めた」といった自慢話で盛り上がります。子供がいる社員であれば、「パパの仕事はこれだよ」と教えてあげることもできます。また、当社は国内の全自動車メーカーと取引があり、関わるクルマも多いため、自慢をする機会も少なくありません。せっかくなら、「身近」で世の中に注目されるモノづくりに携わりませんか。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)