株式会社小田原機器オダワラキキ

株式会社小田原機器

上場企業/ものづくり/ニッチ企業/バス・鉄道用機器/商社
  • 株式公開
業種 機械
輸送機器/コンピュータ・通信機器・OA機器/精密機器/ソフトウェア
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

技術部
Y・S(26歳)
【出身】青山学院大学大学院  理工学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 バス関連システムの設計・開発
バスの運行データを扱うパソコンソフトの設計・開発を中心に、現地リリースまでの全ての工程へと携わっています。開発言語はC#、VBAなどです。
上長やチームの諸先輩方と打合せ・相談を繰り返しつつ、お客様の要望に応えられるようなシステムを目指して設計・開発を行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の携わったシステムが現地で動き出したとき
これまでの業務の中で一番嬉しかったのは、やはり自分が初めて本格的に開発へと携わったソフトが現地で動き出したときです。
全ての設定が完了し、再起動を終えたPCにアプリケーションの画面が表示された時。その画面が期待通りに動き始めた時。お客様への機能説明を終えた時。
そして何より完了報告の後、上長に「お疲れさま」と言っていただいた時。それまでの緊張や疲れが全て吹き飛ぶほどの嬉しさと達成感を得ることができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 希望の職種・希望の条件
交通系SE職を軸に合同企業説明会のリストをチェックしていた時、ふと目にとまったのが当社でした。
説明会を通して業務内容にも興味を持ち、更には「開発に寄りすぎていないSE職」「できれば地元の神奈川県内」「極力転勤が無いところ」等々の細かな希望にも合致していました。
そして何より採用選考の過程において言われた、「歯車ではなく柱になってくれ」という言葉が魅力的だったため、当社への入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 技術部(今年で4年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

とにかく普段以上に寝る時間はしっかり確保してください。
更に毎日30分程度でも良いので安らぎの時間を確保してください。
思いつかなければ心を無にして湯船につかる、でも構いません。
寝不足状態や心乱れたままの状態では、結局その時間をぐるぐると悩むだけに使ってしまうことが多いです。
ならば、思い切って全てを忘れる時間を作ってみてください。

これから色々大変だとは思いますが、最後まで自分を見失わずに戦って戦って戦い抜いてください。

株式会社小田原機器の先輩社員

バス機器に関連するアプリケーション開発

技術部
Y・K
学習院大学大学院 自然科学研究科

運賃箱を動かすソフトウェアの設計開発をしています。

技術部
R・H
筑波大学大学院 生命環境科学研究科

バス車載機のソフトウェア設計開発を担当しています

技術部
M・H
法政大学 理工学部応用情報工学科

バス機器の電気設計を担当しています。

技術部
M・M
青山学院大学 理工学部電気電子工学科

バスに搭載するワンマン機器の営業を行っています

営業部
S・I
東京都市大学 工学部 システム情報工学科

全国規模でバス機器の販売を行なっています。

営業部
M・A
法政大学 人間環境学部 人間環境学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済 説明会・イベント予約 インターンシップにエントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる