関株式会社
セキ
2021
業種
商社(紙)
その他商社
本社
高知

私たちはこんな事業をしています

関株式会社は、2010年(平成22年)に創業100周年を迎えました。土佐和紙のみを販売していた創業時代、環境の変化に対応して洋紙の取り扱いを始めた昭和初期、スーパーマーケットの台頭から家庭紙の取り扱いを始めた昭和30年代後半、現在は取扱商品も多様化し、情報社会へ対応した印刷OA機器や、暮らしにおける日用品全ての商品を取り扱い、販売エリアも高知から中国・四国全域へと拡大しております。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「原点」・「開発」・「やりがい」という3つのキーワード

関株式会社は、2010年に創業100周年を迎えるにあたり、「原点」・「開発」・「やりがい」という3つのキーワードを掲げ、新たな100年の第1歩を歩み出しています。地域の卸売業として、販売先や消費者の皆様方に、仕入先各社の卓越した商品の数々をしっかりとご紹介し、情報社会のツールをフル活用して、ローコストで納品できる体制を提供し続ける事…それが我々の「原点」。その「原点」をしっかりと社員全員が認識し、数多く、そして質の高いサービスを「開発」し続け、仕入先各社や販売先の皆様方、また社員全てが「やりがい」を絶えず感じられる組織である事を目指し続けていこうと考えています。

戦略・ビジョン

求めに誠心誠意尽くす商人。その姿勢と人材戦略。

「誠心誠意求めに応ずる」商人の姿勢を鋭く問われた1973年のオイルショック。在庫不足を装い意図的に値上がりを待つ企業などが多く見受けられる中、当社ではこれまで培ってきた地域との信頼関係、また今後営々と保ち続けなければならないこの関係を、一時的な利益で失うことは大きな損失であると考えました。目先の利益に惑わされることなく、しっかりと地域に深く根ざし、先を見据えた広い視野を持っていたのです。この冷静な判断を下した先達の高い資質と商人としてのモラルは、我々の誇りです。これらの姿勢を継承し、顧客の信任を保ち続けるためには人材の充実が不可欠です。これまでの人材戦略の成否は、当社の事業拡大に象徴されています。

会社データ

事業内容 紙製品、日用雑貨等の仕入及び販売
創業 1910年(明治43年)
設立 1964年(昭和39年)
資本金 8,783万円
従業員数 124名
売上高 173億円(平成30年12月期)
代表者 代表取締役社長 関浩明
事業所 ■高知本社・家庭紙事業部
高知市南久保8番30号
TEL:088-883-0101
■洋紙・包材事業部
高知市南御座6番19号
TEL:088-883-0145
■中村支店
高知県四万十市荒川400
TEL:088-037-5001
■坂出支店
香川県坂出市沖の浜30-92
TEL:087-745-0580
■松山支店
愛媛県伊予市宮下100
TEL:089-982-7455
■宇和島営業所
愛媛県西予市宇和町下松葉305
TEL:089-462-6565
■川之江営業所
愛媛県四国中央市川之江町4137-2
TEL:089-656-8822
■徳島営業所
徳島県徳島市北矢三町3丁目6
TEL:088-633-7770
■岡山営業所
岡山県岡山市北区今6丁目8
TEL:086-246-0222
■広島営業所
広島県広島市安佐南区伴西3丁目7-4
TEL:082-849-5300
沿革 明治43年 高知県土佐市にて手漉和紙産地商として創業
大正11年 高知市に移る
昭和 2年 洋紙取扱開始
昭和25年 有限会社関和洋紙店を設立
昭和27年 株式会社関頼次商店に改組、社名変更
昭和38年 家庭紙部設立
昭和39年 関株式会社設立
昭和43年 洋紙部、資材部、家庭紙部の3部門の独立採算制を確立
昭和45年 中村出張所を開設
昭和46年 松山出張所を開設
昭和48年 本社を高知市南久保100高知卸商センターに移転
昭和53年 琴平出張所を開設
昭和55年 洋紙部・資材部を高知卸商センターに移転、第2事業部とする
昭和58年 琴平出張所を坂出市に移転、「香川営業所」に名称変更
       同時に各出張所を営業所に昇格
昭和61年 西条出張所を開設
平成元年 中村営業所、新築移転
平成 2年 宇和島出張所を開設
平成 6年 第2事業部を洋紙・包材事業部に名称変更
平成 7年 徳島営業所を開設
平成 8年 坂出支店新築移転
       同時に中村、松山営業所を支店に昇格
       西条営業所を伊予三島市に移転
       伊予三島営業所と名称変更
平成10年 宇和島営業所を東宇和郡宇和町に移転、「宇和営業所」に名称変更
平成11年 松山支店を新築移転
平成12年 岡山 営業所を開設
平成13年 伊予三島営業所を川之江市川之江町に移転、「川之江営業所」に名称変更
       SEKI 共配川之江DCを設立
平成14年 本社東隣に東倉庫建設、10月稼動開始
平成17年 広島営業所を開設
事業案内 【家庭紙事業部】
~新しい「快適」を創りだすのが仕事です。~
和紙から洋紙に転換した歴史を見事に乗り越え、日用雑貨にすそ野を広げる。

