今治造船株式会社
イマバリゾウセン
プレエントリーは、「御社に興味があります」の意思表示

プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。

  • OpenES
  • 正社員
業種
輸送機器
海運/プラント・エンジニアリング/機械/金属製品
本社
愛媛

先輩社員にインタビュー

基本設計第3グループ船体設計チーム
K・Y(25歳)
【出身】愛媛大学  工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 強くしなやかに世界の物流を支える構造設計~人のつながりが船を造る~
私たちのチームでは船体構造を船首部・船倉部・船尾部・舵等に分けて設計していきます。現在私は、自動車運搬船の船倉部の設計に携わっています。現代の商船は、より低環境負荷でより遠くへ、より多くの荷物を運ぶことが仕事です。そのため、船の構造は強く、かつより軽いものにすることが求められます。また、船主様からのご要望や多くの関係規則・社内標準、施工性等も、構造を決める重要な要素です。強さと軽さ、相反する性質の折衷点を探りつつ、同時にそう言った要素全てを満たす構造を考えることは簡単ではありません。しかし、関係機関や多くの社員と協議を重ねながら理想の構造を決めていく仕事に大きなやりがいを感じています。人命や貨物(荷主様の財産)の安全を預かる仕事ですので、日々能力向上と体調管理を大切にしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
施工管理と設計業務の両方で携わったプロジェクトの船の完工。
私は幸運にも、工場技師と現職の設計技師との2つの業務経験があります。工場技師の際、当時勤務していた工場で一大プロジェクト(複数船)があったのですが、求められる品質レベルが極めて高く、工事の施工は苦労の連続でした。それでも同僚と日々試行錯誤を繰り返すことで、一つずつ課題をクリアしていきました。現職に異動となった後も、偶然にもそのプロジェクトの仕事をさせて頂く機会があり、また違った視点で船を見つめることができました。先日、その内の一隻が完工し、その確認に参加しました。この時感じた達成感は格別で、私は生涯忘れることはないと思います。船は一隻ずつがオーダーメイド。受注から受渡まで、多くの人の柔軟な連携が必須です。異なる立場から船造りを学んだことは、貴重な経験として今の業務にも大きく役立っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元の大手造船専業企業 人思いの温かな社風に秘めた,みなぎる前進力。
私は幼少の頃から船が好きで、趣味と言えば板と動力、通信機材を買ってきて船の模型を作っていました。大学では幅広く機械の勉強をしようと地元の大学の機械工学科に進学しました。しかし、やはり船への情熱は消えず、気が付けば就活サイトの閲覧履歴は造船の関連企業で埋まっていました。そんな中、世界・国内共にシェアトップクラスにもかかわらず、現在進行形で開発・製造力の向上に注力している勢いのある会社を知りました。しかも所在地は地元の四国周辺。実際に説明会に出席し、話を聞いていると「創業から幾度となく造船不況が訪れているがこれまで人員整理は一度も行わず、皆で荒波を越えてきた。そしてそれはこれからも変わらない」との力強い言葉。この会社ならばやりがいを持ち続けながら永く働けるのではと考えて入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 現場研修(半年間)→工作グループ加工チーム(1年間)→基本設計グループ船体設計チーム(現職:今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まず、「仕事に強く求める要素(やりがい、少残業etc)を明確にする」ことと、「自分の特性(能力も含)を客観的に理解すること」から始めましょう。次にそれらを念頭に実際の求人選びに入っていくと永く続けやすく、理想のワークライフバランスを維持できる仕事にたどり着けると思います。また、就活は人生でも指折りに多くの企業を見られる機会です。積極的に出掛けて多くの人と話し、多くの物を見て知見を広げてください。新しい出会いがあるかも知れません。

今治造船株式会社の先輩社員

総組係としてブロックの総組、また最近ではブロック製作も行っている。

東ひうち事業部 生産管理チーム
R・E

船の構造部材の配置・寸法の設計および強度計算の実施。

基本設計第一グループ 船体設計チーム
R・A

船の乗組員や乗客が使う住居や安全設備、機械などの検討・配置をする

基本設計第一グループ 船装設計チーム
F・H

各式典(起工式・進水式・受渡式)の対応。受渡書類の作成。

東京営業グループ 第三チーム
Y・S

原価管理室(事務系総合職・経営企画 ) 全社のコスト管理を行っています。

原価管理室
M・K

建造船の窓口として顧客と社内の間に立ち、円滑な建造を進める仕事です。

今治営業チーム
Y・S

先輩社員をすべて見る
掲載開始:2020/03/01

今治造船株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

今治造船株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

オススメのランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

リクナビTOPへ

プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補プレエントリー候補に追加済 説明会・面接予約 プレエントリー
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)