中央精機株式会社
チュウオウセイキ
2021

中央精機株式会社

(トヨタグループ)
業種
自動車
金属製品/輸送機器/タイヤ・ゴム製品/その他製造
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

■世界ナンバーワンのホイールメーカーを目指しています!

クルマの魅力を高め、安全・快適な走りを支える「ホイール」。
当社は自動車に無くてはならないホイールの専門メーカーです。

当社のホイールはトヨタ自動車をはじめとする各自動車メーカーに採用されており、
乗用車用ホイールでは国内トップクラスのシェアを誇っています。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

クルマの足回りを美しく装い、快適に走るホイールを開発・製造。

自動車用ホイールは、外から見える場所にあるため「安全性」・「機能性」だけでなく「高いデザイン力」が求められます。「ユーザーの要望」では乗り心地の良さ、見栄えの良さがあり、「メーカーの要望」ではより安く、より短納期というものがあります。当社としてこのような双方の要求を両立させなければいけません。そして、このような要望を解決できる総合力【デザイン~量産までトータルに行える力】を持つことが当社の強みです。そして、アルミホイールとスチールホイールの両方を製造していることも当社の特徴です。

戦略・ビジョン

あなたが活躍するフィールドは世界に広がっています!

日本の自動車メーカーは、現在世界中で生産・販売をしています。そんなグローバル化に対応し、当社も日本だけにとどまらず、アメリカ・台湾・タイ・インドネシア・中国に拠点を持ち、マレーシア・インドネシア・中国・韓国の会社と技術提携を結んでいます。現在、約40名の社員が海外に赴任しており、スタッフ部門においては70%の社員は海外出張を経験しています。世界ナンバーワンのホイールメーカーを目指している当社としては、すべての社員がグローバルの視野を持ち、世界各地で活躍することが必須と考えています。「世界を相手に仕事をしたい!」「語学力を活かしたい!」と考えている人には、中央精機はピッタリの会社です!

社風・風土

失敗が成長につながるから、行動力や挑戦意欲を大切にします。

中央精機には「情熱を持って、新しいことに挑戦しよう」と果敢に挑戦する人を応援する風土があります。失敗を恐れる必要はありません。たとえ失敗しても、上司や先輩がフォローしてくれます。それに、前向きな失敗であれば、失敗した経験を次に活かして成長できると、私たちは考えています。少しくらいの失敗にへこたれることなく、「明るく・楽しく・元気よく」を実践しながら、新しいことに果敢に挑戦していく行動力を持った人材が、中央精機の理想像。周りの人たちとしっかりコミュニケーションを取りながら、どんどん挑戦しています。そして、そんな頑張りにしっかり応えているのが当社なのです。

会社データ

事業内容 自動車用部品製造業【デザイン~量産まで】
■ホイール
 ・アルミホイール
 ・スチールホイール
■モジュール(タイヤとホイールの組付け)
■LPGボンベ
自動車用ホイールを製造するグローバル企業 当社は「デザイン」から「量産」までトータルに手がけている自動車用ホイールメーカーです。
当社の製品は各自動車メーカーに採用され、国内ではトップクラスのシェアを誇ります。
今後は、アメリカ・台湾・タイ・インドネシア・中国・メキシコにある海外拠点をはじめ
多数の技術提携先を基盤にグローバルに活躍していきます。
目指すは「世界ナンバーワンのホイールメーカー」です。
設立 1939年9月
資本金 47億5440万円
従業員数 国内/1232名(2018年3月現在)
海外子会社/2500名
売上高 1,549億円(単独)
2,017億円(連結)

※2017年実績
代表者 代表取締役社長 牛尾 理
事業所 本社及び本社事業所/愛知県安城市尾崎町丸田1-7(アルミホイール)
豊田事業所/愛知県豊田市鴻ノ巣町1-18(スチールホイール・LPGボンベ)
豊田モジュール事業所/愛知県豊田市鴻ノ巣町4-4-6(モジュール)
関連企業 ■海外生産拠点
 ・アメリカ(CMWA)
 ・台湾(CKC)
 ・タイ(CMWT)
 ・インドネシア(CMWI)(CMWJ)
 ・中国(CMWG)
 ・メキシコ(CMWM)

■国内生産拠点
 ・宮城県(CMWTH)

■技術提携会社
 ・中国(昆山六豊機械工業有限公司、LIOHO MACHINE WORKS,LTD.)
 ・韓国(韓国韓宙金属株式会社、W-ONE)
主要取引先 ■ トヨタ自動車株式会社
■ ダイハツ工業株式会社
■ スズキ株式会社
■ 本田技研工業株式会社
■ 三菱自動車工業株式会社
■ 株式会社SUBARU
■ いすゞ自動車株式会社
■日産自動車株式会社
■ 株式会社豊田自動織機
■ 株式会社ウェッズ
社是 我が社は総親和のもと
創意工夫の展開により
無限に繁栄し
社会に奉仕する
行動指針 ・自ら考え、自らやろう
・あるべき姿を考え抜こう
・情熱を持って、新しいことに挑戦しよう
・前向きな議論とチームワークを心掛けよう
・お客様の喜ぶものを提供しよう
沿革 昭和14年9月  中央精機株式会社設立(資本金15万円)
昭和17年6月  自動車用ホイールの生産を開始
昭和36年2月  LPGボンベの生産を開始
昭和36年7月  豊田工場操業開始
昭和37年10月 自動車用LPGボンベの生産開始
昭和47年12月 トヨタ品質管理優良賞を受賞
昭和49年3月  タイKAP社と技術援助契約を締結
昭和52年11月 尾崎工場操業開始
昭和53年7月  アルミ2ピースホイールの生産を開始
昭和54年7月  ワイヤースポークホイールの生産を開始
昭和57年9月  PM優秀事業場賞を受賞
昭和58年4月  フィリピンUE社と技術援助契約を締結
昭和58年9月  マレーシアOMI社と技術援助契約を締結
昭和59年9月  アルミ鋳造ラインが本格稼働(尾崎工場)
昭和61年9月  米国でKH社との合弁により、CMC社を設立
昭和62年4月  米国で販売会社CSI社をFTC社との合弁により設立
昭和62年5月  台湾で合弁により、CKC社を設立
平成元年3月  米国でアルミホイール生産会社CLA社を設立
平成5年9月    豊田第2工場操業開始
平成6年3月    厚生施設のセントラルヒルズがオープン
平成6年6月    台湾の六和機械股分有限公司と技術援助契約を締結
平成6年8月    タイKAP社へ経営参画
平成7年8月    インドネシアのメシンド社と技術援助契約を締結
平成12年1月   CMC社とCLA社が合併し、CMWA社に社名変更
平成12年10月 インドネシアで3社合弁によるCMWI社を設立
平成14年9月   豊田第2工場を豊田モジュール工場に名称変更し、
           新事業所として操業開始
平成15年8月   本社を愛知県安城市尾崎町に移転
平成17年2月   中国で広州汽車零部件有限公司と合弁で
            CMWG社を設立
平成21年10月  タイKAP社とその子会社TAW社が合併し、CMWT社を設立
平成22年3月   宮城県にCMWTH(中央精機東北)を設立
平成24年10月 インドネシアで2拠点目となるCMWJ社を設立
平成25年8月  メキシコでアルミホイール生産会社CMWM社を設立
平成29年4月  本社工場内に新・アルミホイール最新鋭生産ラインを導入
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)