●1910年、手漉和紙産地商として創業した当時からの最古参。以来、生活様式の変化(洋風化)、大量消費時代(量販店の登場)にともない、次々と新たな展開に着手した。そして、50年ほど前の1963年(昭和38年)に設立されたのが家庭紙事業部です。
●ティッシュペーパーなどの家庭紙から洗剤、紙おむつ、シャンプー、電池、ペットフードにいたるまで、生活用品全てを扱っている。
 活動域も四国全域から、中国地区へも展開。「四国の関」が「中四国の関」へと飛び出し、飛躍を続ける関の機関車的役割を担っている。
●近年、高齢化社会にターゲットを据え病院・福祉施設など医療機関に、老人用衛材(おむつなど)を供給する[特販部]を設立し将来の飛躍が期待される。
 また、電算部・SRE(セールスシステムリエンジニアリング)などの専門部隊がマルチメディア・IT革命の急速な進化を社内へ積極的に取り入れ、営業を強力に支援している。

【洋紙部】
~新しい「感動」を創りだすのが仕事です。~
洋紙販売で圧倒的シェア。印刷機材まですそ野を広げデジタル化の波に乗る。

●欧米から取り入れられた新しい生活様式。いわゆる洋風化の発展と時代の節目を見通して1927年(昭和2年)、洋紙の取り扱いを開始。以来、洋紙は文化・様式の近代化、情報化社会の波に乗り、その需要は短期間で飛躍的な伸びをみせた。紙の卸部門では、高知県内では圧倒的なシェアを誇る。取引先は、官公庁・学校・印刷会社をはじめ安定した顧客層を持ち、手堅い。地域に深く密着した部門。
●また、急速に普及したDTP(デスク・トップ・パブリッシング)およびオンデマンド印刷などは、21世紀を代表するデジタル化の波を象徴している。その変貌ぶりは大きく、過去(1927年)洋風化の時代をとらえ洋紙の取り扱いを開始したのと同様に、時代を見通した対応をすでにおこなっている。洋紙の販売を軸にすそ野を広げ、印刷機器・機材の販売。また、デジタル化により日々刻々と変貌する、新しい印刷技術の提案もおこなう。顧客の支持は高い。
●一般に、デジタル化によりペーパーレスの時代となる、と大きな誤解をされている。実態は逆で、デジタル化の普及で洋紙の需要は全国的に伸びているのだ。洋紙というアナログとペーパーレスを象徴するデジタルは、相反するものではなく相乗して発展している。この実態を理解し、認識を改めて欲しい。
●どんなに時代が移り変わろうと、紙が果たす役割(伝達する文化や情報)は普遍で、その価値はデジタル化によりますます高まる。洋紙部は紙を知り、紙への定着にこだわり続けます。

【包材部】
~新しい「価値」を創りだすのが仕事です。~
環境問題となった包装資材。問題はコスト。我々の物流・商流でこれを解決。

●レトルト食品や真空パック、加工したばかりのラップ包装など、量販店やホームセンターに並ぶ商品をご覧ください。これらの包装資材を取り扱っているのが包材部です。ガムテープやエアキャップ、段ボールなど「包む」分野すべてに及んでいます。消費経済社会では非常に重要で不可欠な要素ですが、一般に重要性は知られていません。
●別の角度からみれば、この包材部の重要性や社会的な役割が理解できます。いまや社会的問題となっている、ペットボトルやトレイ。量販店の入口にある回収箱が印象深いでしょう。問題は環境問題です。これら「環境に優しくない」資材を、そう簡単に新しい資材に切り替えることは困難を極めます。問題はコストアップにあります。
●包材部が、大きな飛躍をとげるチャンス。また、社会的役割や「やりがい」があります。コストの高い新しい資材を物流の現場にのせるためには、画期的なコストダウンの実現がカギです。例えば商品に最も適したパッケージングシステムの企画提案、物流現場における包装機械・梱包機械・自動運搬機器導入など省力化の提案をおこなう。そして、コストダウンが実現し、新しい資材の活用と環境問題がクリアできます。
●我々の物流・商流の知恵が光る部門です。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)