日立水戸エンジニアリング株式会社
ヒタチミトエンジニアリング
2021
業種
機械設計
機械/電力・電気/鉄道/ソフトウェア
本社
茨城

私たちはこんな事業をしています

当社は(株)日立製作所のグループ会社の1社であり、
社会インフラの中で重要な役割を果たすエレベーターやエスカレーター、鉄道交通に関連する
幅広い分野でのモノづくりをエンジニアリング業務でサポートしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

皆さんの日常生活の陰にも、私たちの技術が活きています。

1960年代、日立製作所は霞が関ビルディング向け高速エレベーターを開発するべく、茨城県ひたちなか市に高さ90メートルのエレベーター研究塔を建設し、毎分300メートルという従来の2倍の定格速度のエレベーターを完成させました。その後も研究・開発を続け、1993年には定格速度にして毎分810メートルのエレベーターの開発に成功。以来、日立グループは超高層化・大容量化する建築物に対応する超高速・大容量エレベーターのニーズに応えてきました。こうした日立製作所のエレベーター・エスカレーター製品の設計を日立製作所とともに担っているのが、私たち【日立水戸エンジニアリング】です。皆さんの日常生活を、陰ながら支えている企業です。

技術力・開発力

世界でも類を見ない!世界一の高さ*を誇るエレベーター研究塔

青い空に映える白い一本の塔、ひたちなか市にそびえ立つ「G1TOWER(ジーワンタワー)」。G1TOWERは、日立製作所創業100周年の2010年に、既存技術を礎に安全性・効率性・快適性を向上し競争力を高めるべく、日立製作所 水戸事業所に建設されました。高さは213.5メートル、エレベーター研究塔としては世界一の高さ*を誇ります。ここでは、超高速エレベーターの実証実験や、耳づまりを防止する気圧調整装置等の開発、世界最大級の積載質量5トンの高速・大容量用エレベーターの開発などが行われています。世界随一の研究施設で、開発業務に没頭できる。まさに、エンジニア冥利に尽きる環境です。 *2014年3月時点 日立調べ

施設・職場環境

一流のエンジニアを育む先進教育システム

エンジニアリング会社にとっての財産は“人と技術力”。当社の扱う製品は公共性が高いモノが多く、それを支えるエンジニアリング力が私たちのコアコンピタンスでもあり、誇りでもあります。皆さんの育成・成長が事業の推進力そのものとなります。「エンジニア育成プログラム」でエンジニアリング力を向上、高度化、技術者として担当分野のエキスパートとなり、さらに「リーダー育成プログラム」でリーダーシップを身につけることをめざすバランスの取れた人材育成プログラムを提供しています。社員の一人ひとりが当社の財産です。

会社データ

事業内容 ■エレベーター・エスカレーターの設計・検査
■鉄道交通システムの設計・製作・検査
■情報システム・生産技術・資材管理
■広告宣伝物その他の制作・販売
設立 1967年3月18日
資本金 3億3,000万円
従業員数 483名(2018年3月)
売上高 71億円(2017年度)
代表者 取締役社長  小松原 健
事業所 本社/茨城県ひたちなか市市毛1070番地
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)