富士レビオ株式会社フジレビオ

富士レビオ株式会社

【臨床検査薬(医薬品)・医療機器の研究開発・製造・販売】
業種 化学
医薬品/医療機器/医療関連・医療機関
本社 東京

先輩社員にインタビュー

東日本営業部 東京支店
NY
【出身】上智大学  文学部 史学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 DMRを担当しています。
DMR(臨床検査薬情報担当者)として、病院など医療機関の検査室を訪問して当社の臨床検査薬を営業。既存のお客様との取引拡大から新規開拓まで、情報提供を通し、お客様とのパートナーシップを築いていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規のお客様との初成約は、最高に嬉しかったですね。
DMR担当としては、新しく営業をかけたお客様との初成約が一番嬉しいですね。私が初めてお客様を開拓できたのは、入社1年目の9月でした。今まで当社とのお取引がまったくなかった新規のお客様です。最初は飛び込みでご訪問し、その後も週に1回は検査薬のご説明におうかがいして、約1カ月後には当社の製品を採用していただけるようになりました。当時は営業活動を開始して日が浅かったこともあって、とにかく「がむしゃら」でしたね。製品知識も先輩に教えてもらうだけでなく、自分で文献を調べるなどして身に付けました。その一生懸命さを、お客様が評価してくださったのかもしれません。今後に向けての大きな自信につながりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 先輩たちの人柄から、社内の良好そうな人間関係を感じました。
文学部の学生だった私は、当初は医療業界に進む意思などまったくありませんでした。就職活動中、身内が患ったことをきっかけに、方向転換を決意。病気で苦しんでいる患者さんと間近に接したことで、人の健康を守る仕事に就きたいという思いが高まっていきました。当社を選んだのは、臨床検査薬において国内でも有数の実績を持ち、海外進出も積極的に展開しているなど、企業としての勢いに魅力を感じたからです。そして、会社訪問の際に接した人事担当者や先輩社員の人柄が、とても温かかったことも決め手でした。末永く勤続していくにあたり、社内の人間関係の良さは、私にとって重要な選択基準だったのです。
 
これまでのキャリア 営業(現職)

この仕事のポイント

職種系統 MR(医薬情報担当者)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「あきらめないこと」が大切です。私は文学部に在籍していたため、当初は出版業界を中心に就職活動を行っていました。好感触も得ていたのですが、身内の病気を機に医療分野への就職を強く希望するようになり、9月頃からあらためて就職活動を再開したのです。周りから見れば、思い切った行動だったかもしれません。それでも、あきらめる気は一切ありませんでしたね。皆さんも、自分の可能性を信じてください。

富士レビオ株式会社の先輩社員

臨床検査に関する相談に、専門的な知見を持って応えることが仕事の始まり。

東日本営業部 東京支店
O・N
東京農業大学 応用生物科学部 バイオサイエンス学科

中国市場への製品登録・更新

薬事部 薬事3課
H. I.
創価大学 文学部 外国語学科 中国語専攻

検査測定機のメンテナンスを担当。

技術サービス部 東京TR課
TJ
東海大学 工学部 動力機械工学科

検査薬原料の生産体制への移行。

宇部工場 原料製造課
OK
近畿大学 工学部 生物化学工学科

臨床検査薬の原料製造

オペレーション本部 帯広原料製造課
KT
室蘭工業大学大学院 工学研究科 応用化学専攻

臨床検査薬開発のための基礎研究

試薬改良部 試薬改良2課
C.K
東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

3月プレエントリー候補に追加 3月プレエントリー候補に追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる